みなとこうべ海上花火大会2016の穴場のメリット・デメリットは?

ロマンチックな神戸の街で、真夏の夜の夢を見ませんか?
神戸の夜景とともに大きな花火を楽しむ、年に1度のチャンスが今年も近づいてきました!

みなとこうべ花火大会1

家族と、恋人と、友人と・・・大切な人との距離がまた一歩近づくかも?
花火を楽しく観覧するためには、下調べが必須!しっかり下調べをして、ステキな一夜をお過ごしくださいね!!


スポンサード リンク

みなとこうべ海上花火大会2016の日程は?

みなとこうべ花火大会2

2016年開催日

2016年8月6日(土)
毎年多くの花火大会が実施される8月上旬。特に毎年8月第1 or 2土曜日に実施されるみなとこうべ海上花火大会は、大阪のなにわ淀川花火大会と日程が重なってしまうことが多いのですが、今年、なにわ淀川花火大会は8月8日(月)に実施されます!
どっちに行こうか迷うことなく、両方に行くことが可能です!

開催場所/アクセス

神戸港
JR神戸駅、JR元町駅、各線三ノ宮駅、阪急花隈駅、阪神西元町駅、高速神戸駅、神戸市営地下鉄海岸線みなと元町駅、旧居留地・大丸前駅、ポートライナーポートターミナル駅、中公園駅 など 多数

スポンサード リンク

花火を見るための穴場スポットそれぞれのメリット、デメリットは?

みなとこうべ花火大会3

モザイク・メリケンパーク周辺

最寄り駅:
JR神戸駅から徒歩10分、阪神西元町駅から徒歩5分、高速神戸駅から徒歩15分、地下鉄海岸線みなと元町駅から徒歩10分 など

メリット:
駅から近く、モザイクやumieなどの商業施設が多数あり、花火の前後にショッピングや食事などを楽しむことができます
ステージが設置され、そこでイベントやライブが行われます。屋台も多数出ています。とにかくにぎやかなので、夏祭り気分を味わうにはうってつけのスポットです。
打ち上げ場所が近いので、迫力のある花火を楽しむことができます。花火カスが降ってくることもあります。

デメリット:
もっとも観覧者の多いスポットであるため、混雑がすごいです。
人混みがキライな方にはオススメできません。
花火がよく見られる海のそばは、花火開始数時間前に入場制限がかかります。早目に場所取りに向かったほうがいいですよ!

新港突堤周辺

最寄り駅:
各線三宮駅から徒歩20分

メリット:
個人的にオススメの穴場スポットです。
有料観覧席のすぐそばにあり、無料エリアでもとても近くでキレイな花火が見ることができます。
モザイク・メリケンパーク周辺と比べて、混雑が少ないため、場所取りのために早く来る必要がありません。
アスファルトの地面に直に座って観覧することになるので、ピクニックシートや座布団などを持っていくことをオススメします!特に早い時間は、アスファルトがとても暑いので、直に座るとお尻が焼けます。
花火の前後に三宮駅周辺でショッピングや食事を楽しむことができます。

デメリット:
駅から20分程度かかります。坂道はありませんが、途中で歩道橋を渡るので、歩くことがつらい方にはオススメできません。
屋台、コンビニなどは一切ないため、飲み物・食べ物は三宮駅などで買って持っていく必要があります。
観覧場所は広いので混雑することはありませんが、駅に通じる道は歩道が狭いので、帰り道が特に混雑します。花火が終わった後も少し待ってから帰る方がいいです。といっても、時間を潰せるような屋台やステージはないので、ゲームなどを持っていくのがいいかもしれません。

神戸市役所展望台

最寄り駅:
各線三宮駅から徒歩5分

メリット:
神戸市役所南館24階の展望ロビーから観覧することができます。
暑いのは嫌!人混み嫌い!歩きたくない!・・・という方、またはお年寄りや小さいお子さんがいるご家族にオススメのスポットです。
花火の前後に三宮駅周辺でショッピングや食事を楽しむことができます。
花火が終わってすぐ駅に向かえば、駅が本格的に混雑する前に電車に乗ることができます。

デメリット:
屋内なので迫力はありません。また、窓の近くが大変混雑します。

ポートアイランドしおさい公園

最寄り駅:
ポートライナー中公園駅から徒歩10分、または市役所前からシャトルバス。

メリット:
比較的混雑が少ないです。
公園なので、ピクニックシートをひいてお弁当を食べながら観覧しているご家族が多いです。

デメリット:
屋台などはなく、近くのコンビニは非常に品薄になるため、三宮駅などで飲み物・食べ物などは買って持っていった方がいいですよ。
また、風下になるため、風の状態によって、煙で花火がほとんど見えない!・・・ということもあります。
帰り、ポートライナーもシャトルバスも大変混雑します。

(番外)六甲山から

メリット:
神戸は海と山の距離が近いため、少し山手に登っても花火を見ることができます。
神戸の夜景の背景に大輪の花火・・・という構図になるので、そのコラボレーションが美しく、ロマンチックです。
打ち上げ場所から離れるので、混雑はほとんどありません!
六甲山ドライブの途中で、車を止めて夜景と花火を眺めるのもオススメです。

デメリット:
遠いので、迫力はありません。
また、遠いので、いつ花火の打ち上げが終わったのかわからないことも・・・。その時は、オリエンタルホテルの照明を見て下さい。花火中は消灯しているので、点灯したら花火終了の合図です。

まとめ

ビュースポットが多いみなと神戸海上花火大会。
いろいろな場所で観覧できるのは嬉しいけど、どこで見たらいいの?・・・と悩んでしまいますよね。
ただ「花火が見たい」と言っても、そのイメージはひとそれぞれ。

  • 混雑でも問題なし!ガッツリ花火が見たい!
  • 混雑は嫌、遠くてもいいから落ち着いて観覧したい!
  • せっかくだから夏祭り気分も味わいたいよね!

なあなあでいくと、当日に「人が多すぎる!」「花火が遠い!」「屋台がない!」と、思わぬケンカになることも・・・。
いっしょに行く人と、よく相談して決めてくださいね!
それでは、いい花火ナイトを♪


スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。