副鼻腔炎の子供の症状!母親はここをチェックして耳鼻科へ

副鼻腔炎は、蓄膿症とも言われよく聞く病名ですが、子供もなりやすい病気です。

鼻水を垂れているな、と気にはしているけども子供が元気にしていると、「まあ大丈夫、そのうち治るだろう・・・。」と思ってしまうことがあるかもしれません。もちろん風邪だったら治ります。

副鼻腔炎子供1

でも、「あれ?まだ鼻出てるな、咳も続いてるし・・・?」という場合は、副鼻腔炎かもしれないです。

では、副鼻腔炎になるとどんな症状が出るのでしょうか? 以下の記事でチェックする症状を見てあげて、耳鼻咽喉科を受診するときに医師に伝えてください。


スポンサード リンク

子供の副鼻腔炎とはどんな病気?

鼻の奥のほうには、副鼻腔という粘膜に覆われた空洞があり、その部分が炎症を起こすことを副鼻腔炎といいます。

風邪の延長などがきっかけで起きる場合を、急性副鼻腔炎と呼び、急性の副鼻腔炎が長引き慢性化したものを、慢性副鼻腔炎といいます。

あと、好酸球性副鼻腔炎、副鼻腔真菌症などがありますが、子供の場合は、急性副鼻腔炎と診断されることが多いです。

小児科の先生でも、何度か風邪の症状で受診すると副鼻腔炎を疑い、顔のレントゲン写真を撮って、確定診断してくれる先生もいらっしゃいますが、耳鼻咽喉科に行って、鼻水を吸引してもらい、副鼻腔に直接薬を入れる吸入をしてもらうと治りが早くなります。

レントゲン、CT、鼻の内視鏡で、見つけることができる病気ですから、適切な処置と薬で急性のうちに治してしまいましょう。

急性であっても副鼻腔炎は完治するのに時間がかかります。通院を途中でやめたり、薬を途中でやめたりせずに、きっちり治すことが大切です。

スポンサード リンク

子供の副鼻腔炎にはこんな症状が出る

鼻水

副鼻腔炎は風邪が長引いたりしたときに副鼻腔まで炎症を起こしてしまい、副鼻腔に膿(黄色、黄緑色の鼻水)が溜まり、それを排出するために鼻水がでます。

鼻づまり

副鼻腔に溜まった膿が、ねばねばしているために、鼻水としてうまく出てこない場合があります。

そうすると膿がどんどん溜まり、鼻を自分でかめない小さなお子さんは、耳鼻科で吸引してもらわないとミルクを飲む量が減ったり、ぐっすり眠れないなど生活に支障がでています。

副鼻腔に溜まった膿が、うまく鼻水として鼻から排出されず、喉に流れ込んで痰絡みの咳が続きます。

鼻水が喉に流れ込むことを後鼻漏といい、特に寝ているときにおこりやすく、後鼻漏のせいで咳き込んで目が覚めたり、朝起きたときの咳がひどくなったりという症状がでます。

昼間は咳が全く出なくて、寝ているときや、朝起きた時だけ出るというのは、副鼻腔炎の可能性が高いです。

咳が長く続くと言って受診すると、喘息と誤診されることがあったり、風邪が長引いているだけと言われたりしてしまうことがあるかもしれません。

頭痛

副鼻腔に膿が溜まり炎症を起こしていると、頭痛がしたり、鼻の横、頬の辺りが痛くなることがあります。

最近では、虫歯と副鼻腔炎も関連があると言われています。

子供はあまり「頭痛い。」とは言わないかもしれませんが、副鼻腔炎がひどい場合は、鼻の横辺りをトントンと叩いただけでも痛いようです。

副鼻腔が炎症を起こしているので、炎症が広がっていくと熱が出る場合もあります。

まとめ

  • 副鼻腔炎には慢性と急性がある
  • 鼻以外の症状がある
  • 完治に時間がかかる

たくさんの症状を引き起こす副鼻腔炎ですが、やはり鼻の病気なので耳鼻咽喉科に行くのをオススメします。風邪のような症状が長引いた時は、副鼻腔炎を疑って下さい。

小さなお子さんは、耳鼻咽喉科に行くと泣いてしまう子が多いと思います。あの鼻水を吸ってくれる機械は、大人でも少し怖いですものね。

でも、病院もある程度は「慣れ」だと思うので、子供さんの扱いが上手で、腕のいい先生を見つけてあげることも、お母さんがお子さんにしてあげられることの一つかもしれません。


スポンサード リンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。