梅雨どきの頭痛はなぜ起こる?対策と頭痛に潜む病とは

梅雨になると頭痛がする。この原因はなんでしょう?

「頭痛がするから今日雨がふるよ!」と当てる人が時々おられますが、これって迷信?それとも単なる感が良い人なのでしょうか?

頭痛の他にも、肩こりやむくみなど梅雨時になると出る原因を知って、じめじめ嫌な梅雨を乗り切りましょう。


スポンサード リンク

梅雨時になぜ頭痛になる?

傘をさしている女性

気圧の変化に体が対応できなくて頭痛が起きるようです。

科学的には原因は特定されていませんが、低気圧の日に頭痛が起こる人が多い事から、何らかの気圧の影響を受けて頭痛が起こるのではないかと推測されます。

原因として考えられる説は・・・

ヒスタミンが低気圧の時に増える説

ヒスタミンは体内に炎症を起こして血管を拡張させます。

血管が拡張すると血圧が下がり片頭痛を起こします。

交感神経(活動する時の機能)と副交感神経(リラックスした時に働く)がありますが低気圧の時に副交感神経が優位になり、自律神経を弱めて頭痛を起こす説

※自律神経=意思とは無関係に体内を調節する神経の事

気圧が直接影響を与える説

頭蓋骨やその内部に与える圧力が変化し、血管が拡張・収縮して頭痛が起こる。

色々な説がありますが、低気圧は大気中の湿度が高くなり体内の水分量が増え、「頭痛」や「むくみ」の症状が出るとも言われていますので、頭痛の対策と共にむくみの対策も考えましょう。

スポンサード リンク

梅雨どきの頭痛対策

頭がいたい女性

梅雨には除湿が大事ですが、体も除湿が大事になってきます。

人の体は、水分で出来ていますが、先ほども書いたように湿気は体内にも余計な水を蓄積させてしまいます。

頭痛やむくみを解消するためには、体の中の余計な水分を追い出さなければいけません。

発汗作用のある香りのよい食物を摂る。

例:しょうが・しそ・トウガラシ・山椒・シナモン・カレー粉・ねぎなど

体内の余分な水分を出す食物を摂る。

例:トマト・きゅうり・スイカ・苦瓜・ハト麦・そら豆など

しかし、これらの野菜は体を冷やす作用もあるので食べ過ぎには注意。

マグネシウムやビタミンB2を一定量摂る。

例:アーモンド・魚介類・海藻類・レバー・豆類・乳製品・卵など

頭痛の写真

規則的な睡眠を維持する。ストレスを溜めない。

チョコレートやコーヒー・ハム・柑橘類・ワイン・チーズは頭痛を誘発するので摂り過ぎない。

除湿器で湿気対策をする。

頭痛に潜む病とは?

頭痛

頭痛の種類は、大きく分けて2種類あります。

皆さんが良く知る頭痛は「機能性頭痛」というものです。この機能性頭痛は、「緊張型頭痛」と「片頭痛」に分けられます。

緊張型頭痛は、頭を締め付けられるような鈍い痛みで、頭蓋(ずがい)を取り巻く筋肉が持続的に収縮して起こります。

この原因は、長時間同じ姿勢で作業する事で肩や首が凝って血行が悪くなり、頭に栄養や酸素が運ばれにくくなって頭痛になります。

強いストレスを感じた時にも起こります。短い人は30分程度で収まりますが長い人になると1週間位続く事も有ります。

片頭痛は、頭の血管が拡張する事で起こります。

症状は、頭の片側かあるいは両側がズキンズキンと脈拍に一致した痛みで、むかつきやおう吐を伴い、光や音に敏感になります。

片頭痛は、脳の血管が広がって炎症を起こしたために起こるとされているので、日常の動作でも痛みが増します。

対処法は、血流がよくなる事(運動や入浴など)は避けて横になって安静にします。片頭痛は、女性に多く(男性の3倍)少ない人でも月に1,2回、多い人では週に1,2回発症します。頭痛は長い人で3日、睡眠により軽くなります。

まれにある群発頭痛

主に睡眠時に、ある一定の期間ほぼ毎日激痛が起こります。

目の後ろの血管が広がって炎症を起こすために、片方の目の奥がⅠ~2時間激しく痛みます。
男性で20~30代で発症する人が多く、数か月から数年に1度1~2か月間発症します。

病気が原因で起こる「器質性頭痛」

症状は、

  • 今までに経験した事の無い頭痛
  • 鎮痛剤が効かない激しい頭痛
  • 意識が遠くなる・発熱・手足のしびれがある。
  • 頭痛が治まらず益々ひどくなる。

考えられる病気として、くも膜下出血・髄膜炎・脳出血・慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)など、いずれも脳内の出血から起こる病気があります。見過ごすと大変な事になります。

このような症状や強い頭痛を感じたら、神経内科や脳外科の専門医で検査を受けましょう。

まとめ

頭痛は老若男女だれにでも起こりうる病気ですが、起こるメカニズムが出来てしまっては憂鬱になります。反対にメカニズムが決まっているのであれば、事前に対処も出来るという事です。

栄養バランスを考え生活環境を見直して今年は梅雨の頭痛を改善しましょう。

軽い頭痛でも、長期間続くようであれば一度医療機関を受診して診てもらいましょう。その時に症状や頭痛の持続期間・服用した薬などをメモしていくと診察の目安になりますので持参しましょう。


スポンサード リンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。