マンションのカビ対策!湿気を換気して梅雨を上手に過ごそう!

マンション リビング
賃貸住宅といえば木造のアパートと鉄筋のマンションがありますよね。鉄筋のマンションは木造のアパートと比べて、
  • 建物が丈夫
  • 周囲の音が響きにくい
  • 高層階なら眺めがいい
  • 気密性が高い

…などといった理由で選ぶ方が多いです。

気密性が高いことと、コンクリートが熱を蓄えることで、冬場では木造と比べてあたたかく過ごせます。

しかしこれ、夏場、とくに梅雨時は厄介です。空気が動かないために湿気がたまり、カビが生えやすくなります

カビの胞子が呼吸器系に悪影響を及ぼすことがあり、とくに小さいお子さんがいる家庭ではカビ対策に注意したいところです。この記事ではマンションのお部屋のカビ対策についてまとめましたので、どうぞご覧ください。


スポンサード リンク

カビの原因は換気不足

カビが生えてしまう最大の原因は換気不足です。言い換えると、空気が動かないために湿気の逃げる先がなく、カビの繁殖に適したジメジメが長時間続いてしまいます。

ですから、カビ対策としてまずすることは空気を動かして換気することです。

昼間の留守の間、窓を網戸にしたり玄関を開けておくのは無理なので、風呂やトイレに換気扇があれば回しておきます。これで湿った空気を逃がす先を作ります。来客中でなければ、扉は半開きにします。

しかしこれだけでは不十分で、外気を取り入れる必要があります

網戸は無理でも、掃き出し窓のサッシの上部に換気用の小さな網戸があれば開けておきます。

DSC_0969

もしくは、外壁との間に換気口が開いていれば、それも開けておきます。

これで、最低限のことは半分 OK です。

「えっ?半分 OK ってことは、残り半分があるの?」

このままでは、ただ「開けただけ」なので、空気が入れ替わるのかをチェックしないといけません。ティッシュを短冊状にして換気口にもっていき、ティッシュの短冊がなびけば空気が入れ替わっています。

換気口からは部屋の内側に向かって風が吹き、換気扇が空気を吸い込んでいるかを見ます。空気の流れが弱いようなら、内部が汚れていないか、フィルターが詰まっていないかをチェックします。これ、意外と見落としがちです

こまめな掃除も大事ですよ。もちろん(゚Д゚;)

スポンサード リンク

部屋とクローゼット(押入)のカビ対策

外気を吸い込んで、排気する空気の流れができたとしましょう。次は部屋の隅々まで空気を通してあげることです。

押し入れのふすまやクローゼットの扉はピッチリ閉めずに、両端を少し開けておきます。これだけでも空気が入っていきます。次に新聞紙を押し入れに敷きます。新聞紙は湿気を吸い取ります。ジメッとしたら取り替えのタイミング。ホームセンターで売っている除湿剤も置くとよいです。

押し入れ

今度は家具と壁の間のカビ対策。壁のカビ対策グッズもあると思うのですが、手軽に安く(ほぼタダ!)で済ますなら、新聞紙をクシャクシャとやって、壁と家具の間に詰めます。これも頃合いを見て交換し、詰め替えます。

在宅時は窓を開けて空気を通す

不在時は無理なのですが、せめて家にいるときくらい、ときどき窓を開けて空気を通します。このとき、空気が入って出ていくような流れができるようにします。チェーンを付けて玄関を開けられるとよいですが、防犯上の点から難しいと思いますから、窓から窓へ空気を通します。

管理人が子供の頃、5月になると玄関をフルオープンにして風を通しましたが、田舎か近所同士の信用がない限り無理ですね、これは(^^ゞ

まとめ

鉄筋のマンションでの部屋のカビ対策についてまとめました。

  • 留守中でも、外気を取り入れ、排気する空気の流れを作る。
  • 押し入れやクローゼットにも空気を通す。
  • 古新聞を活用して湿気取りに。
  • 家にいるときは、ときどき窓を開けて大量の空気を取り込む。

ジメジメした梅雨は、春が終わって夏を迎えるための「通過儀礼」です。雨が続いてイヤな気分ですが、がんばってクリアしましょう。


スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。