男性浴衣のおしゃれな着こなし!浴衣男子で女子ウケ抜群!

暑い夏がもう幕開けですね。これから長い休みに入ってお祭りや花火大会に行く機会が増えると思います。

彼女とのデート、好きな子誘ってデート。夏の定番と言ったら花火大会・お祭りではないでしょうか。そのデートで浴衣を着ていつもと違う雰囲気を出して相手をきゅんきゅんさせちゃいましょう。

浴衣男子って女子ウケ抜群なんですよ!最近は男性も浴衣を着ている姿をよく目にしませんか?

でも、選ぶときって自分になにがいいのかってわからないですよね。
今回はそんな迷える男子たちに!浴衣の着こなし方をご紹介していきます。


スポンサーリンク

浴衣のサイズや柄の選び方は?

浴衣を選ぶ際一番悩むところが、サイズ、柄だと思います。サイズや柄の選び方をご紹介していきます。

自分に合った浴衣のサイズの選び方

まず、着丈の長さを見ます。身長から28センチから30センチを引いたのを目安にしてください。浴衣を着たとき、くるぶしが隠れるか、少し出るかくらいの長さがちょうどいいです。
短すぎても長すぎても見栄えが悪いので注意して選んでください。

次に袖の長さも見てください。手を斜めに降ろしたときに手くるぶしより少し短めのをお選びください。

男浴衣1

柄の選び方

定番の浴衣の色は、黒・紺。この二色はよく見かけると思います。白やベージュ系も爽やかな印象を与えるのでいいと思います。

柄は、ストライプや、格子模様や、絣(かすり)模様などがあります。

ストライプは、すらっとした印象を与え、格子柄は少し派手にという方に、絣模様は、シンプルで男らしさを出したい方にオススメします。

浴衣は一度試着されることをオススメします。買って思っていたのと違ったらイヤですもんね。

スポンサーリンク

おしゃれな帯の結び方

男性の浴衣の帯の結び方は、貝の口の帯結びがオススメです。

前を低めに、帯の後ろを少し上げて結び、結び目の中心を少しずらして。男らしい凛とした印象を与えます。

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

<【阪急百貨店】男性ゆかたの着方・帯の結び方>

浴衣の下に着るものは?

浴衣を初めて着る人は、浴衣の下に何を着たらいいのかよくわからないと思います。浴衣には浴衣に合った肌着があるのです。

まず、浴衣専用の肌着があります。首元が開いているので襟から肌着が見えることなんてありません。汗の吸収もいいですし、襟から肌着が見えていたら見栄えが一段と悪くなります。

浴衣専用の肌着は白なので透ける心配もないですしオススメです。

また、パンツなどの下着も透けたり見えてしまったらださいですよね。

下には、ステテコがオススメです。こちらも汗を吸収してくれるのでステテコを履くのがオススメです。

ちょっとした気遣いで見栄えも変わるので着るからには全部気をまわして着ましょう。

小物にも気を配ってみよう

浴衣を着るとき、履く靴や持つバックも悩みますよね。浴衣に合ったものを選びましょう。

やはり、浴衣を着るからには、下駄か、草履を履きましょう。最初は慣れなくて痛くなったりするかも知れませんが、これもひとつのおしゃれだと思い頑張りましょう。

男浴衣2

また、持ち物を持つ場合、浴衣には、信玄袋や巾着で持つのがいいかと思います。信玄袋は和柄で作られている小さめの手提げ袋です。お財布や携帯など入れて持ち運びます。

扇子なんて持ってみても雰囲気が出ていいかも知れませんね。

最近の浴衣男子は、ハットやハンチングを合わせて着る方もいるみたいです。ここまできたらおしゃれ上級者ですね。

まとめ

今までチャレンジしたことない方も、今年の夏はぜひ浴衣も着てデートに行ってみてはいかがですか。

やっぱり日本男児ですから自分に合った浴衣を選んで着たら似合うはずです。女性も浴衣姿の男性はついつい目が行ってしまうほど好きな方が多いですよ。

なかなか着る機会もないですし、夏にしか着られません。ぜひとも今年の夏は着てみてください。素敵な夏になるといいですね。


スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。