アサイーの効果効能!どんなフルーツで味は?欠点はあるの?

「奇跡のフルーツ」と呼ばれ、若い女性を中心に食べる人が増えているアサイー

栄養価が高いとか、ダイエットに効果があるとか言われると、男女関係なく興味が出てくるものですよね。

原産地は、まもなくワールドカップが開かれるブラジルのアマゾンに生育するヤシ科の植物です。

アサイー

深い紫色が目立ち、外見がブルーベリーみたいですから、そちらの仲間かと思いきや、ヤシの仲間なんですね。


スポンサーリンク

アサイーの効果、ここがスゴい!

「奇跡のフルーツ」といわれるアサイーのすごさは、何と言ってもその高い栄養価でしょう!

果実 100g中のポリフェノールの量は4.5g もあります。

これはブルーベリーの 18倍です。

ポリフェノールは抗酸化作用、アンチエイジングへの効果が期待できると言われてますね。

他にも食物繊維が豊富です。

食物繊維自体に栄養はありませんが、大腸の老廃物を掃除して便として出してくれますから、第6の栄養素なんて言われています。

また、カルシウムを豊富に含んでいたり、美肌や、眼精疲労の回復に効果があると実感している人もいます。(ただし、視力回復に効果があるかというと、それは???みたいです。)

スポンサーリンク

どんな味がするの?

その深い紫色から、違うとは言ってもやっぱりブルーベリーのような味を想像してしまいます。

しかし、アサイー自体は甘みも酸味も強くありません。

それじゃ、あまり美味しくないのか…と思ってしまいがちですが、

ちょっと待ってください。

味の主張が強くないということは、他の食材と合わせやすいということになります。

欠点はないのか?

そんなスゴいことずくめのアサイー。いいことばかりなら、もっと食べればいいじゃないかと
思うかもしれません。

あえてデメリットを言うなら、値段が高いということでしょうか…

健康食品に加工されたものは、ドリンクが1瓶 5000円とかしたり(>_<。)

食品ですから、薬と違ってすぐに効果が出ることはありません。あと、熱に弱いという弱点もあるとか。

アサイーが果実の形で日本に輸入されることは少なく、加工品での販売になります。

粉末だったり、ピューレ状だったり。

だから、ジュースにしたり、ペースト状のスムージーにして摂るのがポピュラーです。

次の記事ではアサイーを効果的に美味しく取れる食べ方について書いてみようと思います。


スポンサーリンク

関連コンテンツ

シェアする

フォローする