らっきょうの効能!便秘にいいけど食べ過ぎ注意って本当?

多くの女性がもつ便秘の悩み。皆さんはどのように改善していますか?
私は毎日ヨーグルトを食べているのですが、友人はヨーグルトや納豆だけでは改善出来なくて便秘薬のお世話になっているそうです。

便秘薬って人によるかもしれないんですが、冷や汗が出る程辛いんですよね…。
そんな辛い思いはもうしたくない!と思っている人も多いと思うんですが、ヨーグルトや納豆以外で便秘解消に効果があるものってなんだと思いますか?

実はらっきょうが便秘解消に効果があるみたいなんです!
今回はそんならっきょうの効能などをまとめてみました。


スポンサード リンク

らっきょうの持つ効能・栄養とは?

ラッキョウ1

らっきょうの栄養や効能を調べた時に、まっさきに上がるのはフルクタンという成分です。
らっきょうの栄養素の90%を占めているフルクタンには健康になるうえダイエットにも効果があるので注目の栄養素です。

フルクタンには下記効能が期待できます。

  • 腸の調子を整える
  • 血糖値が上がるのを抑える
  • 骨粗しょう症を防ぐ
  • 脂肪を分解する

「腸の調子を整える」「脂肪を分解する」という効果は、女性には特に嬉しい効果ですよね。
らっきょうには食物繊維もあるので、便秘改善にもいいと思います。

ちなみにこのフルクタンという成分は玉ねぎやアスパラガスにも含まれているんですが、らっきょうは玉ねぎやアスパラより2倍のフルクタンが摂取できるそうなんです。
量をたくさん摂らなくても栄養が摂取できるのは嬉しいですよね。

もちろんフルクタン以外にも含まれている栄養のおかげで「消化不良による胃のもたれ」「風邪による咳やたん(殺菌効果)」にも効果が期待できます。

スポンサード リンク

便秘解消にはどれくらい食べればいい?

先に食物繊維とフルクタンの効果で便秘改善に良いと書きましたが、実際にどれだけ食べたら効果が出るのでしょうか。

らっきょうって私は食べても1個か2個ですが、食べる人を見てると7個はペロリと食べる人も多いですよね。
やっぱり沢山食べないと効果があまりないのかな…と思ったのですが、らっきょうは一日3粒から5粒食べるだけで便秘を改善してくれるんだとか。

大きさ自体大きいサイズではないので、一口で食べられるらっきょうを一日3粒食べるだけで便秘が解消されるってすごいですよね。

ヨーグルトや納豆を毎日食べて便秘を改善する菌活がありますが、腸を整える菌をちゃんと摂取しても便秘が改善されない…もしくはヨーグルトや納豆が苦手…という方は、是非らっきょうを試してみて下さい。

ラッキョウ2

食べ過ぎ注意って本当?

便秘も改善されて血糖値が上がるのを防ぐ効能もあるらっきょう。
カレーによく合いますがこの効能を見たら、毎日沢山食べて健康になろう!という気持ちになりませんか?

便秘を経験した方ならわかると思うのですが、らっきょうを食べるだけで辛い便秘が解消出来るなら毎日パクパク食べて早く改善したいと思うと思います。
私も今日から早速実行したいと思ってしまいました。

ですが、何事も「ほどほど」だったり「適度」という言葉があります。
効能に期待してらっきょうを沢山食べてしまうと、メリットだけでなくデメリットも発生してしまうので注意が必要なんです。

ラッキョウ3

らっきょうを食べ過ぎてしまうと「胸焼け」や「胃もたれ」になってしまいます。
せっかく「消化不良による胃のもたれ」に効くというという効能を持っていても、食べ過ぎると逆に胃に負担がかかってしまうんです。
健康の為に食べているのに体調を崩してしまうなんて、もったいないですよね。

胃に負担がかからないように、らっきょうは一日5粒までを目安に摂取していきましょう。

まとめ

らっきょうの効能について調べてみました。

  • らっきょうは食物繊維が豊富
  • フルクタンの効能もプラスされて腸の調子を整え便秘改善に期待できる
  • 食べ過ぎると胃に負担がかかってしまう
  • 一日5粒までが摂取の目安

いかがだったでしょうか。
女性に嬉しい効能のらっきょう、我が家では今後漬物代わりに食卓に並べる頻度がかなり多くなりそうです。
「カレーには福神漬け派だから、らっきょうに出番はない」と思っていた方も、今後は是非らっきょうも食べてみて下さいね。


スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。