コンタクトレンズのよくある疑問!費用や装用の不安を解決します

昔よりも気軽に利用出来るようになってきたコンタクトレンズ。お店はもちろんネットでも購入出来るようになっていますし、種類も多くて気軽に利用できる分不安に思っていても質問しにくい事もあると思います。

今回はそんなコンタクトレンズを初めて使用する方や、費用や眼科について疑問に思っている方がわかりやすいように関連記事をまとめてみました。

気になるタイトルの記事はもちろん、時間があれば他のリンク先記事も見てみて下さいね。


スポンサーリンク

コンタクトレンズを初めて装着するコツ!怖い?痛い?に答えます

コンタクトレンズを装用する

コンタクトレンズを初めて利用する方は眼球に直接異物を乗せるコンタクトレンズに対して「痛み」や「恐怖」があると思います。

この記事ではコンタクトの付け外しの他に、ハードコンタクトとソフトコンタクトの違いも書かれています。

詳細はこちら ⇒ コンタクトレンズを初めて装着するコツ!怖い?痛い?に答えます

動画でコンタクトの外し方の確認も出来て、初めての方の参考になると思います。
すでにコンタクトを使用中の方にも役に立つ、コンタクトが取れなくなってしまった時に外しやすくなる方法なども書かれていますよ。

スポンサーリンク

コンタクトレンズの度数と視力の関係?その他の数字の見方は?

特に使い捨てコンタクトレンズを使っている方は、箱に沢山の数字が書かれていて「この数字なに?」と疑問に思うと思います。

「同じコンタクトが欲しい」と店員さんに言う際に、必要な数字がどれかわからない時ってありませんか?

この記事ではそんな数字の解説と、自分の使用しているコンタクトの度数がわかるように相手に伝えた方がいいポイントなどが書かれています。

詳細はこちら ⇒ コンタクトレンズの度数と視力の関係?その他の数字の見方は?

この記事を読んだら「右と左、どっちが視力悪いんだろう?」という疑問がある方も、使用中のコンタクトを見たら自分で判断出来るようになりますよ。

他のお店やネットで同じもの、または似たような物を購入したいという時は特に参考になると思います。

メガネとコンタクトはどっちがいい?便利さ重視の観点で選びます

メガネとコンタクト2

視力の矯正にはメガネかコンタクトを使用しますよね。どちらを使用するか…というのは、皆さんどのように選んでいますか?

この記事では状況に応じてメガネが良いのか、コンタクトがいいのかという比較が中心になっています。

状況やその人の視力などに応じたメリットやデメリットがわかりますよ。

詳細はこちら ⇒ メガネとコンタクトはどっちがいい?便利さ重視の観点で選びます

メガネやコンタクトの不便な点も、両方併用して使用したり状況に応じて使い分け出来ればより快適に過ごせそうですね。

激安コンタクトは買って大丈夫?楽天通販と店舗で同じ商品だが…

お店で購入するよりネット通販の方がかなり格安になるコンタクトレンズ。でもこんな激安コンタクト、不良品が混じってたり危険なんじゃないかと心配になってしまう…という方向けの記事です。

ネットで購入するより店頭で購入した方がいい場合、ネットで購入しても大丈夫な場合などが書かれています。

詳細はこちら ⇒ 激安コンタクトは買って大丈夫?楽天通販と店舗で同じ商品だが…

眼科受診が必要なくて、しかもコンタクトが激安!という利点ばかりではなく、注意しないと危険もあるコンタクト。
取扱いや目の健康に注意して、お得に使用したいですね。

コンタクトレンズは眼科で検査してから作る?費用はいくらくらい?

視力検査

コンタクトレンズ専門店に行くと、ほぼ必ず言われる「処方箋に基づいて販売しているので眼科受診が必要です」という言葉。

コンタクト使用中の方の中には「いつも同じこと言われるけど、結局眼科はなにを検査しているの?」と思う方もいらっしゃると思います。

この記事では眼科での簡単な検査内容や、処方について書かれています。

詳細はこちら ⇒ コンタクトレンズは眼科で検査してから作る?費用はいくらくらい?

検査内容や費用、コンタクトが使えないケースなどの眼科受診中心の記事になっています。
眼科での定期検査って、やっぱり重要なんですね。

コンタクトレンズを初めて作ると値段は?ワンデーは高い?

コンタクトレンズって高い!というイメージがありませんか?
この記事ではコンタクトレンズ種類別の値段を中心に書かれています。

今使用しているコンタクトの価格の見直しや、初めてコンタクトを作る際に自分の利用頻度や生活環境などでどれを使うか、考えるきっかけになる内容だと思います。

詳細はこちら ⇒ コンタクトレンズを初めて作ると値段は?ワンデーは高い?

各コンタクトレンズを1年間使用した場合の価格計算を見ると、やっぱりワンデー(1日使い捨て)はとても高いですね。その分便利なんですが、長く使っていく物なので自分の予算と相談して種類は慎重に決めた方がよさそうです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ