食中毒の予防する食べ物の調理法!生活習慣で注意することは?

夏が近づくと、病原性大腸菌O157や飲食店の食中毒がニュースなどで話題になりますよね。

この食中毒、気を付けなければ家庭でも起きてしまいます。

手洗いをしたり、食材を加熱するなど、なんとなく気を付けているから大丈夫かな…っと思っていたのですが、テレビ番組などで「夏のカレーは細菌がすごい」とか、身近な食品で食中毒の特集がされているとなんだか怖くなってしまいます。

そこで今回は、夏に起こる食中毒に関してまとめてみました。


スポンサーリンク

夏の食中毒の原因は?

まず、夏の食中毒の原因について知っておきましょう。

お腹が痛い

梅雨の時期から夏にかけて、食中毒の原因に多くなるのは細菌が原因の食中毒です。

よく聞くO157も病原性大腸菌という細菌なので、夏によくニュースで見かけるんですね。

細菌の怖い所は、どんなに増殖していても匂いもないし見た目や味にも変化がない!という事です。

せめて味か匂いになにか特徴があれば、食べたときに気づけるのに…これはもう、調理する人が気を付けないと食べる側はどんなに細菌が繁殖していても気づけない事になるので本当に怖いです。

スポンサーリンク

こんな調理法、食材に注意!

生ガキ

食品や食材によって、付着しやすい細菌があるようです。

細菌にも色々種類がありますが、下記に簡単に夏場に特に注意した方がいい食材と原因をまとめてみました。

生もの

魚介類の刺身、寿司、牛レバー、殺菌されていない湧水や井戸水の場合:

新鮮な食材を購入して早めに食べる。殺菌されてない水は沸騰させてから飲む。

加熱不足

卵、魚、肉の場合:

十分に加熱する。生食をやめ、火を通した調理を採用する。

調理後、鍋でそのまま保存して再加熱で食べる

シチュー、カレー、煮物、スープの場合:

室温に鍋のまま放置しないで冷蔵庫で保存し、食べる時に再加熱する。

カレーやシチューなど、鍋に入れたままコンロの上に置いておき、食べる前に再加熱する家庭もあるかと思いますが、思った以上に夏場は鍋の中で細菌が繁殖しているようです。

鍋のまま冷蔵庫に入れても勿論大丈夫ですが、カレーは冷蔵庫の中に匂いがうつってしまうのでタッパーに入れて保存する方がいいと思いますよ。

加熱後に手作業で調理する

おにぎり、いなり寿司、巻き寿司、お弁当、調理パンの場合:

清潔な手で作業を行う。

食材が傷まないように管理して、保管場所を冷蔵庫など冷たい場所を選べば食中毒の可能性は下がります。

室温に置いたままだと危険なので、夏場は必ず冷蔵庫に入れておいた方がよさそうです。

食中毒を防ぐ生活習慣とは?

先にも書きましたが、細菌は繁殖していても匂い・見た目・味などではわかりません。

なので、根本的に「細菌をつけないようにする」事が大事なんです。

例えば、次のようなことに気をつけます。

  • まめに手洗いをして、手を清潔に保つ
  • フキンやタオルは清潔な物を使用する
  • 食材を切るまな板も常に清潔にする
    …など

食事を準備する際は細菌をつけないように気を付けましょう。

夏場に限らず、これは料理の基本っぽいですが肉を切った包丁で生野菜や加熱しない食材を切らない事も重要ですよね。

まな板も加熱しない物(サラダにつかう野菜など)を切る専用と、肉を切ったり加熱する食材専用のまな板と二つ使えばより安心です。

それ以外にも、特に夏は「消費期限に注意する」「肉や魚はよく火を通す」「野菜は流水で洗う」事をおすすめします。

以前、学校給食が原因で食中毒になったというニュースを見ましたが、その時は野菜を流水で洗わず貯めた水で洗っていた事が原因となっていました。

せっかく洗っても細菌が水の中に残ってしまっては意味がないという事ですね。水道代の節約もしたい所ですが、夏場はしっかり流水で洗わないと危険なようです。

以下の動画では家庭で出来る食中毒予防が見られますよ。手洗いの方法なども確認出来ます。

まとめ

夏に起こりやすい食中毒についてまとめてみました。

  • 夏の食中毒の原因は主に細菌
  • 加熱食品はよく加熱し、生ものは早めに食べる
  • 細菌がつかないように清潔な手で調理する
  • 食品の保存方法に気を付ける(暑い室内に放置しない)

いかがだったでしょうか。

夏場は特に、食品が傷みやすくなっている上に細菌が繁殖しやすい時期になります。調理する側がきちんと意識して食中毒対策を行わないと、大変な事になってしまうかもしれませんね。

少し面倒だと思う事もあるかもしれませんが、大切な家族や自分を守るために食材や調理法には気を付けましょうね。


スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。