どんたくの意味・語源は?博多どんたくとの関連は?

GW の真っ最中、5月3日と4日に
福岡で行われるお祭り「博多どんたく」

見物客の動員数は200万人を超え、
国内有数の大規模なお祭りですね。

連休中ということで、お出かけになる
方も多いのではないでしょうか?

ところで、この「どんたく」って何でしょうか?
博多の方言?
お祭りの出し物の呼び方?
名物の名前?

いま、日本語として「どんたく」を単独で
使うことはまずないですよね。

気になったので調べてみました。


スポンサーリンク

博多どんたくの由来は?

…と、その前に、よく使われている方の
「博多どんたく」の由来について
調べてみました。

始まりは古く、平安時代の末期、1179年に病死した
平重盛に博多の人達が「お礼」の意味で、
博多松囃子を披露したのが始まり、
との記録があります。

また、皇族や公家が新年に行う行事(元日節会)を
博多の人々が発展させたという
説もあります。

明治初期には当局からの通達で、
正月の松囃子が禁止され、
代わりに天長節(天皇誕生日)や紀元節(建国記念の日)を
祝いました。

戦中、戦後を経て、5月の3日と4日に
ほぼ現在の形になり、
祭の名称も「博多どんたく港まつり」となりました。

お祭りのメインは、どんたく隊と呼ばれる
集団が演舞を披露します。

福岡の会社では、新人社員の研修に
どんたく隊を活用するところもあるとか。
入社1ヶ月後で、結束力を高めるという意味では
いいアイデアだと思いますね。
地元博多に対する郷土愛も持てるでしょうし。

博多どんたくの起源が松囃子で、
演舞隊の名称がどんたく隊なら、
「松囃子 = どんたく」という解釈に思えます。

実際、明治時代の新聞には
松囃子をどんたくに結びつける記述が
あったといわれています。

スポンサーリンク

しかし、真相は…

「どんたく」ってひらがなで書くから、
古い日本語で、博多の方言かと
思ってしまいます。

しかし、真相は違っていました。

元々、どんたくとはオランダ語で日曜
意味する Zondag という言葉が語源です。

しかも、明治政府が祝日を示す言葉として
採用していたそうです。
今で言うところの「国民の祝日」ですね。

上に書いたように、博多松囃子が
元日や天長節、紀元節という祝日に
祝うためのものでしたから、
「Zondag = 松囃子」となり、
Zondag がなまって「どんたく」に
なっていったと言われます。

かつて…といっても何十年も前ですが、
役所は土曜も午前中だけ業務をしていました。
学校も授業は午前中だけでした(・ω・)

土曜は午後から休みになることから、
「半分休日」の意味で「半ドン」と
言っていました。

この「半ドン」も Zondag から来ています。

江戸時代、鎖国をしていた日本は
九州・長崎の出島でのみ、オランダと
貿易をしていました。

そのオランダ語のなまったものが
同じ九州の祭の名称として
今も受け継がれているところに
歴史と伝統の面白さを
感じずにはいられません。


スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。