五月病の症状チェックリスト!自分でできる治し方とは?

新入生や新入社員の方で、ゴールデンウィークを過ぎたあたりから、何となく学校や職場に行きたく無くなったという経験をした事は無いでしょうか?

仕事に身が入らない

4月には自分もみんなと同じように張り切っていたのに、なぜか気分が乗らない・やる気が出ないなどの症状がある方は「五月病(ごがつびょう)」かもしれません。


スポンサーリンク

五月病っていったい何?

五月病とは

新年度に入学や就職などで新しい環境が出来て、最初は環境に慣れようと頑張っていた人が、5月のゴールデンウィークなどの長期の休暇が明けた頃に、気力が無くなったり、体が重だるくなって学校や職場に行きたくなくなる、うつ病に似た症状が出る病気です。

この「五月病」は診断名では無く、正式には「適応障害」や「軽症のうつ病」といいます。

5月に発症する人が多いので「五月病」と呼ばれています。

しかし、これは5月に限った病気ではなく、転職や転居などでも起こる病気ですので、このような症状のでる人はいます。また、完璧主義や内向的な人もこの病気にかかりやすいようです。

スポンサーリンク

もしかして五月病?チェック方法は?

五月病の症状には次のようなものがあります。いくつ当てはまるでしょうか?

  • やる気が起きない
  • 体がだるい
  • 気持ちが高揚しない
  • 他人と接したくない
  • 集中力や自信が無い
  • 不眠、寝付けない
  • 食欲がない
  • 頭痛やめまい・吐き気・腹痛
  • 胃が痛い
  • 肩こりや動悸がする
  • 悪酔いする
  • イライラする
  • 挫折感・空虚感
  • 理想と現実の違いを強く感じる失望感

ため息の出るおじさん

このような症状が原因で、気力が沸かなくなり、休みが明けても不登校や職場に出られない状態になってしまいます。

このような症状が、いくつかある人は「五月病」が疑われます。

五月病の原因と治し方は?

ふとんに引きこもり

この五月病も原因はストレスです。

また、目標とする大学、会社に入れたため、その後の目標が見つからず、燃え尽き症候群になっているケースもあります。

気分転換をしてストレスを溜め込まないようにする事が大事ですが、具体的には次のような事を心掛けて下さい。

  • 栄養を取って十分な睡眠時間を確保する。
    朝起きたら太陽の光を浴びる
  • スポーツで汗を流し、ゆっくり風呂に入る。
    ウォーキングやジョギング、水泳といった有酸素運動をします。
  • 学校や仕事とは関係の無い趣味を持つ。
  • 旅行やコンサート、映画鑑賞などでストレスを解消する。
  • 家族や友人と会話をする。
  • 新しい目標を見つける。
  • 完璧主義を手放す。「ほどほど主義」をめざす。
  • カルシウムやマグネシウム・ビタミンCを摂取する。
  • 日記を書く。ただしその日に起こった良いことだけを書く

その日に起こった良いことだけを日記に書く意味は、ネガティブな情報を脳に与えず、楽しいと思えることを脳にインプットすることが狙いです。

これを脳の報酬系の活性化と呼ぶことがあります。報酬系が活性化されれば、脳に快楽物質のドーパミンが分泌されます。これが行動意欲へとつながります。

病院に行かないといけない場合はどんなとき?

普通は、このような症状は1~2週間もするとまた以前の様に生活する事ができます。

4月はどこでもバタバタと忙しいもので、ゴールデンウィークや長期の休みでほっとして気持ちが緩みます。全力疾走して来たからこそ休みを挟んでしまうと、休み明けは誰でもやる気が出なくなるものです。

ふさぎ込んでしまう

ですからこのような症状は珍しいものでは無いと言えます。症状の深刻さにもよりますが、五月病の症状が数週間以上続くようであれば、専門医に受診して相談するのも良い手段だと思います。

長期間続いていると、五月病で収まりきれず、うつ病などのメンタル疾患になっている恐れがあります。迷わず専門医を受診しましょう。

精神科や心療内科では、心理療法や薬物療法などの治療もありますが、まずはじっくり自分の話を聞いてもらいましょう。

【関連記事】

うつ病の人への接し方とは?病気を正しく理解しよう

まとめ

「五月病」のような症状は、誰でも1度や2度、私などは何度もですが(#^^#) 経験する事です。

自分だけがなぜ?と決して思わない事です。あなたが真面目で完璧主義だから色々悩むのです、皆何かしらのストレスはあります。

一人で背負わないで、人に話しを聞いてもらうだけで気持ちは随分楽になります。

ブログや日記帳にストレートな気持ちを書く事もお勧めです。

天気のいい日には散歩して、きれいな空気をいっぱい吸い込んで気分転換しましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ