大腸内視鏡検査の体験談!麻酔で受けたら無痛で楽だった!

日本人の死因の上位に位置している大腸がん。大腸内視鏡検査が有効と言われますが、「痛い・苦しい」といったイメージが先行し、なかなか受ける気になれないという人が多いのではないでしょうか?

管理人も8年ほど前に便通の様子がおかしいことから大腸内視鏡検査を勧められ、受けたところ、下腹部に異物が暴れているような違和感で痛く、苦しい思いをしたトラウマがありました。

そして、つい先日、下腹部に違和感があったため、今度は自分から大腸内視鏡検査を依頼しました。

ただし、8年前と違うのは「(麻酔による)苦しくない内視鏡検査」を売りにしているクリニックを受診したことでした。

「苦しくない」って、どこまで本当だろうか……医者のセールストークなんじゃないか、と。

体験談をまとめてみましたので、どうぞお付き合いください。


スポンサーリンク

大腸内視鏡の体験談を紹介

ネットを検索すると、「麻酔で内視鏡検査」というフレーズを見かけます。

しかしこれは正しくなくて、麻酔は使いません。使うのは、痛みを抑える鎮痛剤と、検査中の記憶をなくす鎮静剤です。

(素人の管理人が「記憶をなくす」と書いていいのか、ちょっと疑問ですが、体感的には記憶をなくします)

内視鏡検査の予約を申し込む前に診察があり、血液検査をします。血液を調べるといろんなことがわかりますし、検査で使う鎮静剤と鎮痛剤の量を調べるためだそうです。
さて、検査当日。下剤でお腹をすっからかんにしてクリニックへ向かいます。

ベッドへ寝かされ、指には脈拍と呼吸数をモニタリングするためのクリップのようなものを挟まれます。

そして点滴をされ……といっても、輸液なので、水分補給と電解質です。スポーツドリンクのようなものですね。

いよいよ先生の登場。腕を縛って静脈を浮き出し、鎮静剤と鎮痛剤を打ちます。

次の瞬間、注射液のツーンとした臭いが鼻に来て、その数秒後から先は記憶がありません

……

………

「はい、お疲れさまでした」と先生が発した一言で目が覚め、痛みや苦しさは全くありませんでした。

鎮静剤で身体がふらつくので、1時間ほど寝ていないといけないですが、8年前のあのもだえ苦しむほどの痛みはいったい何だったんだろうと思ってしまうほど、楽な検査でした。

スポンサーリンク

本当につらいのは前処理の下剤(笑

内視鏡検査は寝ているウチにやってくれるなら、むしろ辛いのは前処理の下剤ですね。

早朝から 2L の強力下剤を飲まされて、下痢便がしまいには水のような液体になって肛門から出ていくアレですわ(笑

スポーツドリンクみたいなものだと説明を受けて、飲み始めても、美味しくないし、飲めるもんじゃないです。冷えていると飲めますが、だんだんぬるくなってくると飲みづらくなります。

しょっちゅうトイレに行くから、ウォシュレットがあっても肛門が痛くなって、温水シャワーで跳び上がってしまうほど痛いです(>_<。)

腸をきれいにしないと検査ができないから仕方がないとはいえ、これをクリアするのが一苦労ですな。

まとめ

下腹部に違和感があって検査を受けた管理人ですが、どこも悪いところはなくてホッと安心しました。

大腸がんではなくても、大腸ポリープができている人は少なくないと言われます。できるだけ楽に検査を受けて、早期発見、早期治療に努めたいですね。

クリニックにとっても、お客さん(患者)を集めるのは経営上大事なことですから、検査を受けてもらわないといけません。ですから、楽に検査を受けられるクリニックが今後増えていくと思います。

ネットでクリニックを探す場合は、「内視鏡」「麻酔」「鎮静剤」「無痛」「苦しくない」といったキーワードと、お住まいの地域を入れて検索すればよいと思います。


スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 大腸内視鏡検査は麻酔で無痛に!大腸がん急増の今、楽に受けよう […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。