ヘルパンギーナの大人の症状は?感染したらココに注意

ヘルパンギーナは、主に乳幼児がかかる夏風邪ですが、大人がかかると症状が悪化して長引くそうです。

子供の病気に大人がかかると、子供より大人の方が免疫力も有りそうなのに、重症化する可能性があるのはなぜなんでしょうね。


スポンサーリンク

大人のヘルパンギーナの症状とは?

口に手を当てる女性

子供の場合はウイルスが体内に入ってきた場合にウイルスに対して柔軟な対応を体がするようです。

一方で大人の場合は、頑固に抵抗してウイルスと戦おうとするので高熱が出ます。これが大人がかかると重症化する理由です。

また、体内のどこかに疾患がある場合が多く、ストレスなどもそうですが合併症を併発して重症化するケースもあるという事です。

さて、ヘルパンギーナに大人がかかった場合、感染しても1週間位なんの症状も出ない事があります。

その後39℃~40℃の高熱が出て、口内炎や下痢・腹痛などの症状がでます。口内炎の痛みで食事も出来なくなり、倦怠感や関節炎の症状も伴います。

お腹が痛い2

子供の病気と言われるのにかかってしまう理由としては、夏バテで不眠症や食欲が減退して体が弱っている時に子供を介してウイルスに感染する事が考えられます。

スポンサーリンク

治療法はある?

ヘルパンギーナに対する特効薬はないので、すべて対処療法になります。

熱が高い時は、医療機関で解熱剤を処方してもらいましょう。

咽頭の痛みで食事が摂取できない時や、水分を摂るのもままならない場合には点滴を打ってもらいます。

頭痛やおう吐・心不全などがある場合は、無菌性髄膜炎や心筋炎などの合併症を併発している場合もあり注意が必要です。この場合は入院して治療する事になります。

妊婦さん

出産前の妊婦が感染すると、生まれてくる赤ちゃんが感染する事があります。

感染してもほとんどが軽症で済みますが、まれに重症化して死亡する恐れもありますので、子供が多い場所などに行く場合は注意しましょう。

感染したときの過ごし方

1週間ぐらいで症状は治まりますが、口腔内の水泡が破れた時はひどく痛みますので熱い物や刺激の強い物は摂らないようにしましょう。食事は薄味にするなどの工夫をしましょう。

そうめんなどののど越しの良い物や、アイスクリームやヨーグルトなどの冷たい物も食べやすいと思います。

また、高熱で脱水症状を起こす可能性があるので経口補水液などをなるべく飲むようにしましょう。

部屋をエアコンなどで適温に設定して、安静にして休みましょう。

熱が下がっても、便からの菌は1か月ほど残りますので、家族とタオルなどを分けて使う、お風呂は最後に入るなど気を付けましょう。

【関連記事】

ヘルパンギーナの子供の症状は?登園はいつからできる?

まとめ

ヘルパンギーナは、夏風邪の中でもちょっとやっかいな病気のようです。インフルエンザのようなワクチンがある訳ではないので予防は難しそうです。

夏は、体力も消耗しがちですが、そうゆう時こそ栄養のある物をバランスよく摂るようにして、病気に負けない免疫力を付ける事が大事です。

親が外から菌を持ち込んで、小さなお子さんに移してしまう事も有ります。

冬だけではなく、1年中外出から帰ったら石鹸と流水で手洗いをしてうがいも忘れずにしましょう。


スポンサーリンク

関連コンテンツ

シェアする

フォローする