大人が麻疹の予防接種を受けるには?費用と効果を調べました

麻疹(はしか)は、子供がかかる病気と思われがちですが、平成18年~19年には大学生を中心に大流行しました。

昭和52年(1977年)3月以前に生まれた人は、まだ「麻疹の予防接種」が任意の時代でワクチン接種をしていない子供が多かったので、兄弟の誰かが麻疹に感染すると兄弟全員枕を並べて集合となっていました。(#^^#)

その後、予防接種が定期接種(義務接種は無料)になったので麻疹にかからずに大人になった人も多いのではないでしょうか?

ワクチンを1度は受けたと言う人も、大人になると抗体が薄れてきて麻疹になる可能性が出てきます。

腕がかゆい

麻疹や風疹は大人がかかると重症化するおそれのある病気です。

まだ、麻疹にかかった事の無い人には、予防接種を受ける事をお勧めします。

麻疹のリスクや予防接種の必要性などを詳しく書いていきますね。


スポンサーリンク

予防接種の受け方と費用は?

大人が麻疹の予防接種を受ける時には、費用は全額実費になります。

麻疹の予防接種には、麻疹単独風疹と麻疹を混合した「MRワクチン」の2種類があります。

費用は、麻疹単独の場合で5,000円~8,000円。麻疹と風疹の混合ワクチンで8,000円~11,000円が相場のようですが、医療機関によって費用の違いがあります。

血液検査

現在小児が予防接種を受ける場合は、定期接種の基準がMRワクチン(混合ワクチン)になっています。麻疹単独ワクチンは混合ワクチンと比べると在庫が少ない為、どこの医療機関でもワクチンの在庫があるわけではありません。

事前にホームページか電話で実施の有無や費用など問い合わせてから行かれた方が良いでしょう。

また、条件によって各市町村で助成制度があります。実施機関や条件に付いては、ホームページでお知らせしていますので検索してみて下さい。

スポンサーリンク

予防接種の効果は?

ワクチンの注射

麻疹の最善の予防策はワクチンの接種です。

ワクチン接種をすると95%の人が、免疫を獲得する事ができると言う報告があります。

国立感染症研究所の報告では、麻疹の死亡率は0.1~0.2%にまで減少しているが、未だに10~20万人が麻疹を発症して毎年死亡例が出ている。

その内、合併症を誘発したのは30%・入院率40%もあり、現在でも麻疹は重症化する病気であると報告しています。

もし麻疹にかかっている人に接触した場合でも、72時間以内に麻疹のワクチンを接種する事で発症を抑える事が出来ます。

現在小児の麻疹や風疹の予防接種は、就学前に2回実施する事になっています。

大人になるまでに、麻疹にかかった事の無い人やワクチン接種を受けていても1回だけの人は、病気になった後のリスクを考えると予防接種を受けておいた方が良いでしょう。

どちらかわからずワクチン接種を悩んでいる人には、抗体検査があります。内科や小児科で血液検査により抗体の有無を調べてもらえます。

麻疹だけの抗体検査の費用は、2,000円~5,000円ぐらいです。4種(麻疹・風疹・水疱瘡・おたふく風邪)の混合の抗体検査もあります。

気になる副反応は?

どのような予防接種でも接種後、副反応がでる場合があります。

これは、ワクチンは弱い病原体を体内に入れ抗体を作るものである為です。

麻疹のワクチンの副反応としては、10~15%の割合で接種した7~10日前後に発熱の伴い、全身に虫さされのような発疹がでる事があります。

このような症状は通常1~3日間ぐらいで治ります。他に、じんましんや熱けいれんがみられる場合もあります。

腕が赤くなる

副作用では、注射部位が赤くなることがあります。非常に稀ですが、脳炎や脳症も100万~150万人に1人の割合でみられることもあります。

接種後1週間ぐらいは安静にして、何か異常があればすぐに医療機関に相談しましょう。

大人が麻疹にかかるリスクとは?

麻疹はかかると重症化し最悪の場合は死亡する事もある病気です。麻疹の合併症の多くは肺炎ですが、次に急性脳炎が多いようです。この2つは麻疹の合併症の二大死因と言われています。

麻疹のウイルスに感染してしまうと有効な薬が無いために、合併症を併発するリスクが高くなります。

麻疹の合併症は以下のものがあげられますが、どれも重症化するリスクのある疾患です。

  • 肺炎(ウイルス性肺炎・細菌性肺炎・巨細胞性肺炎)
  • 中耳炎
  • クループ症候群(喉周辺や声帯がウイルスや細菌によって炎症を起こす病気の総称)
  • 心筋炎・脳炎・脳症
  • 亜急性硬化性全脳炎(SSPE)(麻疹の発症後7~10年たってから脳炎が徐々に進行して神経細胞に影響します)

【関連記事】

麻疹の予防と対策まとめ。大人と妊婦は特に注意!

まとめ

私の子供頃は、麻疹は必ず子供ならかかる病気だと思っていました。

予防接種が実施されるようになって、麻疹が流行しなくなると抗体が出来にくくなったようですね。

今子供が予防接種を実施している物の多くは、大人がかかると重症化してしまうものが多いようです。

費用は決して安い物ではありませんが、合併症を患ってしまったら後悔します。

心配な人は、ぜひ予防接種を受ける事をお勧めします。


スポンサーリンク

関連コンテンツ

シェアする

フォローする