熱中症で頭痛が続いたら!すぐ取るべき対策はコレ!

熱中症での死亡率は毎年増加傾向にあります。

環境省でも暑さ指数(WBGT)を毎年5月~10月の間ホームページで発表して熱中症予防を呼び掛けています。

猛暑の部屋

熱中症は、いつの間にか症状が悪化して重症になるケースも多数あります。

発症する前に予備知識を身に着けておくことで、自分自身や家族を守る事も出来ますので、ココでは簡単に「熱中症」について学んでみたいと思います。


スポンサード リンク

熱中症の初期症状とは?

熱中症は、気温や湿度の高い環境の時期に身体の適応障害が起こる状態の総称ですが、重症なものとして日射病や熱射病があります。

具体的な初期症状は、頭痛・疲労・吐き気などがありますが「夏バテ」の症状と符合するところがあります。

そのような初期症状から熱けいれんや脱水症状に移行していきます。重症になると、体温が40℃を超えて意識障害が起き熱射病になります。

熱中症を引き起こす3要因

環境

  • 気温や湿度が高くて風が弱い状態
  • 閉め切った室内でエアコンなどの冷房機器が無い
  • 前日より急に暑くなった日
  • 作業日程の初日~数日間
  • 涼しい室内から急に外で作業をした時。

からだ

  • 高齢者・乳幼児・肥満体質の人。
  • 糖尿病や精神疾患の持病がある。
  • 下痢や発熱などで起こる脱水症状。
  • 低栄養状態や体調不良・睡眠不足。

行動

  • 長時間屋外でスポーツや作業をする。
  • 剣道などの防具を付ける屋内のスポーツ・薄着になれない作業者。
  • 激しい筋肉運動・慣れない運動。
  • 水分補給が出来ない状況。

猛暑でしんどい

このような、環境・からだ・行動が重なった時に熱中症が起こりやすくなると言われています。

スポンサード リンク

頭痛が続いたら応急処置に何をする?

頭痛が起きれば吐き気やめまいと言った症状もあると思いますので、次のような処置をします。

  • 日陰などの涼しい場所に移動する。
  • 塩分と水分を摂取する(経口補水液やスポーツドリンクなどが可)
    ※意識が無い場合は、無理に飲ませない。
  • 衣服の締め付けを緩めて安静にする。
  • 体を冷やす(血管を冷やします。首元・脇・股間などが効果的です)
  • 直接体に水を付けて気化熱を利用して体温を下げるなど。

体を冷やす

環境省が出している熱中症の応急処置チェック表がありますので参考にしてください。

環境省動画「熱中症の基礎知識と良い汗・悪い汗」

応急処置をすませてからすることは?医者に行く場合は?

軽度の熱中症の場合は、体温が正常に戻れば頭痛などの症状は無くなると思いますが、何度もこのような症状が出る場合は、一度医療機関に受診して検査を受けた方が良いでしょう。

また、軽度だからとすぐに行動するのではなく、その日は家で安静にしてください。

けいれんや意識障害・おう吐・手足の運動障害などがある場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

重度の熱中症の場合は、体温調節機能障害・運動障害・肝機能の低下・痙攣・構音障害(こうおんしょうがい)・幻覚・視力低下などの後遺症が残る事があります。

※構音障害=発音がうまく出来なくなる症状。

【関連記事】

夏の体調不良!熱中症、クーラー病、あせもの対策

まとめ

熱中症を起こさない為には、こまめな水分補給と休憩が大事になります。

特に高齢者や子供は症状を自覚できない事も多いので、周りの人が注意する必要があります。

「夏バテ」と思っていたら実は熱中症だったという事が無いようにしましょう。

夏場は、塩飴や梅飴など塩分を補給できる物を持っておくと緊急時に役に立ちます。(大阪のおばちゃんには、飴ちゃんは必需品ですが・・(#^^#))

猛暑では、睡眠不足になりますが不眠も熱中症の要因になりますので、エアコンを25℃~28℃に調節して体調管理しましょう。


スポンサード リンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。