夏バテの症状と解消法!吐き気や頭痛は要注意

夏になると何となくだるくてやる気が出ないという事はありませんか?
これは、「夏バテ」の症状なのですが、夏バテの症状には他にも重症になるような症状もあるようです。

夏バテ1

安易に夏バテは誰でも起こるものだと決めてしまわないで、原因を知って夏バテしない方法を考えていかなければいけません。

ココでは、夏バテの原因と対処法を調べていきます。


スポンサード リンク

夏バテの症状とは?

夏バテの症状には、食欲不振や倦怠感・下痢・不快感・イライラ・不眠などがありますが、その他にも酷くなると頭痛やめまい・おう吐・発熱・意識障害などもあります。

夏バテで最も重症なものは、免疫力の低下です。
免疫力が低下して暑さで栄養不足になっている体は、脱水症を起こしたり、ウイルスに対する抵抗力が無くなり、感染症やそれによる合併症にかかりやすくなります。

夏バテ2

熱中症と夏バテは違う

夏バテは、屋内と屋外の気温と湿度の極端な差について行けず、自律神経が乱れて起こる症状です。

熱中症は、体温の調節がうまくいかず、水分や塩分のバランスが崩れておこる症状です。

夏バテが重症化した場合に、熱中症が起こる事も考慮しておいた方が良いでしょう。

スポンサード リンク

夏バテになる原因は?

日本の夏は高温多湿になります。
このような時に体は、体温を一定に保つために汗をかいたり、血管を広げて調節します。

冷房が効いている屋内に長時間居て体の冷えている状態で、屋外に出て急激に体温が上昇すると自律神経のバランスが崩れてしまい夏バテになります。

汗をかくと、体の中に必要なミネラルも一緒に出てしまい水分不足の状態になりますが、暑くて食欲が出ないからと炭水化物(そうめんや冷やしうどん)ばかり食べて、ビタミンの補充がされないと体は様々な不調を訴えます。

症状別の対処法は?

夏バテは、軽い症状のうちに対処して重症化を防ぎましょう。
ここからは、それぞれの症状に対する対処法です。

熱中症

  • 遮光対策をする(帽子・日傘・遮光カーテン・すだれ)
    _
  • 冷房温度は28℃以下
    _
  • 通気性や吸湿性の高い衣服を着る
    _
  • 体を冷やす
    _
  • こまめな水分補給(水分・塩分・経口補水液など)

自律神経のみだれ

  • 冷房の部屋では、冷房対策をする(上着・ひざ掛け・靴下)
    _
  • 水分を一度に大量に取り過ぎない
    _
  • 汗をあまりかかない人は、シャワーでは無く湯船に入る
    _
  • 糖分を摂り過ぎない(アイスクリーム・炭酸飲料・スポーツドリンク)
    _
  • 良質な睡眠を取る(神経がリラックスして熟睡出来ている状態)

免疫力の低下

  • ストレスを減少させる
    _
  • 適度な運動
    _
  • ミネラルやビタミンAの摂取
    _
  • 疲労を溜め込まない

<夏バテ対策 ~夏バテの克服ポイント~>

まとめ

夏バテには、様々な原因が考えられますが過剰な飲酒や喫煙も原因になります。

夏は開放的になって、夜遅くまで遊びまわって寝不足で仕事に行く事もあるかと思いますがこれでは夏バテになっても仕方ありません。

規則正しい生活をして睡眠不足を無くし、冷たい物ばかり口にしないで栄養面も考慮して真夏を乗り越えましょう。

暑いと冷房の部屋ばかりで過ごして運動不足になります。
早起きして朝の涼しいうちに、軽い運動や散歩をして体調を整えましょう。

夏バテだと思っていたら実はうつ病だったという事もあります。
体調不良だけではなく精神的ストレスもあるようなら一度医療機関を受診する事をお勧めします。


スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。