コンタクトレンズを初めて装着するコツ!怖い?痛い?に答えます

視力が悪いと、矯正しないと生活が不便ですよね。でもメガネはファッション的にあまりかけたくない…という方も多くいると思います。

コンタクトレンズを使用したいけど「異物を直接目に入れるのってなんだか怖くてハードルが高い」と感じている方もいるかと思います。

コンタクトレンズを装用する

そこで今回は、初めてのコンタクトレンズについてまとめてみました。


スポンサード リンク

初めてのコンタクト!上手く入れるコツは?

初めてコンタクトレンズを使用する際、ほとんどの方が付け外しにとまどうと思います。

やっぱり痛みがありそうで装着するのが怖い!という方もいますが、目薬と同じで痛みがないとわかっても、条件反射的にまばたきが多くなってしまう人が多いです。

上手く装着するコツはハードレンズ、ソフトレンズ共に目を大きく開けてまばたきは最小限に抑える事です。

せっかく瞳の上にコンタクトが乗っても、安定する前にまばたきをしてコンタクトが外れてしまう人が多いんです。

「目にコンタクトがくっついた!」という感覚があったら、すぐにまばたきをせずに少し黒目を動かしてコンタクトの位置を安定させる余裕を持てるようになったら簡単に装着できると思いますよ。

はじめてのコンタクトの付け外し方は眼科で説明されるかと思います。

上の動画でもソフトコンタクトの装用方法が確認出来ますので、気になる方はみて下さいね。

スポンサード リンク

ソフトとハード、どっちがおすすめ?

コンタクトレンズと洗浄液

コンタクトレンズには大きく分けてハードとソフトコンタクトレンズがあります。

まずは特徴を大きく分けてみますね。

ハードコンタクト

  • 水分が含まれていない固くてしっかりした形状。
  • サイズが小さいので付けやすく外しやすい。
  • サイズが小さい分、瞳に酸素を通すのでソフトより瞳の健康に良いとされている。
  • 水道水も使えるので毎日のお手入れ(ケア)が簡単。
  • ゴミが目に入ると痛い。
  • 素材が固いので違和感を感じる人が多く、慣れるのに時間がかかる。
  • 強い衝撃があると外れてしまう事がある。
  • 乱視の矯正に優れている。

ソフトコンタクト

  • 水分が含まれているので柔らかい素材。
  • 目に入れても痛みがない(目に傷がある時や、自分に合わないコンタクトは除く)
  • 使い捨てレンズがある(1日、2週間、1か月使い捨てタイプなど)。
  • 専用のケア用品できちんとケアをする必要がある。水道水は使えない。
  • 長時間使用すると乾燥を感じて目が痛くなってくる。
  • サイズがハードより大きいので、付け外しに慣れるまで少し時間がかかる人もいる。

以上の特徴から、はじめてのコンタクトレンズは痛みがなく違和感が少ないソフトコンタクトがおすすめです。

はじめて目に異物を入れる事になるので、素材が固いハードから使用すると痛みや違和感が大きいと思います

その点ソフトは柔らかい素材を使用している物がほとんどで異物感が少なく、はじめての方でも3日程使用すれば日常生活に支障がない程慣れてくるので安心です。

上手く外すコツは?

実は「入れる時より外す時の方が苦手」という方が多いんです。ソフトとハードでは外し方がまったく違ってきます。

基本的なコンタクトレンズの外し方は動画で確認してくださいね。

<ソフトコンタクトの外し方>

<ハードコンタクトの外し方>

ソフトレンズはコンタクトをしっかり摘まんで外しますよね。たまにコンタクトが瞳にピッタリくっついて外せない時がありますが、そんな時は目薬を使ってから5分ほど待ってから外して下さい。

目薬を使ってすぐに外そうとしてもコンタクトがツルツルすべってつかめないので、目薬が目になじむまで待ってから外しましょうね。

ハードレンズはレンズに直接触らないで外しますが、どうしても外れない時はスポイトを使ってレンズを外す方法があります。いざという時の為に、ハードレンズと一緒にスポイトを購入しておくと安心ですね。

【関連記事】

コンタクトレンズのよくある疑問!費用や装用の不安を解決します

コンタクトの度数と視力の関係!その他の数字をわかりやすく解説

激安コンタクトは買って大丈夫?楽天通販と店舗で同じ商品だが…

まとめ

はじめてのコンタクトレンズについてまとめてみました。

  • 上手く入れるコツは目を大きく開けて、まばたきを少なくするように気を付ける
  • はじめては痛みがなく違和感が少ないソフトコンタクトがおすすめ
  • 外せない時の為にソフトなら目薬、ハードならスポイトを準備しておくと安心

ちなみにソフトレンズは色々な種類が販売されていて、メーカーや素材がかわるとビックリする程質感が変わる物があるんです。

「素材がペラペラしすぎているからつけられない」という場合、厚みのあるコンタクトかシリコン素材のコンタクトを試してみて下さい。

逆にソフトレンズなのに異物感を強く感じてしまう場合は、素材が固いか水分量が少ない可能性があるのでシリコン素材以外の物か、含水率(ソフトレンズの水分量)が高いレンズを試してみて下さいね。

1種類のレンズを使用してみて「私にはコンタクトは無理…」と思わず、色々なレンズを試して自分にあった物を是非見つけてみて下さい。


スポンサード リンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。