1歳児の慣らし保育スケジュール!大泣きは普通。すぐ慣れるよ

保育園が決まると、育休中のお母さんの中には、安心して職場復帰できると考えている方もいるでしょう。

しかし、フルタイムでいきなり子供を保育園に預けるのも不安なので、最初は慣らし保育をしたいと考えていると思います。

しかし、そもそも慣らし保育とは何なのか?どのくらいの期間が妥当なのか?
などと疑問に思っている方も多いでしょう。

そこで、1歳児の慣らし保育のスケジュールをママ友からの聞き込みも踏まえて考えていきたいと思います。

事前の心構えとして、慣らし保育のために最初の1か月間は、仕事先に時短の申請や急な休みがあることを相談しておきましょう。

まずは、お母さんの心構えが大事ですよ!!


スポンサーリンク

1歳児の平均的な慣らし保育のスケジュールは3日から1週間。

1歳はまだまだお母さんに甘えたい年頃。24時間お母さんにべったりで、寝るときも食べるときも一緒だった我が子。

それが1歳になったとたん、知らない場所で知らない大人たちに囲まれて、お母さんがいない中、ご飯を食べたりお昼寝をしなければいけません。

もちろん子供はパニックになり、大泣きするでしょう。その様子を後ろ髪引かれながら、お母さんは仕事に行かなければいけません。出来るだけ子供が寂しがらず楽しく保育園に行ってもらいたいですよね。

そこで、簡単ですが慣らし保育のスケジュールをまとめてみました。まずは1週間のプランです。

  • 1日目~3日目・・・午前中
  • 4日目、5日目・・・午前中、お昼ご飯
  • 6日目・・・午前中、お昼ご飯、昼寝
  • 7日目・・・午前中、お昼ご飯、昼寝、午後

だいたいこのくらいのペースで保育時間を延ばしてみるのはどうでしょうか?

子供によってはお母さんがいないとお昼寝をしないという場合もあるでしょう。一番子供の様子を理解してるのはお母さんなので、臨機応変に変更はしてください。

また、どうしても慣らし保育の時間が取れないお母さんは

  • 1日目・・・午前中
  • 2日目・・・午前中、お昼ご飯
  • 3日目・・・午前中、お昼ご飯、お昼寝

というように3日間というタイトではありますが、少しずつお母さんと離れる時間を延ばしてあげてください。

慣らし保育では子どもの様子を先生に聞いたりして、少しでも子供の不安をとってあげる努力をしてあげてください。

スポンサーリンク

大切なのは子供の様子。できるだけ観察してあげましょう。

慣らし保育のスケジュールを決めても予定通りにならないのが1歳児。

慣らし保育をし始めたら夜泣きが頻繁になったり、いつも以上に機嫌が悪くなったりするかもしれません。

私の子供たちは慣らし保育の経験はないですが、知らない場所や初めての場所に長時間滞在した日は、よく夜泣きをしていたものです。

1歳児はまだ言葉が喋れないので、寝つきが悪い時やいつもと違う様子だなと思ったら注意して観察してあげましょう。

職場復帰も大事ですが、子供のストレスや負担になっているのなら、出来る限り、慣らし保育のスケジュールをのばしてみてはどうですか?

そして、子供が普段通りの生活になるまで、お母さんも見守ってあげましょう。

また、保育園は個々によって慣らし保育のスケジュールは違うと思います。

家庭で子育てができないために預けるのが保育園なので、子供の様子を見て、どうすれば楽しく保育園に通えるか、先生に相談するのも良いかと思います

あと、早生まれなので他の子より小さくて歩けないし、卒乳できてないから不安を感じるお母さんもいるでしょう。慣らし保育を10日くらいにスケジュールをたてて、ゆっくり保育園に慣れてもらうのもよいかもしれません。

まとめ

慣らし保育のスケジュールは、家庭の事情、仕事の事情、子供の様子などを総合的に見て、子供やお母さんの負担にならないように作るのが良いと思います。

もちろん、事情によっては慣らし保育をせずに、いきなり朝から夕方まで預けなければいけないお母さんもいるでしょう。

どうしても慣らし保育が出来ない場合、保育園に行く前に近くの児童会館に行ってみましょう。

他の子供たちと同じ空間にいて遊ばせるのも一種の「慣らし」だと思います。少しの時間でもお母さんと離れて遊べる練習をさせたら、保育園に入っても子供のストレスは軽減すると思いますよ。

しかし、周りのママともから色々な話を聞くと、預けるときに大泣きだった子供も、日中は楽しく遊んでるというのはよくあるそうです。

遊んでる最中、お母さんがいないことに気づき、いきなり泣いてしまう子もいるそうですが、意外と子供は柔軟性が高いのです。

お母さんが「子供を保育園に預けるのはかわいそう。」とか「保育園から呼び出しがかかったらどうしよう。」という不安な気持ちを持ち続けたらその不安も子供は察知します。

慣らし保育はそんな中、子供とお母さんの不安を和らげる期間だと思うので、3日から1週間という目安はありますが、お互いの体調や負担も考えてスケジュールを立ててください。

最後に慣らし保育は家族や周りの人の助けも借りてください。

お母さんも久しぶりの職場復帰で最初は疲れると思います。

一人で抱え込まず、家族で笑顔になる慣らし保育を心掛けてほしいです!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ