ヘルパンギーナの症状と感染経路!登園はいつからできる?

ヘルパンギーナという病気を聞いた事がありますか?

あまり聞きなれない病名ですが、幼稚園や保育園に通う子供は気を付けなければいけない感染症です。

日本では、5月ごろから流行して7月をピークに減少して行き、秋ごろにはほとんど見られなくなります。

このように、おもに夏場に乳幼児がかかる病気で、夏風邪の一種です。

記事ではヘルパンギーナの症状と感染経路について調べました。どうぞお付き合いください。


スポンサード リンク

子供のヘルパンギーナの症状とは?

泣く赤ちゃん

感染者の多くは1歳以下の乳児で、4歳以下の幼児がかかる率の高い病気です。

特徴は、突然38.5℃以上の高熱が出てのどの痛みやのどの奥の口峡部(のどちんこ)の周辺に外輪が赤く中にⅠ~2mmほどの小さな水泡ができます。大きい物では5mmほどのものもあります。水泡が破れて白い口内炎に似た潰瘍が出来ます。

小さい子供は症状をうまく伝えられない為、痛みで不機嫌になったり、食べ物を飲み込むのを嫌がったりしてぐずります。

喉が痛く、上手くツバが飲み込めないので普段よりよだれがよく出るようになります。

発熱時に、けいれんなどの症状が出る事がありますが、2~4日位で熱は下がり、発疹も消えていきます。まれに、無菌性髄膜炎や急性心筋炎の合併症が起こる事があります。

のどちんこ

高熱や食べ物の拒否、乳児はミルクや母乳を嫌がるので脱水症状を引き起す事があります。熱い物は避けて、刺激の少ない物を食べさせてあげましょう。

※「手足口病」も口腔内に同じような発疹が出ますが、この場合その他の部位(手や足などを中心に体に出ます)にも発疹がでます。ヘルパンギーナは、口腔内にのみ発疹が出るので手足口病との区別がつきます。

スポンサード リンク

感染経路と予防法は?

ヘルパンギーナの感染経路は、患者のツバが飛んで感染する飛沫感染(ひまつかんせん)と便に触れる事で感染する接触感染によります。

ウイルスに感染して発症するまでの潜伏期間は、2~4日ほどです。

ツバからの感染は発熱している時が最も強く、熱が下がれば感染力は弱まります。しかし、便からの感染は解熱後も2~4週間も感染力があります。

便の処理後やトイレ後は、しっかり石鹸で手洗いするようにしましょう。

風邪に限らず、外から帰ってきたら、うがいと石鹸による手洗いを習慣付けする様に子供に教えておきましょう。

ヘルパンギーナについて解説した動画があります。

登園はいつからできる?

登園の時期は医師の判断によりますが、熱が下がっても2日程度は感染しますので口腔内の痛みが無くなる4~5日は登園を控えた方が良いでしょう。

本人が元気であれば登園してはいけない時期は無いのですが、幼稚園や保育園では手洗いの徹底も難しく、感染症はすぐに広がってしまいます。

周囲への配慮という意味で登園を控えるようにしましょう。

【関連記事】

手足口病の子供の初期症状は?登園・登校はいつからできる?

まとめ

ヘルパンギーナのような夏風邪が冬の風邪と違って長引くのは、効果的な薬や抗生物質が効かないウイルスが原因でおこる病気だからです。

このような夏のウイルスは、腸内で繁殖するので完治するのに時間がかかります。

口中に水疱ができて飲食物を嫌がる恐れがあるのと高熱が出るため、脱水症状には注意してあげてくださいね。


スポンサード リンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。