うつ病の人への接し方とは?病気を正しく理解しよう

うつ病とは、決して怠けているとかメンタル的に元々弱い人ではないのです。うつ病にかかりやすい人の特徴は、まじめで熱心で周囲にはすごくやる気がある人に見えます。
ある日脳がオーバーヒートしてしまい、頑張ろうと思っても頑張れなくなってしまうのです。

病気を理解して、周りがサポートしてあげましょう。


スポンサーリンク

家族友人がうつ病になったら?接し方で気をつけることは?

うつ病接し方1

うつ病の人に一番必要な事は、家族の温かいサポートです。
一人暮らしの人より、家族と同居している人の方がはるかに回復する時間は短くなります。温かいサポートとは、過剰な反応をして「さぁ、何でも言って協力するわよ!」と言う事ではありません。

家族も一緒にどうすれば病気が回復に向くのか考え、見守る事が大事なのです。

詳細はこちら ⇒ 家族友人がうつ病になったら?接し方で気をつけることは?

リンク先の記事では、家族や友人がうつ病になったとき、どのように接したらよいのか紹介してあります。

スポンサーリンク

うつ病の人が職場にいるときの接し方とは?タブーな言葉と行動は?

今では社会問題となっている「うつ病」ですが、企業の半数以上でメンタルの不調で仕事を休職している従業員がいると回答しています。

うつ病患者には、「励まし」や「頑張れ!」と言ってはいけないという事は、今では常識となってきましたが、実際にうつ病の方が職場に居たらどう対応すればいいのか困ってしまいますね。

詳細はこちら ⇒ うつ病の人が職場にいるときの接し方とは?タブーな言葉と行動は?

リンク先の記事では、うつ病の症状のある方との接し方について、「部下の場合」「同僚の場合」「上司の場合」と分けて紹介しています。

5月病の症状をチェック!原因と治し方はこれだ

5月病とは、新年度に入学や就職などで新しい環境が出来て、最初は環境に慣れようと頑張っていた人が、5月のゴールデンウィークなどの長期の休暇が明けた頃に、気力が無くなったり、体が重だるくなったりして学校や職場に行きたくなくなるうつ病に似た症状が出る病気です。

詳細はこちら ⇒ 5月病の症状をチェック!原因と治し方はこれだ

リンク先の記事では、5月病の症状と、治し方・病院に行くかどうか判断ポイントなどを紹介しています。


スポンサーリンク

関連コンテンツ

シェアする

フォローする