子供弱視の治療!早期発見のための検査と適切な訓練がカギ

子供の弱視は、早期発見早期治療が一番大切です。視力が発達する時期に矯正しないと、将来車の免許が取れないなど、さまざまな影響がでてしまいます。

出来るだけ早く発見してあげたいのですが、子供は、自分の目が悪いことには気付きません。

もしも弱視だった場合、テレビを見る時に、顔を傾けていたり不自然な見方をします。あとは、つまずきやすく転びやすい、片目を隠すと嫌がる等、思い当たるようなことはありませんか?

もしかして目が悪いかも?と思うようなことがあれば、眼科で検査をしてもらいましょう。


スポンサーリンク

子供の弱視の症状とは

子供弱視治療1

弱視とは、簡単に言うと、眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても、視力が出ない眼のことです。

裸眼が0.1だったとしても、眼鏡を掛けて1.0以上の矯正視力が出れば弱視ではありません。なので、弱視と診断されても眼鏡を掛けた状態の視力が、1.0以上になれば弱視は治ったと言えるのです。

子供の弱視の原因は、未熟児網膜症、先天奇形など障害や病気によるものもありますが、遠視乱視といった屈折異常が原因となって視機能の発達が途中でとまっている場合が最も多いのです。

子供の視力検査

小さいお子さんは、視力検査をすることがほとんどありません。3歳児検診で産まれて初めて視力検査をすることが多いはずです。

3歳の子供にとって、視力検査はまだまだ難しく正確に測れないことも多いはずです。片眼を隠すことだけでも大変なのです。

みなさんがお住まいの自治体は、オートレフ検査はしてくれますか?機械の中を覗き込んで、中の気球の絵を見るという簡単な検査です。大人の方ならやったことある人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

オートレフ検査は、屈折異常を発見出来る検査です。覗き込んで見るだけなので、3歳児でも何とか出来る検査で弱視を早期発見するには、とても重要な検査だと思います。

3歳児検診でオートレフ検査がない自治体の方は、3歳になったら眼科でオートレフ検査をしてもらうと安心できるかもしれません。

では、弱視と診断されたら、これからどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

弱視の治療は矯正眼鏡。早期発見が大事!

3歳児検診、もしくは眼科で弱視の疑いを指摘された場合は、出来れば小児眼科で視能訓練士さんがいる眼科を探して受診するのが望ましいと思います。

弱視の治療は長期間になります。これから通う眼科が決まれば、詳しい検査の後、矯正眼鏡の処方箋をもらったら、子供に眼鏡のフレームを選ばせます。

子供弱視治療2

これがけっこう重要で、子供が眼鏡を嫌がることのないように、本人が気に入って、なおかつそこそこ激しく動いても、安全な物を選ぶことをオススメします。

これは私のオススメですが、トマトグラッシーズというブランドがあります。
ここの眼鏡は、軽くて丈夫で何してもずれません。これから眼鏡を探す方はぜひ参考にして下さい。

弱視治療の眼鏡には、健康保険に加入されていましたら助成金(補助金)が出る場合があります。必ずご加入の健康保険に問い合わせてみて下さい。経済的にとても助かりますよ。

弱視の治療は、視機能の発達が完成する6歳頃までに眼鏡をかけます。網膜にピントを合わせ鮮明な像を見る状態を作ることで、最大矯正視力が向上して「弱視を改善すること」が期待できます。

ただし、視力が自然に発達するとされる6歳ぐらいまでに治療しないと、矯正視力の向上が難しくなってくるかもしれないので、早期発見が重要です

アイパッチを使った訓練

片方の目のみが特に悪い場合には、健全な方の目をアイパッチで遮閉して、悪い方の目の発達を促す方法をおこないます。

アイパッチとは、眼帯みたいなものでドラックストアにも売っています。1日1時間とか2時間とか、主治医の先生が言われたとおりにやると、必ず効果が出ます。

アイパッチが必要なのは、視力に左右差があるお子さんです。見えるほうの目を隠し、悪いほうの目を使うようにさせる訓練です。見えるほうの目を隠すわけですから、子供は大変嫌がります。

そんなときは、DSやiPadなどのタブレットの出番です。普段はDSやタブレットは触らせないようにして下さい。アイパッチのときに触らせてあげるようにします。

ゲームをしてもよし、動画をみてもよし。進んでアイパッチをしてくれるようになるかもしれません。もちろん、主治医の先生に確認されてからですよ。

おススメのアイパッチです。

毎日使うものなので、定期便にしておくと安くて便利ですよ!

これはわが子の場合ですが、3歳児検診で乱視性遠視の弱視と診断されて、左目0.2 右目1.0の左右差があり、3歳から矯正眼鏡を掛けて治療を開始しました。

1日2時間のアイパッチを約一年ほど出来る日はやる感じでやらせ、矯正視力が0.6まで上がったあたりから、アイパッチは1日1時間に減り、目標の1.0になりました。

アイパッチをしている時は、DS、DVD鑑賞、ビーズで遊ぶなど目をなるべく使う遊びで乗り切りました。

半年に一回の通院で、左目の矯正視力は0.2⇒0.5⇒0.6⇒0.9⇒1.0と約2年で回復し、6歳で弱視治療は終了。今後は年1回の検査だけでOKになりました。

まとめ

子供弱視の症状と治療について記事にしました。

  • 弱視は治る
  • 弱視治療には必ず眼鏡が必要
  • 小児専門の眼科を選ぶ

弱視と言われ、小さいうちから眼鏡を掛けさせなければいけないことに、何となく悲しかったり気が重かったりするかもしれません。

でも、弱視は発見が早ければ早いほどいいのです。3歳児検診で見つかるか、就学前検診で見つかるかなら、3歳児検診で見つかるべきなのです。視力が発達する時期に、矯正眼鏡を掛けているか掛けていないかでは、すごく差が出てきます。

慣れない眼鏡をかけること、アイパッチをすることも、小さい子はあんがいすんなり慣れてくれます。大きくなればなるほど慣れるのに時間がかかるので、早く発見されたらラッキーだったと思って下さい。

子供弱視治療3

眼鏡を掛けていることで、幼稚園や学校で何か言われたりすることがあるかもしれません。でも、眼鏡を掛けていることは恥ずかしいことでも何でもないので、気にしなくていいんだよって、優しく伝えてあげて下さいね。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ