帯状疱疹の治療期間は?生活で気をつけることはコレ!

帯状疱疹(たいじょうほうしん)って病気を知っていますか?

帯状疱疹は水疱瘡にかかった事のある人が水疱瘡のウイルスの一部が体内の神経節に残って加齢やストレス、病気などを引き金に起こる感染症です。

発疹自体は水疱瘡より小さめですが、神経に沿って帯状に出る事から帯状疱疹と言われています。ここでは帯状疱疹の症状や治療の期間・生活するうえで注意する点などを記事にしていきます。


スポンサード リンク

帯状疱疹ってどんな症状が出るの?

帯状疱疹は水疱瘡・帯状疱疹ウイルスによる感染症です。水疱瘡と同じような水泡が出来ますが大きさは水疱瘡の1/2~1/4程度です。ピリピリやチクチクした痛みで始まり顔や背中・お腹などの片面に神経節に沿って赤く帯状に水泡が広がっていくことが多いです。水泡が出た頃にわずかな刺激でも神経痛のような激しい痛みに代わる事が多いです。

水泡がかさぶたになれば終了で、通常は3週間から1か月ぐらいで症状は無くなりますが、発疹はその後2~3週間残る事もあります。

帯状疱疹のしくみ

神経に沿って広がるウイルスは発症部位によってはさまざまな後遺症を残す場合もあります。帯状疱疹は高齢の方や免疫力の低下した人に発症するとも言われています。病気を初期に発見し適切な治療を受ける事が重要です。

帯状疱疹は水疱瘡と異なり膠原病(こうげんびょう)などの基礎疾患が無ければ一度治癒すれば再発する事はありません。ですが、水疱瘡にかかった事の無い小児が帯状発疹に感染し水疱瘡を発症する事があります。そのような小児や妊婦などとの接触は控えましょう。

スポンサード リンク

帯状疱疹の治療って?

帯状疱疹には水疱瘡ワクチンが予防になります。もし発症しても発症後3日以内にワクチンを接種すれば帯状疱疹後の神経痛の発症率を低下させる率が高くなります。発症後の治療には抗ウイルス薬の点滴や服用があります。痛みが強い時には消炎鎮痛剤などが処方されます。

抗ウイルス薬を投与したにもかかわらず、激しい痛みが長期化する場合には神経ブロックがあります。いずれにしても完治したのちに痛みだけが残らない為に早めに皮膚科を受診し適切な治療を受けましょう。

母子の写真

治療中の生活で気を付ける事って?

体が冷えると痛みが増します。シャワーで患部を清潔にし、水泡が破れていなければ入浴で体を温めると痛みが治まるのでゆっくり湯船に浸かるのも良い方法です。睡眠を十分に取り食事もバランスの良い物を取るようにしましょう。アルコールは血管を広げ炎症を引き起こす恐れがあるので、なるべく控えるようにしましょう。

帯状疱疹に使われる抗生物質は医師の処方箋が必要です。医師が処方する薬はその人に必要な量を判断して処方しています。自己判断で止めてしまうのでは無く出された分は飲み切るようにしましょう。

男性の写真

まとめ

帯状疱疹の事がなんとなくわかってきましたか?帯状疱疹は主に加齢によるストレスや、免疫力の低下によって体内に潜んでいた水疱瘡のウイルスが目覚めて起こる病気ですが、高齢者だけに限るものではありません。

ストレス社会と言われる現在では若い人でも発症します。食生活を見直し適度な運動や睡眠は年齢に関係なく必要不可欠なものです。この機会に自身の食生活を見直してみるのも良いでしょう。


スポンサード リンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。