子供のとびひの治療期間と有効な薬は?生活習慣で気をつけること

うちの長男はとにかくよく転ぶ子で足に擦り傷が絶えない子供だったのですが、
夏になると祖母の家に遊びに行き、川遊びをしては「とびひ」になっていました。

とびひ1

蚊にもよく刺される子供だったのですが、とびひに関係あるのでしょうか?
足から始まったとびひはあっという間に、全身に広がっていました。


スポンサード リンク

とびひとはどんな病気?症状は?

とびひとは

とびひの正式名は、伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と言います。

小さなケガや虫刺され・掻きむしりの傷に、鼻の中の常在菌(常に存在する菌)である黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌が入り込むことで起こる皮膚の感染症です。

とびひの症状は

<とびひ(伝染性膿痂疹)のしくみ>

始めは薄い膜の水泡が出来ます。
水疱は濁った膿汁になり、膜が薄いためにすぐに破れてただれます。

破れたところは、すぐにかさぶたになりますが、痒みがあるので掻いているうちに周辺やあるいは全身に「とびひ」のように膿汁が飛びちり、その部分に新たな水泡が出来て急速に広がっていきます。

スポンサード リンク

とびひの治療期間は?有効な薬はあるの?

とびひの治療期間は

とびひの治療期間には、個人差があるので何日経ったら完治ですとは言えません。
すべてのかさぶたが剥がれ落ちたら完治と言えます。

素人判断では、中々わかりづらい事もありますのでかかりつけ医に判断してもらった方が良いでしょう。
治療を途中で中断してしまったら、症状が悪化する事もありますので必ず完治するまでは治療を続けましょう。

しかし、適切な処置をしているにも関わらず病状が改善されない時には、他の合併症が考えられます。

とびひの薬は

原因となった菌を抑える為に、抗生物質の内服薬を飲みます。
患部は浸出液を周りに付かない様に取り除いてから抗菌薬の軟膏を塗ります。

昔は、亜鉛化軟膏を浸出液の部分に塗って、かゆみを抑えて乾燥を早めていましたが、現在は病院によって亜鉛化軟膏を使う場合と抗菌薬の軟膏のみに留める場合とがあるようです。

亜鉛化軟膏を使う場合は、抗菌薬の軟膏を塗った後にリント布に厚めに伸ばした亜鉛化軟膏を塗った物を貼って包帯をします。
亜鉛化軟膏は浸出液を吸収して乾燥を早める為の物ですので、乾いたら亜鉛化軟膏の使用は止めます。

生活習慣で気をつけることは?

とびひ2

とびひを早く治すためには、スキンケアをしっかりしましょう。
とびひは、皮膚を清潔に保っていないといつまでも治りません。

<薬を塗る前にしておくこと>

  • 爪は短く切り、毎日やすりを掛けて掻き傷が出来ないようにする。
    _
  • 毎日シャワー浴で皮膚を清潔にする。
    石鹸を泡立てて全身をしっかり洗います。
    剥がれるのを怖がって優しくなで洗いをするのではなく、剥がれそうなもので痛みが無ければ、ぬるま湯を流しながら剥がしてしまってかまいません。
    (かさぶたの下には菌がたくさんいます)
    傷口の綿ほこりもしっかり落とします。
    _
  • シャワー浴が済んだら、軟膏を塗ってガーゼを当てるか洗い立ての長袖のパジャマを着せて肌が露出して患部がこすれないようにします。

その他の注意点は

  • シーツや衣類は殺菌(カラカラに乾燥または、熱湯消毒)して毎日交換する。
  • エアコンを利用して肌をサラサラに保つ。
  • なるべく露出部の少ない衣服を着せる。
  • 風邪で鼻の中を触った手で、体を掻かない。
  • 男性は髭剃りを乱暴にしない。
  • 患者とタオルの共有をしない。
  • 虫刺されに注意する。

汗をかいたままにしておくと痒みも増しますし、水泡も増えますので1日何回でもシャワーを浴びてかまいませんので、とにかく洗って綺麗にしましょう。

とびひ3

まとめ

子供のとびひは、夏場にかかる事が多く汗をかいたら余計に痒がって患部を広げてしまいます。
1つ1つ患部に軟膏を塗るのは大変な事ですが、放置するとあっという間に全身に広がってしまいます。

とびひの治療で最も有効な事は、洗い流す事です。
菌を傷にとどまらせない為に、手術をした傷口を洗い流す事は、医療現場ではよくある事です。

子どもにシャワーを浴びさせたり傷の処置をする前後は、石鹸で流水手洗いをしてアルコール消毒しておきましょう。


スポンサード リンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。