高校入学祝いにお返しは必要?大事なのは感謝の気持ち!

高校入学

高校入試を突破して、4月から高校生になる皆さんとその親御さん、おめでとうございます!
9年間の義務教育を終え、高校へ行くのは「進学」となり、ここから先はより高度な教育を受けるステージへと移ります。

受験というと、私立の小学校に入るための「お受験」であったり、中高一貫教育で難関大学を目指すために中学受験をすることもあるかと思いますが、15歳で迎える高校受験は人生で最初の試練であるといえるでしょう。(TVドラマ「3年B組金八先生」でもそう言ってました(^^ゞ)

その試練をクリアしたわけですから、祖父母、親戚、知人から「入学祝い」というご褒美を頂くと思います。ただ、親の立場として、この入学祝いにはお返しをするべきなのでしょうか?
調べてみましたので、どうぞご覧下さい。


スポンサード リンク

お返しは必要なく、その気持ち

入学祝い、出産祝い、結婚祝い、(病気からの)快気祝い、そして香典など、生まれてから死ぬまで、人生のいろんなイベントでお金や物を頂くことがあります。これらのうち、お返しをするべきものと、しなくていいものがあります。結婚祝い、快気祝い、香典には何らかの形でお返しをするとされます。

ふつう、入学祝いはお返しは必要ないとされます。入学は何かと物入りですので、これで必要なものを買ってくださいという意味があるのだと思います。

祝儀袋

金品を返す必要はないといっても、何もしないでスルーというのもどうかというもの。ですから、菓子折とか、紅白まんじゅうとか、赤飯を返すことがあります。

それより大事なのは、入学祝いをもらった本人からの「ありがとう」のひと言。管理人が高校に入学したのは何十年も前ですが、お祝いをもらった祖父母に電話でお礼を言った記憶があります。(…と並行して母親が何かしていたとは思いますが、その当時はわからなかったですね(^_^;) )

スポンサード リンク

入学祝いの相場は?

年月は経ち、今では管理人がお祝いを贈る立場になってしまいました。そうすると、お祝いの相場ってどれくらいなの?…ということが気になりますよね。

伯父の立場で甥や姪に入学祝いを贈る相場はこんな感じらしいです。

  • 中学入学 … 5000円くらい
  • 高校入学 … 10000円くらい

ちょうど1年前に姪が高校へ進学することになり、入学祝いを贈ることになりました。それで、私の親(つまり姪の祖父母)に、「1万でどう?」と前もって聞いてみたのですが、ここで厄介な注文を付けられました。

「(都会で仕事をしているのに) 1万では少ないのでは? でも端数はアカン!」と。

1万では少なくて、端数はアカンって、どないせいっちゅうの?(゚Д゚)

祖父母ならともかく、伯父の立場で高校入学で 2万は多いと思うのですよ。

考えた結果、弟(叔父)と連名で3万円とすることで決着させました。1万より多いし、端数じゃないですからね。

当の本人からは「お祝いありがとう」というメールが来ました。電話じゃなくてメールですか…まぁ、今ならそうですよね。

まとめ

高校入学祝いの「お返し」をどうするか、について記事を書きました。

  • ふつう、入学祝いに金品といったお返しをする必要はない。
  • 菓子折、紅白まんじゅう、赤飯を返す場合がある。
  • 何より大事なのは、入学した本人からの「ありがとう」の気持ち

高校入学はゴールではなく、これから人生で起こるさまざまな選抜の最初をクリアしたに過ぎません。ゴールではなくてスタートを切ったばかりです。初心を忘れず、充実した高校生活を送れるといいですね。


スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。