夜中に子供の咳が止まらない!対処法と考えられる病名とは?

夜になると子供の咳が止まらない……ということは、小さいお子さんをお持ちならありがちなことかもしれませんね。

病院ももう終わっているし、夜間診療の救急へ連れて行くべきなのかどうしよう…。迷いますよね。

私も子供が小さい頃は、何度も迷った事柄の一つです。まずは応急処置的に家庭内でなんとか症状を和らげてあげることはできないでしょうか? みなさんの迷いに少しだけでも参考になればと思い、記事にしてみました。どうぞご覧ください。


スポンサーリンク

なぜ夜になると咳が止まらなくなる?

子供の咳1

それは、夜になると副交感神経が働くからです。昼間は交感神経が優位で働いています。副交感神経が優位になると、体をリラックスさせ、回復させるために気道や気管が狭くなり、咳がひどくなります。

また、眠っていて咳き込んだりするときは、鼻水が喉に流れていることもあります。

スポンサーリンク

子供が咳で眠れない時の対処法

夜では医者も閉まってますし、まずは家庭で出来る対処法を簡単にご紹介します。

  • 加湿と保温をする。のどや鼻の粘膜を乾燥から守ります。
  • 水分を多めに取らせる。痰の切れをよくします。
  • こまめに鼻をかむ(小さい子の場合は吸い取る)。鼻水が喉にたれて咳き込むことも多いからです。
  • 横になると咳がひどくなったり、息がゼーゼー苦しい時があるので、上体をおこしたり、うつ伏せになったり、赤ちゃんなら縦抱きで寝かせてあげたりしてみて下さい。

子供の咳3

咳の症状の原因と対策。どんな病気があるの?

子供の場合、咳で受診するのは基本小児科です。夜になるとひどくなるので、横で寝ているママは熟睡出来ず大変ですが、少しでも眠れるように看病をしてあげたいです。

咳だけでも救急受診が必要な場合もあるので、簡単に咳がひどい病気と対処法を紹介していきます。

クループ症候群

かすれ声、犬の遠吠えのような咳、急に起こる激しい息づかいなどの症状がみられます。風邪に引き続いておこることが多く、夜間に急な咳をしだしたことなどで気づきます。

ひどくなると、呼吸困難を起こし、唇が青くなるチアノーゼ、けいれんなどがおこることがあります。救急を受診しましょう。

肺炎

気管支の先の肺胞にまで炎症が及んだ状態が肺炎です。高熱が続き、咳が長く続く場合は肺炎を疑いましょう。あまりにも咳がひどく眠れないような場合は、救急を受診し、吸入をしてもらうといいでしょう。

高熱が出ない場合の肺炎もありますので、注意が必要です。

最近よく耳にするのが、マイコプラズマ肺炎ですが、だんだんと咳がひどくなり、しつこい咳が3~4週間持続する場合があります。発熱がない場合もありますので注意が必要です。

簡易検査もあり、疑わしい場合は小児科ですぐに検査をしてくれますが、検査の精度があまり正確ではないのと、症状が軽い場合もよくあるので、普通の風邪と見分けがつかない場合も多く、そのせいで流行してしまいます。

正確な検査の結果を求めるならば、血液検査が必要になります。

関連記事 ⇒ 子供がマイコプラズマ肺炎で入院!入院期間と完治までの目安は?

気管支炎

慢性と急性がありますが、子供の場合は、急性気管支炎がほとんどです。

救急を要することはほとんどありませんが、痰が絡んだ咳が出るので、小さい子はうまく吐き出すことが出来ず、咳をした時に吐いてしまうことがあるかもしれません。吐くほどの咳がでる場合は、翌日必ず小児科を受診し、痰切りなどのお薬をもらいましょう。

喘息発作(気管支喘息)

ゼーゼー、ヒューヒューと言う喘鳴を伴う咳があります。

気管支が狭くなって、息が苦しいので救急を受診しましょう。普段から喘息気味で、手元に発作止めがある場合は、吸入して様子をみましょう。それでもおさまらない場合は、救急受診、呼吸困難のような状態になると命に関わるので救急車を呼んで下さい。

子供の咳2

咳喘息

空咳が続き、発熱など他の症状は一切なく、咳だけが3週間以上続きます。

気管支喘息のように、喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)はなく、呼吸困難もありませんが、薬は、気管支喘息で使う気管支拡張薬を吸入することでらくになります。

咳が長く続くため、肺炎を疑いレントゲンを撮っても異常は見当たらず、咳喘息と診断されます。アレルギー体質の方がなりやすいと言われています。

心因性の咳(チック)

心因性の咳の特徴は、咳以外の症状はなく、眠っている間に咳は出ません。何らかのストレス、寂しさ、不安などから出るチックの症状の1つと言えます。

咳のことは、指摘せずに優しく見守ってあげる、何かストレスになっているものはないか考えてあげてみましょう。

副鼻腔炎

いつまでも咳が治らないと思ったら、気管支炎?肺炎?と思いますが、副鼻腔炎も多いです。

鼻水が出ていない場合は気付きにくいですが、鼻づまりだったり、寝ているときに鼻水の音がズルズルしていたりする場合は、副鼻腔炎も疑って耳鼻咽喉科を受診してみて下さい。

関連記事 ⇒ 副鼻腔炎の子供の症状!鼻水、咳、熱、頭痛。 母親はここをチェック!

まとめ

  • 保温と加湿をする
  • 救急を要する場合もある
  • こまめに鼻水をケアする
  • 咳のしすぎで吐いてしまうこともある
  • 昼間しか咳が出ない場合は心因性(チック)の可能性あり

子供の咳は心配で、厄介に思う症状ですよね。

せっかくミルクを飲んだのに、咳き込んで吐いてしまったり、せっかく眠ったのに咳で目を覚ましたり、ママにとっては、一刻も早く止まってほしいものですが、ただの風邪の咳でも治るのに時間がかかる場合もあるので、気長に頑張りましょう。

子供の咳4

苦しそうにしているなと思ったときは、救急外来を受診して下さい。子供の病気は、ママの勘が一番の頼りです。


スポンサーリンク

関連コンテンツ

シェアする

フォローする