口内炎の治し方と予防!医者のかかり方と白いコイツの原因は?

何か口の中が痛いなぁ~!と思って鏡で確かめたら、歯茎に白い点を見つけた経験はありませんか?

これをアフタ性口内炎(こうないえん)と言います。

口内炎

初めは舌に何かが触れるので気になる程度ですが、段々白い斑点が大きくなり、やがて食べ物や飲み物が口に入るだけでも、しみて痛くなります。

この口腔内の炎症を「口内炎」と言います。悪化すると染み出るような出血を伴う場合もあります。

冷たい食べ物や逆に熱い物にも反応して痛さが増します。

口内炎はどうして起こるのでしょう?また、治療法や対処方法はどうすればいいのでしょう?今回はこの「アフタ性口内炎」について調べてみます。


スポンサーリンク

口内炎の治療は?

口内炎は、しっかりと睡眠や栄養を取れば、1~2週間で自然に治りますが、痛みで食事も思うように取れない場合は軟膏やパッチ(患部に貼る薬)やビタミンBなどの内服薬もあります。

  • 軟膏
    ケナログA口腔用軟膏・トラフル軟膏・口内炎軟膏大正A
    サトウ口内軟膏 など
  • パッチ(貼り薬)
    口内炎パッチ大正A・トラフルダイレクト・
    口内炎パッチ大正クイックケア・トラフルクイックショット など
  • 内服薬
    ビタミン剤・市販薬ではチョコラBBプラスやトラフル錠などがあります。

その他にも、うがいやデンタルリンスなどで口の中を清潔に保つ事で、ある程度の症状の改善につながります。

医者にかかるには何科に行けばいいか?

口内炎の専門は耳鼻咽喉科です。

歯科や皮膚科でも診てもらえる場合があります。また、口腔外科や内科もありますが、出来れば事前に電話で問い合わせた方がいいでしょう。

口内炎の原因が病気による場合は、疾患の関係する科で診てもらいます。

スポンサーリンク

口内炎にならない為には?

「アフタ性口内炎」は、体調が崩れた時や疲れによっても現れる事があります。また、慢性的な粘膜への刺激によっても起こります。

そのような原因を取り除くことが、口内炎の予防になります。

  • 体調管理
    ストレスを溜めない。睡眠を十分に取る。
    栄養バランスを考えた食事を取る。
  • 高温の食べ物や飲み物に注意する
    70℃以上で口の中をやけどして、口内炎になる事があります。
  • 歯垢の除去
  • 歯が削れて尖っている場合は、先端があたって口内炎になる事がある
    きちんと治療をしましょう。

口の中を鏡で見る

口内炎ができる原因は?

口内炎の原因ははっきりしていないので、予防は難しいですが、いくつか原因と考えられる物をあげてみます。

  • 偏食によって生じるビタミン不足や鉄分の不足
  • ストレスや睡眠不足
  • 歯の噛み合わせが悪い(口内を噛むなど)
  • 唾液不足や口の中の乾燥
  • 口の中の不衛生・入れ歯の洗浄不足
  • 歯磨き粉などで粘膜を損傷する
  • 食物アレルギーや粘膜が薄いなどの体質の人
  • ビタミン欠乏症

などが考えられます。

口内炎を解説した動画がありますので、ご覧ください。

お口の中にいつの間にかあらわれる厄介者 口内炎 大和徳洲会病院

口内炎以外の病気のリスクはあるか?

生活習慣を改善しても3週間以上口内炎が続くようであれば、他の病気の可能性も考えられます。

考えられる病気としては、食物アレルギーや細菌感染・ウイルス感染の場合もあります。

何度も発症を繰り返す場合は、ベーチェット病の可能性や、一か所にいくつも口内炎が出来る場合は白血病も考えられます。

その他には舌がん口腔白板症(こうくうはくばんしょう)などもあります。
(※口腔白板症とは、口腔粘膜に生じた摩擦によって除去できない白色の板状(ばんじょう)あるいは斑状の角化性病変を言います)

病院のイラスト

まとめ

一般的な口内炎は「アフタ性口内炎」で1~2週間で自然に治りますが、進行すると痛くてつらいですね。私の場合は、この痛みが嫌なので口の中に違和感がある時は、すぐにビタミン剤を飲んでデンタルリンスでうがいをします。

早めに処置をする事でほとんど重症になりません。

口内炎が余病のサインの場合があります。たかが口内炎だからと放っておかないで長引くようなら専門医に診てもらいましょう。


スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。