足がつる原因!予防のための栄養素と食べ物を解説します

寝ていて突然やってくる…足のふくらはぎや指がつる現象。
しばらく動けなくなりますよね?

こむら返り

痛いのをガマンして徐々に足や指を伸ばしていって、つるのが治まるのを待つわけですが、ツラいですよね。あまりにしょっちゅう起こると、何か病気の前触れなんじゃないかって、思ったりして。

そんな足がよくつってしまうあなた!

原因と対処法について調べてみました。また、病気が原因で足がつる場合についても調べました。どうぞお付き合いください。


スポンサーリンク

足がつる原因とは?

足がつる症状のことを、とくに関西圏では「こむら返り」と言います。関東以北でもこむら返りで通じるでしょうか?

足がつるというのは、筋肉が異常に収縮してしまう状態です。原因の特定には至っていないそうですが、おそらくミネラル不足によって起こるとされます。

微量栄養素のミネラルの中にマグネシウムがありますが、このマグネシウムの働きの一つは筋肉の運動を司ることです。マグネシウムを十分に摂ることで筋肉を弛緩(しかん ※ゆるめること)させることができます。

マグネシウムが足りなくなると、筋肉を緩める作用がうまくいかず、異常に収縮してしまいます。これが「足がつる」(こむら返りが起こる)原因です。

もちろん、マグネシウムだけでなく他のミネラルも身体には必要ですし、何より水分が不足すると栄養分が身体の隅々まで行き渡りません

そして、足がつるのって、いつ起こることが多いですか?
昼間歩いていて足が突然つったというのは少ないと思います。

やっぱり、横になって寝ているときですよね?
起きがけの時もあれば、夜中に起こることもあったりして……激痛がふくらはぎや足の指を襲います(>_<)

なぜ夜に起こりやすいのかは、こんな理由があるためです。

  • 布団の重みで足が伸びて足が下向きになり、ふくらはぎの筋肉が緊張する
  • 睡眠中は体温が低下し、血行不良になる

…ここでも筋肉の緊張と血行不良が原因でしたね。

スポンサーリンク

ミネラル不足を解消するために

栄養素としてミネラル不足の状態なら、当たり前ですけどミネラルを豊富に含む食品を食べるよう心がけます。とくにマグネシウムを豊富に含む食品は次に示すように大豆類、魚介類、海藻類が多いです。ミネラルは土や海水中に含まれるものを動植物が吸収し、それを人が食べることによって摂取できます。

  • あおさ
  • あおのり
  • わかめ
  • しらす
  • 豆みそ
  • 油揚げ
  • あさり
  • 納豆
  • イワシの丸干し
    …など

手っ取り早く、サプリメントを摂るのも手です。

ここで一つ大事なことがあります。栄養というのはバランスが大事です。こむら返りを予防するためにマグネシウムばかり摂っていてもダメです。

摂取したマグネシウムを効率よく働かせるには、カルシウムとのバランスが大事です。カルシウムとマグネシウムの量を2対1の比率で摂るのが最適です。ですから、カルシウムも十分に摂ることが大事です。

このバランスで摂ることで、カルシウムとマグネシウムが最もよく吸収されます。サプリメントを選ぶ際は、この両者のバランスが2対1になっている品物を選びます。

一方で、カルシウムを豊富に含む食品は乳製品、魚介類、海藻類ですが、カルシウムを効率よく吸収するにはビタミンDとクエン酸が必要です。

結局、栄養素は互いに影響し合うので、あらゆる栄養素をバランスよく摂らないといけない、ということですね。

さて、直接的な原因としてミネラル不足を挙げましたが、間接的に他が原因となることはないのでしょうか?

身体的なものによる原因

身体的なものによる原因には

  • 身体が固い
  • 血行不良
  • 筋肉疲労
  • 運動不足と、逆に急激な運動
  • 老化現象

…が含まれています。

身体が固いと、血液やリンパの流れが悪くなります。また、筋肉やスジが固くなります。結果、足がつりやすくなるという理屈です。

身体の中の神経には電気信号が流れます。この電気信号の伝達がわるくなると、足がつりやすくなると言われます。これには、避けられないことですが、老化現象もあります。老化で神経の流れが悪くなり、筋肉が衰えて伸縮能力が落ちていきます。

ふだん運動不足の方が急激に運動すると、その影響で足がつることがあります。子供の頃、体育の授業でいきなりマラソンを走らされたりすると、走り終わってから足がつることがありました。

病気で足がつることがある?

病気が原因となって、足がつりやすくなることがあります。ここで挙げるのはいずれも病気が原因でミネラルのバランスが悪くなって筋肉の異常収縮が起こり、足がつりやすくなる、という理由です。

足がつる以外に、その病気特有の症状があれば、専門医を受診しましょう。

肝臓病

肝臓は沈黙の臓器と言われ、少しの障害を受けても修復作用が働きます。しかし、その修復作用があるために症状が進行していてもわからず、気付いたときには手遅れとなってしまいます。

肝臓の働きと言って思いつくのは解毒作用ですよね。体内で発生した毒を無毒化してくれます。しかし、肝臓の働きが鈍ってきて解毒作用がうまくいかなくなると、その結果ミネラルのバランスが崩れるという形になって現れます。

腎不全

腎臓は左右に2つずつあって、血液中の老廃物や排出すべきものを選別するフィルターのような臓器です。排出するものは尿となって出されるわけです。

腎不全で腎臓の働きが悪くなると、フィルターの性能が悪くなるのと同じで、ミネラルバランスが崩れることに結びつきます。

糖尿病

糖尿病でコワイのはさまざまな合併症です。その合併症の一つに、糖尿病神経障害と呼ばれる病気があります。これは高血糖で血流が悪くなることが引き金となって、運動神経が障害を受け、神経の働きがわるくなるという病気です。

足がつったときの対処法

足がつったときは、つった筋肉をじっくり、ゆっくり伸ばしていきます。自分でするのが辛ければ、誰かの補助で伸ばしてもらうのがいいです。

筋肉の異常収縮が原因ですので、冷却スプレーや冷湿布で冷やすのはNGです。温めることを優先します。

日頃の予防としては、ストレッチや柔軟体操で筋肉を伸ばすような運動をして、伸ばすことを習慣づけることが挙げられます。お風呂に入ってふくらはぎや足の指をマッサージするのもいいでしょうね。

ストレッチ

夜中に足がつりやすいなら、寝る前に水分を補給します。お茶やコーヒーといった利尿作用のある飲み物は避け、ふつうの水を飲みましょう。冷たいと胃腸を冷やすので、常温で!

漢方薬では芍薬甘草湯がよいとされますが、素人が判断せず、薬剤師や医師の処方の元で飲むようにしましょう。

まとめ

足がつることの原因とミネラルの摂取方法についてまとめました。

  • 足がつる原因はミネラル、とくにマグネシウム不足と考えられている
  • ミネラルを豊富に含む食品を意識して食べる
  • しかし、栄養素は互いに影響し合うので、バランスよく摂ることが大事
  • サプリメントで補うのも手だが、選び方に注意する
  • 思わぬ病気が原因として隠れていることがある

たかが足がつるだけ、と思っていても、実は思わぬ病気がその原因だったというリスクもありえます。早期発見のため、健康診断や人間ドックをサボらずにうけましょう。


スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。