あじさいの花言葉は色で違う?結婚式には使える?

6月は梅雨の時期でジメジメした印象が強いですが、ジューンブライドという言葉があるように、結婚式のイメージも強いですよね。
梅雨にはあじさいがきれいに咲く時期ですが、6月に行われる結婚式にはあじさいが使われるのでしょうか?

今回はあじさいが結婚式に使える花なのか、花言葉はどういった物があるのかを調べてみました。


スポンサーリンク

色で違うあじさいの花言葉とは?

あじさい花言葉1

花言葉と聞くと「この花にはこの花言葉」って思う方もいるようですが、花の色によって花言葉が違ってくる種類も多いですよね。
誰かにプレゼントする時は花言葉を意識して下調べする方もいると思うのですが、あじさいも花の色が違うと花言葉が変わることをご存知でしたか?

あじさいで有名な花言葉は「移り気」ですが、花の色によって別の花言葉もあるんです。

色ごとに異なるあじさいの花言葉は、下記のようなものがあります。

青色か青紫のあじさい

辛抱強い愛情、あなたは美しいが冷淡だ。
寒色系の色のせいか、プレゼントには向かない花言葉になっているようです。
辛抱強い愛情=片思いという思いを伝えるとしても、貰った方はちょっと困っちゃいますね。

赤紫かピンクのあじさい

元気な女性。
青や青紫のあじさいに比べると、暖色系のイメージに似合う明るい花言葉ですね。実際ピンクのあじさいを見ると、花言葉にぴったりなかわいい印象があります。

白いあじさい

寛容。
白いあじさいは大きな花弁が白一色に広がって、広くて優しい心をもつ「寛大」という花言葉になったようです。

スポンサーリンク

結婚式に贈っても大丈夫?

生花を多く使う結婚式ですが、6月のジューンブライドには6月に咲く花としてあじさいを取り入れるとボリュームが出てかわいい印象になりますよね。

ブーケにあじさいを組み合わせると、丸いあじさいがかわいい印象を与えてくれるのでとてもお花の飾りとしては相性が良いとの事です。

ですが先にも少し書きましたが、あじさいの花言葉で有名なのは「移り気」という言葉なんですよね。
「移り気」と聞いたら「浮気」というイメージが浮かんでしまう為、昔は結婚式にあじさいは使用しない事が多かったようです。

あじさい花言葉2

最近はお花飾りとしてあじさいの人気が出てきた事もあるのか、結婚式の飾りやブーケであじさいを使う事も増えてきたようです。

あじさいの花言葉は「移り気」だけでなく「家族団らん」というような、小さな花が集まっているあじさいの「家族の結びつき」というプラスのイメージがある花言葉もあるので、そちらの意味で使用する事が増えたのかもしれませんね。

切り花のあじさいを長持ちさせるには?

切り花にしたあじさいって、すぐに枯れてしまいますよね。
長く綺麗な花を楽しみたい…という時に、切り花を長持ちさせるコツがあれば便利ですよね。
あじさいだけに限らず、切り花の元気が無くなって早く枯れてしまうのは水分不足が原因なんです。

「ちゃんと花瓶に水を入れているし、毎日お水も替えているのにすぐに枯れてしまう」という場合は、切り花自体がお水を吸収しやすい工夫をしてあげるといいですよ。

水分不足になるのは、切り口の状態が悪い事が主な原因

切り花は水に浸かっている切り口から水分を吸収しますが、その切り口の状態が悪いと上手く水分を吸い上げる事が出来なくなってしまいます。
その為、切り花を長持ちさせるには切り口をちゃんとする事が重要なポイントになります。

きれいな切り口を作るには、3つのコツが重要です。

① 水中で切る
② スパッと一気に切る
③ 斜めに切る

上記3つのコツを守ると、あじさいだけではなく他の切り花も長持ちします。

水中で切ると切り口の乾燥が防げる&切り口から空気の侵入を防ぐ為です。
水中で切ることが難しい場合は、切った後すぐに切り口を水に浸して下さい。

スパっと切らないと、茎が上手く水を吸い上げる導管(どうかん)を潰してしまいます。よく切れるハサミやカッターを使用しましょう。
切り口を斜めにすると、水に浸かる面積が広くなる為水分を吸収しやすくなります。

上記のようにきれいな切り口を作ったら、あじさいの場合は茎を開いて中にあるスポンジのようなフワフワした部分を取り除くとより一層長持ちするそうですよ。

あじさい花言葉3

まとめ

あじさいの花言葉や結婚式などの祝い事での使用についてまとめてみました。

  • あじさいの花言葉は「移り気」「家族の団結」
  • 色ごとに花言葉も違ってくる
  • 最近では結婚式にもあじさいは使われるようになっている
  • 切り花を長持ちさせるには、きれいな切り口を作る

いかがでしたか?
あじさいは咲き始めてから日数が経つにつれて花の色が葉の色に近いクリーム色から水色、青、紫、ピンク(赤紫)に変化するので、1つの花で色々な花言葉や雰囲気が楽しめますね。


スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。