たそがれ泣きの対策!ママは赤ちゃんのココの状態をチェックしよう!

赤ちゃんが産まれて数カ月、やっとなんだか自分と赤ちゃんのペースをつかみかけてきたかな…と思いつつも、ママも寝不足や生活の変化で疲労もピークに達する頃やってくるたそがれ泣き

普段の泣き方と何が違うのでしょうか?

たそがれ泣きとはいったいどういう泣き方の事をいうのでしょう?

原因はどんなこと?

たそがれ泣きの時期がきたら泣いた時の対処法は?

はじめての子育ては分からない事の方が多いと思いますが、少しでもそんなママたちのお役にたてたらと思って記事を書きました。どうぞご覧ください。


スポンサーリンク

赤ちゃんのたそがれ泣きはなぜ起こる?

たそがれ泣きとは?・・・夕方の外がうす暗くなってくる頃になると赤ちゃんが泣き出す事

赤ちゃんが泣く

実は医学的な原因はまだ解明されていません。時期としては、早い子で生後6週間頃から始まり、生後4~5カ月にはおさまると言われています。欧米では『コリック』などとも言われていて、世界共通でほぼすべての赤ちゃんが通る道です。

泣き方はいわゆるぎゃん泣きの子もいれば、グスングスンな子もいてこれは完全に個人差があります。夕ご飯を作っていたりとママはとても忙しい時間なので、その時間帯に泣かれるともちろん心配ですが同時に困ってしまいますよね。

解明はされていないのですが、こういう事が原因ではないのかといわれているのが、

  • 夕方のうす暗くなってくるのが怖い
  • 一日の疲れが夕方になってでてくる
  • ママが家事で離れてしまうので寂しい
  • 眠いのに寝れない
  • 精神的なストレス

もちろんこれに該当しない赤ちゃんもいます。

赤ちゃんはまだすべてにおいて自分で自分の事が出来ないので泣く事でママに教えてくれたり助けを求めます。まずは赤ちゃんが泣いたら泣かせっぱなしにせずにすぐに対応してあげましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんのココの状態をチェックしよう!

原因は解明されてないとはいえ目の前で赤ちゃんは泣いています。まずは、たそがれ泣きなのかそうではないのかを確認しましょう。

泣き止まない

  • おなかが減っていないかな?
  • おむつはぬれていないかな?
  • 暑くて汗をかいていないかな?または寒くないかな?
  • ゲップはきちんと出たかな?
  • おなかにガスは溜まっていないかな?
  • 熱はないかな?
  • 眠くなっていないかな?
  • 痛かったり、かゆかったりする所はないかな?

まず、これだけは確認してみてください。それでも泣いているようならたそがれ泣きの可能性があります。

たそがれ泣きのときに、ママがやってあげることとは?

確認をしたけれど特に問題なさそうな時には、たそがれ泣きのようです。

たそがれ泣きに関しては、残念ながらこれをすれば泣きやむというのがないので出来る事を全部試してみましょう。その一部が

  • 抱っこして背中をトントンする
  • 赤ちゃんの好きな歌を歌う
  • 外の空気を吸わせてみる
  • ドライブする
  • 抱っこ紐、スリング、おくるみなどで抱く
  • ナイロン袋のガシャガシャする音を聞かせてみる

赤ちゃんが泣き止む音(ビニール袋 2分ver)

我が子に合う対処法はとにかくやってみない事にはわかりませんので色々試してみましょう。また、たそがれ泣きではなく体調不良だった場合に備えて、かかりつけの小児科や緊急の場合の小児救急などの電話番号を調べておくと安心ですね。

その他のたそがれ泣き対策とは?

夕食を早めに作る

夕方の時間帯といえばちょうど夕食を作っている時だとは思いますが、赤ちゃんが泣きだすと中断してしまいます。夕食を朝や昼の赤ちゃんが寝ている時間やご機嫌のいい時間に作ってしまいましょう。

温めるだけにしておけば赤ちゃんが泣いても、しっかり向き合ってあげることが出来ます。ママもやらなければいけない事が終わっているとそれだけで心に余裕ができますよ!

赤ちゃんとお母さん

ゆったり構える

当事者の間はいつまで続くのかと不安にもなるしなかなか難しいですが、気持ちを大きく持って下さい。たそがれ泣きは必ず終わりがきます。

赤ちゃんもですが、ママもママになって数カ月まだ分からない事が多くて手探り状態なのですから完璧ではなくても大丈夫なんですよ。

まとめ

たそがれ泣きについてお伝えしましたが、

  • たそがれ泣きの原因はまだ解明されていなかった
  • 赤ちゃんは泣く事でしかママに伝えられない
  • やれる事は先にやって赤ちゃんに付き合う

少しでもお役に立てたでしょうか?

私は3人子供がいますが、たそがれ泣きも三者三様でした。何をしても泣きやまない時もありました。どうしたらいいのか分からなくて一緒に泣いた事もありました。なかなか難しいとは思いますが深呼吸してどっしり構えて赤ちゃんと向き合ってあげて下さい。


スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。