クーラー病の対策!頭痛やだるさなどの不定愁訴の原因は?

夏の暑さに弱い私は、エアコンの効いた場所が大好きだったのですが、ここ数年はあまりエアコンが効いた所は好まなくなりました。エアコンの冷気が直接当たると寒気を感じてしまうのです。

自宅なら好きな温度に設定できますが、職場では自分の好みの温度に設定する訳にもいかず、個人で対策を考える必要がありますね。

クーラー病1

冷房による寒気だけではなく、頭痛、だるさなどの不正愁訴が体に起こってくると、クーラー病(冷房病)になったのではと思うようになります。

では、クーラー病にならない為の対策はどうすれば良いのでしょうか?


スポンサーリンク

クーラー病(冷房病)とは何か?

正式な病名では、クーラー病や冷房病はありません。

冷房の効いた部屋に長時間居て、温度差が5℃以上ある室外に出るなどを繰り返す事で体調不良を起こしてしまう病気の事をクーラー病と呼んでいます。

クーラー病2

症状としては、体中のだるさや頭痛・肩こり・足腰の冷え・疲労感・腹痛・下痢・頻尿・不眠・のどの痛み・生理不順などその他にも色々な症状が出てきます。

昔は、このような症状は女性に多く見られましたが、最近は男性や子供にも同類の冷え性のような症状が見られるようになりました。

スポンサーリンク

クーラー病の対策と予防

オフィスでは、色々な人が居るので自分だけに合わせた温度にするのは難しいと思われますので、ひざ掛けやカーディガンなどの着る物で調節しましょう。

肩こりのひどい人は肩を露出する服はやめて、首を保護するようなスカーフを巻いても良いでしょう。

冷気は下の方に溜まりますので、レッグウォーマーや厚手の靴下を履く、胃腸を冷やさない為に腹巻をするなども冷え対策には効果的です。

よく「3つの首を温めると良い」と言われるように、首・手首・足首を温めると血流が良くなり、体が温まりますのでこれを実行してみて下さい。

夏場は、冷たい物がどうしても食べたくなりますが、エアコンで体が冷えている時には温かい物を食べるように心がけましょう。

香辛料(しょうが・ニンニク・トウガラシ・コショウなど)も体を温めてくれます。汗で、ビタミンも不足しがちになりますので積極的に摂るようにしましょう。

仕事中は、1時間に1度は席を立って外気に当たるか、ストレッチなどをすると筋肉がほぐれて血流も良くなります。

入浴は、1年中シャワーだけという人もいますが、体が冷えている時はお湯に温もるのが一番です。お湯の温度はそれほど熱くなくても良いので、ゆっくり温まる事の出来る設定温度にして、入りましょう。

寝る時もエアコンの設定は28℃くらいにして、エアコンの風が体に直接当たらないようにしましょう。個人差はありますが、湿気が取れると設定温度が高めでも寝やすくなります。

なぜクーラー病になる?原因は?

オフィスなどで働いている人は、夏場はクーラーのよく効いた部屋に1日中いる事が多いと思いますが、体が冷えると血管が収縮します。

血管が収縮すると血液の流れが悪くなり、頭痛や肩こりなどが起こります。

長時間座っている事で、体全体が冷えてしまい腰痛や足のむくみ・しびれなどが出てきます。また、体がだるくなり、食欲不振や不眠症を招きます。冷えは健康の大敵です

人には、交感神経(体温を下げる)と副交感神経(体温を上げる)があり体温の調整をしていますが、5℃以上の急激な変化を繰り返し行うと変化についていけず、体調不良を起こしてしまうのです。

要するに、自律神経が乱れるということです。

年齢と共に体温の調節は難しくなっていき、暑い所に出たとしても体の芯まで冷えきってしまうと、体の表面だけが暑くなっても内部は冷えたままの状態が長く続くようになってしまいます。

エアコン温度調節

私も、若い頃から汗をあまりかかない方だったのですが、加齢と共に余計に体の中に熱がこもってしまい、めまいや熱中症のような症状が出てきました。

クーラーの効いている所にばかりいると、このように汗腺が退化して低体温症になり、気付かない間に熱中症になってしまう危険があります。

まとめ

クーラー病が問題視されるようになっているので、昔ほどエアコンを利かせている所は少なくなりましたが、長時間同じ場所で作業をしていると体は冷えてきます。冷えの症状が慢性化すると、自律神経に影響が出て体調不良を起こしてしまいます。

  • エアコンの設定温度は28℃くらいで、外気温との差を5℃以下にする。
  • 室内で「寒い」と感じる時は、着る物などで調整をする。
  • 仕事中は1時間毎に、ストレッチで体温を上げる。
  • 冷たい物ばかり食べないで、冷房の効いている所では温かい物も食べる。
  • お風呂にゆっくり浸かって、体を温めてリラックスする。

以上の事を出来るだけ実行して、クーラー病にならないようにしましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ