長良川花火大会2016の駐車場と交通規制。穴場と場所取りは?

岐阜の清流、長良川。
長良川では、毎年二つの大きな花火大会が開催されます。
「中日新聞主催 全国選抜長良川中日花火大会」「岐阜新聞主催 全国花火大会」です。

岐阜市民は、ひと夏に二度も楽しむことができるんです。
岐阜に嫁入りして15年。毎年欠かさず行ってます。
記事では中日新聞主催と岐阜新聞主催それぞれの花火大会の紹介と穴場情報をお知らせします。どうぞご覧ください。


スポンサード リンク

長良川花火大会2016年はいつ?

「東の隅田川(両国)、西の長良川中日」と言われるように、長良川の花火大会は西日本を代表するものです。岐阜新聞主催については打ち上げ発数30,000発の大規模な花火大会が同じ場所で楽しめます。

では、まず中日新聞主催の全国選抜長良川中日花火大会からいってみましょう。

中日新聞主催 全国選抜長良川中日大会

2016年の「全国選抜長良川中日花火大会」は、60回記念と、中日新聞社創業130周年中日ドラゴンズ球団創業80周年トリプル記念の大会なので、「特別スターマイン」などを企画中!こんなこと滅多にあることじゃありません!今年は絶対見逃せませんね。

開催日時:
2016年7月30日(土) 延期の場合 8月27日(土)
12時00分~20時45分 夜の部は19時15分に開始

打ち上げ場所:
長良川 金華橋~長良橋 中あたり
打ち上げ数は非公開。全国の有名花火師たちの大競演!

会場までのアクセス:
JR岐阜駅、名鉄新岐阜より徒歩40分
岐阜バスでも何本か臨時バスがあります。タクシー10分

<2015年 金華山から観る第59回全国選抜長良川中日花火大会>

岐阜新聞主催 全国花火大会

2016年は、「岐阜新聞創刊135年記念 第71回全国花火大会」ということで、なんかいい予感がしますね~。
地元民の中では、中日より岐阜新聞の花火の方が立派!という人は少なくありません。

<第70回記念 全国花火大会 2015.8.1(土) (岐阜市 長良川河畔)>

開催日時:
2016年8月6日(土) 延期の場合 8月20日(土)
19時30分~20時45分

打ち上げ場所:
長良川 金華橋~長良橋 中あたり
約30,000発

スポンサード リンク

駐車場と交通規制の情報は?いつ頃到着すればいい?

ここからが、地元民の情報!!
交通規制は15箇所くらいあります。
3時をすぎたあたりから、岐阜市内の交通量が増えだします。駐車場もすぐ満車になります。

そこで、提案!
電車で早めにきて、岐阜の観光はいかがでしょう?車で渋滞に巻き込まれるより気楽です。多くの人が、駅から流れるように会場まで歩いていきます。
そんなに岐阜に来る機会がない方は、是非。
JR・名鉄の駅から、長良川までの間のおすすめスポットを紹介します。

どうしても場所とりしたい人は、岐阜市がレンタサイクルサービスをしています。
昼間に自転車でさっと行って、場所だけ確保してくるのも手ですね。
http://www.city.gifu.lg.jp/9790.htm

・柳ヶ瀬商店街
期間限定のお化け屋敷が出現します。
今年は7月23日(土)~9月25日(日)
お化け屋敷ブームの先駆けで、超超怖いらしいです(ビビりなので行けない・・)

<岐阜 柳ケ瀬お化け屋敷『恐怖の細道』~あの曲がり角から~PV>

・赤わに(甘味処)
全国から訪れるカキ氷の名店!炎天下並ぶの覚悟で食べましょう。氷のふわふわ感は感動モノです。

・ラコント(ジェラート専門店)
手作り感満載の味の濃いジェラート。花火の日は並ぶかな?でも、「赤わに」よりは進みが速いはず?!

・メディアコスモス みんなの森
岐阜の新名所、岐阜市立図書館。
びっくりするほどお洒落で立派な図書館。一見の価値あり。図書館だから、もちろん
クーラー完備。スタバもコンビニもあります。
金華橋に近く、ゆっくり時を待つのにぴったり。ここからも、花火が観えるよ!

長良川花火大会1

長良川花火大会2
(画像出典:岐阜市観光情報 観光名所より)

花火を見るための穴場スポットと場所取りはいつから?

地元民は六時半くらいに自転車で、敷物・ビールを持って出発しま~す。
それでも、実は座れるんですよね。隙間にちょこんとね(笑)

全体が観たい人は川の北側(都ホテル側)の川原で。規模の大きさに圧巻です。
川の南側(街側)は打ち上げ場所が近く、腹にドドーンと響く音まで楽しめます。

若い子達は、手前(南側)にある支流の川沿いで座って眺めています。
早めにきて、金華山のロープウェイで山頂に行き、そこから鑑賞することもできます。
川まで行かなくても、駅方面から歩いてきたら、いろいろな場所から観られますよ。
ご近所さんは、家の前で観ています。

赤ちゃんがいる人は、車から観るのがいいでしょう。わざと渋滞に巻き込まれれば、車内から鑑賞できます。橋を渡るときは特によく観えます。

ここで、大事なポイント

とにかく歩きますから、下駄やヒールは避けたほうが良いでしょう。
わかりますよ、デートで浴衣を着たいのは!その場合は足が痛くなるのを覚悟で行きましょう!

それから、屋台も混んだり、見る場所から離れている場合もありますので、向かう途中で何か買っておきましょう。パラパラと出店もあります。
帰りにお腹がすいたら、JR岐阜の北側すぐ、玉宮町界隈へ。この地域はお洒落な飲食店がたくさんあり、ホットなスポットです。

まとめ

「中日新聞主催 全国選抜長良川中日花火大会」と「岐阜新聞主催 全国花火大会」についてまとめました。

  • 道路渋滞が激しいので、電車利用がオススメ
  • 早めに着いて、岐阜の街を楽しんじゃいましょう
  • とにかく歩くので、ヒールや下駄は避けたほうがベター

以上、地元民によるオススメ楽しみ方です。

今年の「長良川花火大会」は何かが違う予感!
地元の私達も期待していまーす!!


スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。