麻疹の予防と対策まとめ。大人と妊婦は特に注意!

麻疹(はしか)というと子供の病気と考える人が多いと思います。
しかし、数年前に大人の麻疹が大流行しました。私の職場でも20代の社員に流行し、40度近い熱が出て非常に辛い思いをしたと聞きました。

腕がかゆい

このように、大人の麻疹には重篤化のリスクがあります。麻疹予防には予防接種が有効な予防法となりますが、予防接種を受けるにはどれくらい費用がかかるのかを調べました。

また、妊婦さんが麻疹にかかって重篤化すると、生まれてくる赤ちゃんにもリスクが起こる危険性があります。妊娠を予定していて、麻疹にかかったことがないのであればしっかりと対策をしておきましょう。


スポンサーリンク

麻疹と風疹の違い!症状や発熱は?もし重症化したらどうなる?

麻疹(はしか)と風疹の違いって、ご存じですか?
どちらも子供がかかる病気というイメージがありますよね。
「風疹ははしかの軽いもの」と思っているかもしれませんが、ここで2つの病気の違いを知っておきましょう。

詳細はこちら ⇒ 麻疹と風疹の違い!症状や発熱は?もし重症化したらどうなる?

リンク先の記事では、麻疹と風疹それぞれについて、感染経路、症状、合併症、治療法について触れています。

スポンサーリンク

大人が麻疹の予防接種を受けるには?時期と費用を知りたい

麻疹(はしか)は子供の頃にかかる人が多いですが、かからないまま大人になるケースもあります。しかし、大人になってからかかると重症化するおそれがあると言われます。
もし、麻疹にかかったことがないのであれば、麻疹のリスクや予防接種の必要性を知っておきましょう。

詳細はこちら ⇒ 大人が麻疹の予防接種を受けるには?時期と費用を知りたい

リンク先の記事では、麻疹の合併症の恐ろしさを知っておくのと同時に、予防接種(ワクチン)の受け方と費用について記しています。

妊婦の麻疹予防!重症化や流産を避けるために

妊婦さんが病気になると

大人の麻疹感染には要注意と上で書きましたが、特に注意しないといけないのは妊婦さんです。妊娠中はワクチンを接種することができませんから、妊娠を予定していて、麻疹にかかったことがないのであれば、予防接種を受けておきましょう。

詳細はこちら ⇒ 妊婦の麻疹予防!重症化や流産を避けるために

リンク先の記事では、妊婦が麻疹にかかるリスク、妊娠前に取っておくべき対策、もし予防接種を受けない状態で妊娠中なら注意することを記しています。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ