運動会のアラフォーママコーデのおすすめ!小物で健康的に若々しく

子供のイベントで運動会は、1年を通して大きなイベントのひとつになります。

祖父母が応援に来たり、子供たちも運動会近くのなると徒競走やお遊戯の練習を沢山します。

自分たち(母親と父親)も運動会当日には場所取りやお弁当で早起きをするでしょう。

お母さんは特に他の保護者や先生とも顔を合わせるので、着ていく洋服も気にしなくてはいけません。40代前後のアラフォーともなると、多少身なりもきちんとしなければならないと感じます

でも周りの若いお母さんより老けて見えるのは嫌ですよね・・・。

そんな時、普段着の格好でも小物ひとつで年相応のきれいなお母さんになることが出来るんです!

その秘訣をほんの少しアドバイス致します!!


スポンサーリンク

シロT、ジーパン、スニーカーでも若々しくカジュアルになる方法とは?

私も実はアラフォーママなんです。

子供はまだ幼稚園で、周りは20代、30代のママばかり。

幼稚園なので、イベントが毎月のようにあり、その時に着ていく洋服にいつも困ります。

若くはないから、少しでもきれいに見せたい!とは思うけど、どんな洋服が良いかいつも試行錯誤。まだ下に小さい子がいるので抱っこひもをつけるのをいいことに、いつも同じコーディネート

でも運動会になると、主人も祖父母もいるので少し身軽になる分、普段着がバレバレになってしまいます。普段着がシロT(白いTシャツ)とジーパンだと、人前に出るのに抵抗があるかも…?

そんな時、カジュアルだけど健康的で若々しい恰好のアラフォーママの小物使いが目に留まりました

色々調べていくうちに少しの小物使いで、劇的にきちんとカジュアルなママコーデになりました。トップス、ボトムズ、スニーカーの順にみていきましょう。

スポンサーリンク

シロTには差し色のカーディガン&帽子

まずはトップスです。

若い世代のママなら、さわやかな白いTシャツ1枚でも健康的だと思われるでしょう。

アラフォーになると肌のくすみや二の腕が気になるお年頃・・・。なので、ちょっと工夫して、シロTの上に少し明るめのカーディガンを羽織るのはいかかですか?

日焼け防止にもなるので一石二鳥ですよね。

また、腰にチェックシャツを巻いてみると、ふいにしゃがんだ時に背中が見えるのも防げます。

そして帽子は季節によって変わりますが、アクセントのある麦わら帽子や深めにかぶれるキャスケットがオススメです。

一日中外にいるので、化粧崩れも帽子でカバーできます。

もしシロTを着るのに抵抗があるなら、素材を変えてレーヨンやリネンなどのサラサラした生地で腕回りや裾がふんわりした形であれば、下がジーパンでもおかしくないでしょう。

ジーパンも形を変えてきちんとカジュアルに

続いてボトムズです。

親子競技がある場合は動きやすいデニムやスキニーパンツになるかもしれません。

アラフォーでショートパンツ・・・はないと思いますが、どうしても足を出したいママはゆるめのチノパンを足首上くらいまであげたり、七分丈の裾を絞ったパンツならOKだと思います。

親子競技はお父さんが出るから、私は応援に専念するというママなら、ガウチョパンツやワイドシルエットタイプのパンツを選ぶと体型カバーになります。

普段あまりパンツを履くことがなく、スカートばかりでピタッとするパンツは勇気がいると思う方にもオススメです。

パンツは小物使いが出来ないので、いつも履いているパンツで良いと思います。

ただ、あまりにも汚れていてだらしないパンツだと、どんなに他がきちんとしていてもマイナスになってしまうので、必ず全体のコーディネートを考えて選びましょう

スニーカーは少し個性的な目立つものを

普段履いているスニーカーでも良いと思うかもしれませんが、ここできちんとカジュアルを見せつけましょう。

おしゃれなスニーカーは沢山あります。

最近は素材にも工夫して人とは違う個性的なスニーカーも多いです。

運動会のため・・・とまでは言わなくても、お出かけ用スニーカーをひとつ買い揃えておくと最後に足元で引き締まってコーディネートが完成されますよ。

もし買う予定がない場合は、きれいに洗濯して紐だけでも新品に変えてあげれば問題ないでしょう。

運動会ではレジャーシートを敷いて応援することが多いと思います。そうすると、必然と靴を脱いで横に置いておくので、ちらっと靴が見えた時に汚れた靴だと少し恥ずかしいかもしれません。

誰が見ても清潔感のあるワンランク上のスニーカーをぜひ探してみてください。

まとめ

女性もアラフォーになると体型の崩れや肌のくすみ、周りの目が気になり、自分の洋服ひとつでもかなり悩んでしまいます。

子どもたちが活躍する運動会なら尚更です。応援となると人目を気にせず夢中になって応援してしまうでしょう。

そんな時に「○○ちゃんを応援してるママ、おしゃれだな」と思わせる、そんなコーディネートを今回はアドバイスさせて頂きました。

運動会は他の父兄や先生たちの交流の場でもあります。

参観日とは違いますが、こういう時も TPO を考えた恰好をするのも親の役目だと思います。

人目を気にせず子供の運動会を応援したいなら、誰に会っても恥ずかしくない、きちんとカジュアルなコーディネートを身につけて、思う存分子供の雄姿を応援してあげてください!!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ