鼻水の色で花粉症かわかる!透明、黄色、緑色…これは何の病気?

病気によって鼻水の色が変わるのは、なぜでしょうか。

さらさらの透明な鼻水が出たり、黄色の粘っこい鼻水が出ることがあります。ひょっとして緑色の鼻水が出ていたり…

鼻をかむ男性

花粉症の時期の色と風邪の時の鼻水の色も違いがありますよね。
では、どのような違いで病気を見分ければよいのか確認してみましょう。


スポンサーリンク

鼻水の色の違いで花粉症と風邪の違いがわかる?

鼻水は、鼻腔内から流れて出てくる分泌液や血管から出た浸出液の混合物です。

鼻水は気道の粘膜を病原菌などから守るために常に分泌されていますが、普段は無意識に飲み込んでいるのでわかりません。

それが、風邪をひいた時や花粉症にかかると、鼻の中や喉に入ってきた病原菌や花粉を流して追い出そうとする作用で、大量の鼻水が分泌されて鼻からあふれてしまうのです。

さらさらの鼻水が出るとき

鼻水が無色でさらさらしている時は、風邪の初期症状及び花粉症です。

風邪の場合は、同時にくしゃみや咳・倦怠感が出る事が多いです。いわゆる鼻風邪の初期症状です。のどの痛みや微熱なども併用して出てきます。鼻水が出るのに時期や場所を選ばず、一年中でます。

花粉症(アレルギー性鼻炎)の場合は、涙のようなさらさらとした鼻水で、くしゃみと鼻水が連続して出ます。目のかゆみなどの症状が伴います。

これは、鼻の中に侵入してきた花粉やダニ・花粉の付着したほこりなどを外に出そうと一生懸命に頑張っているからです。鼻水は朝方や寝る前、屋外に出た時などに出やすく、季節も限定されます。

ティッシュを持つ子供

黄色の鼻水が出るとき

最初はさらさらの透明の鼻水が、何日か経過すると黄色の粘り気のある鼻水に変わったら、それは風邪による症状でウイルスやばい菌が繁殖して起こるものです。

この頃の黄色の鼻水は、ウイルスと戦っている風邪のピークです。十分な栄養と休養が必要な時期でもあります。このサインを見逃さず、適切な治療を受けましょう。

緑色の鼻水が出るとき

ちくのう症(副鼻腔炎)の疑いが出てきます。

ちくのう症は、粘り気があり、黄色や緑色の鼻汁が1週間以上続く場合に疑います。風邪などで鼻の中の粘膜が腫れて、副鼻腔の入り口が狭くなって副鼻腔内に膿(うみ)が溜まり不快なにおいがします。

症状は、鼻水や鼻の中がにおう・臭覚障害・鼻水がのどに落ちてしまう・頭痛・咳・痰が出る・歯痛や集中力が無くなるなどがあります。細菌やウイルスによる感染で起こるようです。痛みは無く、頑固な鼻づまりがおきます。

鼻水を垂らした子供

副鼻腔炎には慢性のと急性のがあります。いずれにせよ、耳鼻咽喉科を受診した方がよいです。慢性副鼻腔炎は治りにくいです。

急性副鼻腔炎では抗生物質を処方されると思います。体内にある菌を確実に殺菌するため、処方された薬は決められた用法・量で最後まで飲みきることが必要です

余談ですが、昔は日本人の食事は肉などから摂取するたんぱく質が不足して、「青っ鼻(ぱな)」を垂らした子供を見かけました。ところが、いつの間にか見かけなくなったのは食生活が欧米化されて、肉料理は毎日のように食卓にのぼる時代になったからですね。

スポンサーリンク

正しい鼻のかみ方とは?

鼻水には、ウイルスや細菌などが混ざっています。鼻水はすすらないでティッシュペーパーなどで鼻水をかんで出します。

また、鼻水を一気に強くかみ過ぎると中耳炎の原因になる事もあるので、片方の鼻から少しずつかみましょう。

鼻水を薬を使わずに止める方法!

まとめ

一概に鼻水と言っても色々ありますね。

涙と一緒に出る鼻水は、涙腺からあふれた涙が鼻を通って出てくる物ですので、心配ご無用です(笑)

その他の鼻水は、皆病気のサインです。放置すると怖い病気になってしまうものもあります。黄色や緑色の鼻水が1週間以上続くようなら、耳鼻科に受診して経過を告げて早目に治療しましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ