スターバックスの無料WiFiではセキュリティに注意!

スターバックスの一部店舗で利用可能な
無料WiFi接続サービス

メールアドレスを登録するだけで使えて、
速度もまあまあ高速なため、
ビジネスマンがコーヒーを飲みながら
ノートパソコンを広げて仕事をする
…という様子が見られます。

手軽で便利、しかも無料ということで
スタバを仕事場にしている人もいるかと
思いますが、大事な仕事をする前に
ちょっと待ってください!

あなたのパソコン、悪意のある
ネット利用者から安全ですか?


スポンサーリンク

暗号化なしで通信?

スタバの無料WiFiサービスの
大きな問題点はココです。

スタバのWiFiサービスのサイト
http://starbucks.wi2.co.jp/pc/index_jp.html

の下の方に小さくセキュリティとあり、
そこをクリックすると、

『ログイン後に関しては、「at_STARBUCKS_Wi2」の無線LANは暗号化しておりませんので、秘匿性の高い情報を送受信する場合には、セキュリティを確保するSSLやインターネットVPNなどを用いて通信内容を保護することをお勧めします。』

…と、あります。

これは「WiFi接続の確立後は、何もしないと
パスワードがダダ漏れですよ」
と言ってます(^^ゞ

URL が http:// で始まる場合、
通信は暗号化されませんので、
大事なパスワードを入力しないよう注意します。

https:// で始まる場合は、URLの表示欄に錠前のマークが
表示され、通信が暗号化されます。

例えば、ブラウザ上でIDとパスワードを要求する
サイトへログインするとき、URL の表示欄に
錠前(鍵)のマークが表示されない場合、
悪意のあるネット利用者から
パスワードが見られる状態になっています。

Facebook などの SNS へ投稿する際はとくに、
錠前のマークがあるかどうか確認しましょう。
アカウントが乗っ取られるリスクがあります。

スポンサーリンク

そもそもネットに安全はあるか?

毎月のように Windows の修正パッチが
公開されているように、
日々セキュリティの欠陥を突く攻撃が編み出されています。

ウイルス対策ソフトが必須であることからも、
ネットに「安全」はありません。

道路を利用していて、交通事故のリスクが
ゼロでないのと同じです。
交通事故に遭いたくないなら、
家に引きこもっていないといけませんが、
それでは生活できませんね。

今日では、仕事にせよ、趣味にせよ、
ネット接続なしで PC を使うのは非常に難しいと
いえますから、リスクを認識して使うのが
大事と言えるでしょうね。


スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。