夏フェスの持ち物リスト!女子に必要なものも紹介

夏!といえば、皆さんどのように過ごされますか?
社会人になってくると「夏はこれをする」というのが人によって決まってきているように感じます。

夏の楽しみは海だったり、イベントだったり、BBQだったり。
私の友人は「夏といえば夏フェス!!」という回答を高校の時からしています。
一度行けばくせになる夏フェス…フジロックやサマーソニックなど有名で、みんなではしゃげて楽しそう!と思いますが、実際の感想を聞くと夏の野外で行われるライブという事もあってなかなかにハードなイベントです。

夏フェス3

猛暑の時など、熱中症で倒れてしまう人もいるし、はじめて参加した時には準備不足で楽しめなかった…という人もいます。
今回は事前にきちんと準備をして、楽しく思い出に残るライブになるように女性が夏フェスに準備するべきものをまとめてみました。


スポンサーリンク

夏フェスの持ち物リスト

最低限必要な物

  • ライブチケット
  • お金
  • 会場までの地図
  • 時計
  • 携帯電話
  • 予備バッテリー(携帯充電器)
  • 飲み物
  • 日焼け止め
  • 帽子
  • タオル
  • レインウェア
  • 折り畳みビニールシート
  • 折り畳み椅子
  • ウエットティッシュ
  • ティッシュペーパー
  • うちわ、扇子
  • 虫よけスプレー

上記に挙げたものは本当に必要最低限な物です。

夏に行われるライブなので、暑さ対策をしっかりしていないと大変な事になってしまいます。
熱中症で倒れてしまう事もあるので、準備はしっかりして参加しましょうね。

必要な物に“飲み物”も入っていますが、人が多く集まるところなんだから飲み物買う場所もあるだろうと気を抜いていると大行列が出来ていたり、購入が困難になっている場合が多いです。
すぐに飲めるように、あらかじめ自分で準備していくのがベストです。

そして日焼け止めは家から塗ってくる人がほとんどだと思いますが、日焼け止めクリームは塗ってから効果が1日中続くという物ではないようです。
3時間おきに塗り直す事で肌への負担が減ってくるので、日が落ちるまでの間油断をしないように、きちんと自分でお肌のケアにも心掛ける事をおすすめします。

出来たら準備したい物

夏フェス2

  • 着替え
  • 制汗スプレーや汗ふきシート
  • ビニール袋
  • 予備のメガネやコンタクト
  • 寒くなった時に羽織れる上着

ライブで盛り上がった後は汗がすごい事になります。
着替えや汗ふきシートなどを持っていくと帰りの電車の中で不快な思いをしなくて済みますよ。

あらかじめ下着の代わりに水着を着ていけば、外でさっと上着を交換する事も出来るのでおすすめです。

急に雨が降ってきた時の為にビニール袋も準備しておくと荷物が濡れる心配がなくなります。

スポンサーリンク

宿泊を伴う場合は?

夏フェス1

連日行われる事も多い夏フェスですが、宿泊の際には近くの宿はすぐに予約がいっぱいになってしまいます。
予定は早めにたてましょうね。

宿泊する際には意外とボディケア用品などを忘れてしまいがちです。
持ち物にも注意しましょうね。

下記のような物があると安心ですね。

  • 着替え
  • 下着
  • 化粧水やメイク道具など
  • メイク落とし
  • 充電器関係
  • フットケア用品などのマッサージ用品

ライブの後は楽しいですが疲れも溜まります。

特に歩いたり立ちっぱなしだったりと負担をかける脚をケア出来る物を持参すれば、翌日の疲れの取れ方が違ってきますよ。

まとめ

夏フェスに参加する女性におすすめの持ち物をまとめました。

  • 必要最低限の物の他に、汗対策の物を準備する
  • 熱中症や日焼け対策は必須
  • 宿泊する際の宿予約は早めに行う
  • ボディケア用品を持って行くのがおすすめ

いかがでしたか?

参加した事のある人はわかると思いますが、夏フェスはなかなかハードです。
初めて行く夏フェスは、お気に入りのアーティストが参加する日だけ参加して実際のライブを体験してから連日参加や宿泊をした方が余裕が出て楽しみやすいかもしれないですね。

熱中症予防はもちろんですが体調管理にも十分気を付けて、楽しい思い出を作って下さいね。


スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。