子供のアレルギー検査は何歳から?何科の病院で費用はいくら?

アレルギーと聞いて、まず思い浮かぶのはどんな症状でしょうか?
子供が産まれてから、湿疹がよく出たりして気になるのは、アトピー?ミルク?もしかして母乳が原因?
離乳食を始めた場合は、卵?小麦?何?って、気になりますね。


スポンサード リンク

子供アレルギーの症状

鼻水を垂らす、咳が治らない、湿疹がたくさん出る。子供に多い症状は、アトピー性皮膚炎アレルギー性鼻炎気管支ぜんそくでしょうか。
それ以外にも、花粉症蕁麻疹、最近は、紫外線アレルギーも多くなってきているかもしれません。

アレルギー体質の子供は、アレルギーマーチと言って、アトピー、花粉症、ぜんそくと次々とアレルギーの疾患に悩まされることが多々あります。

スポンサード リンク

アレルギー検査を受けるには何科?費用は?

では、我が子がアレルギー体質かも?と思ったとき、アレルゲンを突き止めるのが治療の第一歩になります。

アレルギー検査は、小児科、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科で可能です。子供さんのことですので、基本は小児科でしてもらうといいと思います。

小児科、アレルギー科と2つの看板を掲げている病院なら尚良いのかもしれません。アレルギーに詳しいはずです。

検査方法もいろいろあり、血液検査皮膚検査食物負荷試験などがあります。
検査によって、費用は色々ですが、血液検査であれば、10項目程のアレルゲンで、保険適用で5000円ぐらいでしょうか。費用は病院によって違いますので参考までにしてください。

事前に検査方法と何項目でいくらかを確認しておくと安心です。検査をしてから結果が出るまでにだいたい一週間程かかります。

皮膚テストは数分後に結果が出るものもあります。
自治体によっては、乳幼児の医療費を全額若しくは一部負担してくれる制度があると思いますので、そういう地域にお住まいの方は、費用もお安くすむのかもしれません。

アレルギー検査は何歳から出来るのだろう?と疑問ですよね。
アレルギー検査は、重症度、月齢、年齢などを考慮して、かかりつけの小児科の先生に相談し、検査のタイミングを考えてから行うほうがいいです。

乳児期だとまだ早すぎてわからなかったり、小さい子供に針を刺す訳ですから、痛い思いと嫌な思いをさせなきゃならないことなので、むやみやたらにするものでもありません。

子供アレルギー検査1

痛い思いはさせてしまいますが、血液検査では少量の血液で何種類ものアレルゲンが調べられます。

調べてほしいアレルゲンを、医師に伝え調べてもらうことも可能です。
初めてアレルギー検査をする場合、ダニ、ハウスダスト、花粉、卵、小麦などアレルギー患者の多いものは必ず調べてくれると思います。血液検査の場合、こちらがしてほしいアレルゲンを伝えれば追加で調べてもらうことも出来るので、ペットを飼っておられる場合には、ワンちゃんやネコちゃんの検査もしておいたりするといいかもしれませんね。

あと気になる食べ物やカビなど、たくさん項目があります。可能であれば医師に検査出来る項目を見せてもらうと気になっている項目を追加しやすいです。
下の写真のような形で結果が出てきます。

子供アレルギー検査2

*スギ花粉、ダニ、ハウスダストのアレルギーがあることがわかりますね。気になる食べ物も一緒に検査してもらっています。

アレルギーの原因

昔よりアレルギーの子が増えたとよく言われていますが、原因は何なのでしょうか?

食品添加物だったり、ストレス、綺麗にしすぎて雑菌と触れ合う機会が減ったとか、喘息を引き起こす大気汚染(PM2.5?)、家の気密性が高すぎてダニが増えた?シックハウス症候群?など、色んな原因が考えられます。

腸内環境にもあると言われており、どれも原因としてハズレではないでしょう。ただ、遺伝的要素がかなり高いです。自分達夫婦はアレルギーがなくても、おじいちゃんおばあちゃんにあれば、子供に遺伝している場合はありますので、自分と配偶者のご両親にアレルギーがないか確認してみるのもいいかもしれません。

子供アレルギー検査3

まとめ

  • アレルギー検査はタイミングを医師と相談する
  • 費用、方法はさまざま
  • アレルギー体質は遺伝的要素が大きい

子供がアレルギー体質だと、親は大変です。なぜこんな体質なんだろ…と泣けてくることもあるかもしれません。ダニを減らすために、毎日布団に掃除機を掛け、欲しがるぬいぐるみを我慢させなきゃならなかったり、食べたがるものを食べさせてあげられなかったり、子供も親も悲しい思いをすることがあるアレルギーです。

子供アレルギー検査4

私も子供も苦しめられているので、この世からなくなって欲しいものの一つです。でも、なくなってはくれないので、アレルギー体質であっても、出来る限りアレルゲンを避け元気な毎日を送らせてあげられるように頑張りましょう!


スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。