関西で潮干狩り!無料で行ける穴場を紹介

3月になると、少し暖かくなって潮干狩りのシーズン到来ですね。

私の住んでいる所は、比較的海に近いので子供の頃は、親に近くの海岸の潮干狩りに連れて行ってもらいましたが、最近は埋め立てや渡り鳥の保護のために潮干狩りが禁止になったところが多くて中々行けなくなりました。

潮干狩り写真

今回は、関西の潮干狩りが出来る無料の穴場を探してみます。


スポンサード リンク

関西の潮干狩り無料の穴場

南芦屋浜

天然のアサリが採れますが、天然という事で事前に貝を撒いてくれていないので量にあたり外れがあります。

バーベキューコーナーはありますが、用品や食材の貸出しはありませんので、各自で持参です。利用には料金がかかります。事前に予約した方が良いでしょう。

住所 〒659-0036 兵庫県芦屋市涼風町

TEL 0797-34-4848

駐車場 潮芦屋東駐車場 (最初の30分無料、以降30分毎に100円)

アクセス http://www.ashiyahama.com/access.html

管理事務所 TEL 0797-25-2023
案内サイト ⇒ http://www.ashiyahama.com/umihama.html

御殿場海岸

ここは、アサリの他にマテ貝が採れます。マテ貝は、穴を見つけたら塩を穴に入れると貝が頭を出します。それを慌てないで引き抜く要領で採ります。

海の家や休息所でお食事が出来ます。炭火で焼く海の幸を食べる事が出来ます。

期間 3月下旬~8月下旬まで

住所 〒 514-0815  三重県津市藤方

TEL 059-246-9020(津市観光協会)

駐車場 無料 300台 有料 1,500台 / 浜茶屋利用で500円/1日

アクセス 伊勢自動車道「津IC」から車で約20分
http://www.rurubu.com/map/index.aspx?ll=34.41.10.25,136.31.28.56&Name=%8c%e4%93a%8f%ea%8aC%8a%dd

マテ貝の採り方(初心者向け)

案内サイト ⇒ https://www.kankomie.or.jp/spot/detail_3498.html

香良洲海岸

県立自然公園の南の端に白い砂浜が拡がっています。北側の浜風公園にはキャンプ場もあります。海の家では、おいしい貝料理を食べられます。

期間 4月上旬~8月下旬まで

住所 〒514-0311 津市香良洲町

TEL  059-292-3331

休憩所利用料金  有料: 大人500円・小人300円

駐車場 無料 400台

アクセス 伊勢自動車道「久居IC」から東(左折)へ国道165号を約20分http://www.rurubu.com/map/index.aspx?ll=34.38.24.21,136.33.04.29&Name=%8d%81%97%c7%8fF%8aC%8a%dd&z=12

案内サイト ⇒ https://www.kankomie.or.jp/spot/detail_3501.html

潮干狩り熊手

向井黒の浜海

弁財島を間近に眺める事が出来ます。潮の流れや波の影響から、ぽっかり穴があいた海食洞の様子もよく分かります。

近くに地元のおかぁさんが運営するバイキングレストランと温泉があります。

期間 3月下旬~6月上旬

住所 〒519-3625  三重県尾鷲市向井黒の浜

TEL  協同組合 尾鷲観光物産協会:0597-23-8261

駐車場 20台/普通車500円

アクセス 紀勢自動車道・尾鷲北ICから車10分

案内サイト ⇒ http://owasekankou.com/see/theme/leisure/000014.html

スポンサード リンク

その他の有料潮干狩り場

赤穂唐船サンビーチ潮干狩り場

〒678-0215兵庫県赤穂市御崎1984-2
http://www.ako-kankou.jp/event/detail.html?id=923
問い合わせ:赤穂市漁業協同組合 TEL:0791-45-2260、赤穂唐船サンビーチ TEL:0791-42-2458(※期間中のみ)

淡輪ときめきビーチ潮干がり場

〒599-0301 大阪府岬町淡輪潮干狩場
http://www.tannowa.or.jp/shio_ryokin.html
問い合わせ:淡輪潮干狩管理組合 TEL:072-494-2141

的形海水浴場

〒671-0111 兵庫県姫路市的形町的形1718
http://matogata.com/index.htm
問い合わせ:TEL:079-254-1964

新舞子

〒671-1301 兵庫県たつの市御津町黒崎1414
http://sinmaiko.jp/index.html
問い合わせ:御津町新舞子観光協同組合 TEL 079―322-0424

潮干狩りに行く前に準備する事

当日の潮干狩りの状況を、事前に現地に確認しておこう。

用意する持ち物

熊手・バケツ・クーラーボックス・新聞紙・救急箱・着替え・塩(マテ貝用)

※貝を持って帰る時は、真水で洗ってから濡れた新聞紙にくるんでクーラーボックスに入れ、新聞紙の上に保冷剤を置いて帰ると良いでしょう。帰ってからの砂抜き用にペットボトルなどに海水を入れて持ち帰ります。

バケツに海水を入れて運ぶと、貝同士が当たって壊れてしまいます。貝殻が壊れると貝はすぐに死んでしまいます。車内が暑くても海水が濁って貝が死んでしまいます。

潮干狩りの服装

長袖パーカー(上着)・半ズボン・帽子・軍手・長靴(3月ぐらいだとビーチサ ンダルだと足が冷えて寒いです)・タオル

潮干狩りイラスト

潮干狩りのマナー

  • 貝は必要な分だけを持って帰ります。
  • バーベキューやお弁当のゴミなどは、必ず家に持って帰りましょう。

潮干狩りを満喫したら、貝は必要な分だけおうちに持って帰り残った分は逃がしてあげます。貝も生き物です。

まとめ

最近は、貝毒が心配という理由で潮干狩りも敬遠しがちですが、子供に自然に触れ合う体験をさせる事はとても大事な事です。

貝を持ち帰る時は、真水で貝を洗ってから持って帰り、家に着いたらすぐに海水に4時間程度漬けて、砂抜きを十分にします。

貝は暑さに気弱く、冷たさには強いと言われています。海水の温度が上がってしまったら氷を2,3個入れてあげましょう。


スポンサード リンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。