あせもを薬で治したい!大人、子供、赤ちゃんの対策は?

以前、職場にエアコンが嫌いという先輩がいて、その方の為にエアコンを付けずに仕事をしていたら、たちまち首にあせもが大量に出てしまい、それまではあせもに無縁だった私が、毎年あせもの発症で悩まされるようになってしまいました。

指で家族

あせもが、痒くなり我慢できなくて掻いてしまったら、汗が染みて今度はヒリヒリと痛くなってしまいます。

あせもぐらいで病院に行くのも大げさかなと思う時、市販薬は大人と子供では別の物を使った方が良いのでしょうか?


スポンサード リンク

あせもになってしまう原因は?

汗が出る事で、体内の温度の上がり過ぎを調節しています。

汗が出る出口を、汗管(かんかん)と言いますが、その汗管は汗が大量に出てしまうと対応できずに詰まってしまいます。

詰まって行き場がなくなった汗は、皮膚の内側に漏れ出してしまいます。これが「あせも」です。

あせもには3種類あり、水晶様汗疹・紅色汗疹・深在性汗疹に分けられます。

出口近くにできた汗疹(あせも)を、白あせも=水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)と言い、直径1mm~3mmの白色か透明の水疱が多発しますが、かゆみや痛みなどは無く、特に処置をしなくても2~3日で治ります。

熱を出した時や日焼けによっても出ますが、水泡は吸収されるか自然に破れて治ります。

出口よりもう少し奥の汗管が詰まって、炎症を起こして赤いブツブツとした汗疹が出来ると痒みが出てきて、発汗するとチクチク痛みも伴います。

これを、赤あせも=紅色汗疹(こうしょくかんしん)と言い、一般的なあせもです。痒みがある為、つい掻いてしまうと痕が残ってしまいますので、適切な処置が必要になります。

あせものできた赤ちゃん

深在性汗疹(しんざいせいかんしん)は、汗が皮膚の奥の方にまで漏れてしまい、ひどい炎症を起こします。かゆみはありませんが、汗が出ないので熱が体の中にこもってしまい、熱中症になる事も有ります。

深在性汗疹は、日本ではあまり見られず、高温多湿の亜熱帯地方に数か月いた場合や、高温の場所で長時間仕事をしない限り発症しません。

スポンサード リンク

あせもは薬で治せる?

あせも用の薬は色々市販されていますが、赤ちゃんと大人が同じ薬を使う訳にはいきませんので、使い分けが必要になります。

また、あせもの状態によっても使い分けた方が、肌への負担を最小限に防ぐ事が出来ます。

大人の薬を選ぶポイントは・・・

  • 痕を残さない為には早くかゆみを止めたい。
  • 塗って白くならない。
  • 周りに気づかれたくないので、匂いがない物。
  • 塗ってベタベタしない物
  • 副作用のない物

※痒みが強い場合、ステロイド配合の物が効き目は強いのですが、長期間の使用制限や使用量制限がありますので、それほどひどいあせもでは無い場合は非ステロイド系の物が安心して使えます。

子供の薬を選ぶポイントは・・・

子どもは大人の様にかゆみを我慢できません。痒いと掻きむしって益々炎症を起こしてしまい、痛くて我慢できません。また、大人より発汗が激しいので痒みの悪化も早くなります。

  • かゆみを早く抑える物
  • 少し清涼感のある物(清涼感が強いと嫌がります)
  • 塗ったあとベタベタしないでさらっとした物

痒みを速攻で抑える為に、ワセリンを赤みのある部分に薄く塗ると痒みが抑えられますが、赤くない場所まで塗ってしまうと汗腺が詰まってしまうので逆効果になります。

ワセリンは一時手段として塗ると有効で、赤みが取れたら塗らないようにする方が良いでしょう。

※かゆみを早く抑えるにはステロイド配合の物になりますが、前述したようにステロイド系の物を使用する時は注意が必要です。薬剤師に相談して購入するか、皮膚科や小児科で処方してもらいましょう。

赤ちゃんの薬は・・・

畳で寝る赤ちゃん

赤ちゃんは肌の発達も未熟ですので、小児科や皮膚科で診てもらってからお薬を処方してもらう事をお勧めします。

軽いあせもで病院に行く前に使うとすると、「非ステロイド系」になります。

あせもを予防するために

あせもの予防は、汗をかいてもそのままにしておかない事です。夏以外でも、熱を出した時にあせもが出る事があります。

節電などで日中や就寝時にエアコンを止める場合もありますが、暑い盛りにはエアコンの温度調節機能を利用して汗をかき過ぎないようにしましょう。

汗が出た時は、乾いたタオルではなく濡らして固めに絞ったタオルで拭く方が清涼感もありますし、何より汚れも落ちます。

汗が止まらないような時は、ぬるめのシャワー(38℃ぐらい)を浴びた方が早い場合もあります。うちの子は外から帰ってきたら速攻お風呂場に入れていましたが(#^^#)

汗腺を詰まらせない事があせもの予防ですので、シャワーはあせも予防になります。出来れば1日何回でも浴びさせたいですね。

エアコン温度調節

子供の頃に、母にお風呂上りには必ず「天花粉」を真っ白になるまで塗られていました。最近は粉の飛び散りや毛穴の詰まりを心配して塗らない方が良いからと赤ちゃんに塗らないママが多いようですが、固形のべビーパウダーをお風呂上りに薄く塗るのは汗を吸い取ってくれるのであせもの防止になります。

ただし、厚塗りは、汗が固まって付着したままになってしまいますのでそのような場合は一度濡れタオルでふき取って塗りなおします。

【関連記事】

夏の体調不良!熱中症、クーラー病、あせもの対策

まとめ

今年の夏も猛暑が予想されます。

自分に合った暑さへの対策をして、汗だまり(首や頭皮・体の締め付けている場所)を作らないようにしましょう。

あせもから「汗荒れ(ただれ)」になると治るのに時間がかかります。

子どもも大人も同じぐらいの汗腺がありますので、子供には大人より1枚少なく・吸収性の良い服装をさせて「汗ムレ」をさせないようにしましょう。


スポンサード リンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。