インフルエンザの予防!マスクの選び方に迫る!

寒くて空気が乾燥すると、
インフルエンザウィルスが猛威を振るうように
なってきます。

大人がかかってしまうと、職場によっては出勤停止
命じられたりして、外出禁止になってしまいます。

他の社員に移してしまうといけませんから、
当然の措置ですよね。

職場なら出勤停止で済みますが、
旅行やイベントを企画していたりすると、
キャンセルする羽目になりますから
凹みますよね(+_+)

感染を防ぐには別記事でも書きましたように
予防接種を受けるという方法があります。

インフルエンザの予防接種を大人がする最適な時期は?

そのほかの対策として有効なのは
マスクだと言われています。

インフルエンザ_マスク

では、マスクはどう選んで、
どう使えばよいのでしょうか?

調べてみましたのでご覧ください。


スポンサード リンク

インフルエンザの予防法あれこれ

インフルエンザの予防法として、
予防接種とマスク以外に思いつくものとして、
こんなのがありますよ。

  • 手洗い
  • 栄養を十分に摂る
  • 水分を十分に摂る
  • 休養を取る
  • 人混みに行かない
  • 空気清浄機を導入する

……など

人混みに行かない、と言われても、
人だらけの都会にいたら、
そんなこと言われても「できない!」
言いたくなります。

人混みを避けるのは、
飛沫感染を避けるためですよね。

スポンサード リンク

マスクの予防効果

マスクを付けるのは、飛沫感染を避けるためです。

患者のウィルスが付着した唾液が飛んで
それが入ってしまうことで感染すると言われます。

マスクがあることで、ウィルスつきの唾液が
マスクで止まって、その先に進まなくさせる効果があります。

他にも、喉と鼻の保湿と保温の効果があります。

マスクをしていると、保湿されて
喉の乾燥から保護されます。

アナウンサーや声優といった
声を仕事にする人達は、
病気の予防と関係なしに夜寝るときは
マスクをするそうですよ。

商売道具である喉を保護するために
マスクが役に立つことを示している例と言えますね。

そういえば、外来の患者を診察する
医者もマスクをしていると思います。

病気のプロが使っているのですから、
有効性の何よりの証拠と言えます。

マスクの付け方

どんなものでも使い方がまずいと
効果を発揮しないように、
マスクも正しく使わないといけません。

使い捨てのマスクを大事に何日も使い回したり
してはいませんよね??

「使い捨て」なんだから、ケチったらダメですよ。

1日ごとに新品に変えて使いましょう。
職場にマスクが常備してあれば
帰宅時はその新品を使いましょう。

これは贅沢ではないですよ(^_^;)

カバンの中に常に2~3枚新品を入れておくのもよいですね。

次に、マスクのプリーツはぴっちりと
ほっぺたに密着させます。

マスク上部のワイヤーも鼻の形にあてて
隙間から外気が入らないようにします。

マスク下部もしっかり伸ばして
アゴを覆うようにします。

……あんまりピチピチにすると息苦しいので、
人混みを離れたときはマスクを外して
深呼吸をしてもいいと思います。

マスクの選び方

さて、マスクが有効ということは
わかってもらえたと思いますが、
マスクならどんなものでもいいのでしょうか?

最近はあまり見なくなったガーゼのマスクは
ウィルスを防御する効果はありませんので、
使わないようにしましょう。

サージカルマスクと呼ばれるものを選びます。

サージカル(surgical)とは英語で外科用という意味です。
市販品では不織布のマスクをサージカルマスクと
呼んでいることが多いです。

不織布も1枚だけでは効果が薄いので、
2枚以上かさねたものを選ぶようにします。

そして、マスクには品質基準として、
N95 とか N99、もしくは BFE といった
指標が用いられています。

N99 とは、0.1~0.3μmの微粒子を99%以上除去できる性能を
示しています。
N95 は 95%以上の除去性能になります。

「微粒子の大きさなんてわからんよ!」

ウィルス

と言われそうなので補足しますと、
飛沫感染の場合、粒子の大きさは 0.3μm~5μmの大きさなので、
ほとんどを除去できると言えます。

また BFE という指標も使われます。

BFE とは細菌濾過効率と呼ばれ、
細菌を含む微粒子をどれだけ除去できるかを示します。

BFE99 なら 99% の除去性能です。

まとめると、

  • サージカルマスクを選ぶ
  • N99 (N95)、BFE99 (BFE95) といった除去性能のものを選ぶ

となります。

まとめ

さて、管理人はインフルエンザの流行期には
どうしているかというと、

流行前に予防接種をしておく

ことは別記事に書いた通りです。

満員電車に乗ると、飛沫感染のリスクに
自らをさらすようなものですから、
12月から3月はマスクで外出するようにしています。

もちろん、効果があるとされるマスクは
買い込んでおきます(^_^)v


スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。