小学生の冬休みの過ごし方!いつ遊ぶかを決めてから勉強する!?

賑わう街は、ハロウィーンを過ぎるとクリスマス一色に変わります。

その光景を見て、もうすぐ1年が終わるなと感じる人も少なくはないでしょう。

小学生の子供たちは冬休みを心待ちにし、クリスマスのプレゼントやお正月のお年玉のことを考えてウズウズしてるのではないでしょうか?

冬休みは地域によって日数は違いますが、沢山のイベントもあるのであっという間に過ぎる印象があります

しかし、それでも学校からは宿題が出され、全てをこなさなくてはいけません。

お母さんたちもクリスマスのプレゼントや年末の大掃除、お正月の準備など考えることが多すぎて、子供たちの宿題まで構ってられないと思ってしまいます。

そこで今回は、宿題や勉強を冬休みの間に効率よく済ませ、余裕をもって年末年始を過ごせるようにするアドバイスと、子供にとって思い出になる勉強方法を私なりに考えてみました。


スポンサーリンク

冬休みは勉強と遊びの計画をしっかり立てる

夏休みは1か月近くあるので、勉強や宿題も追い込みをかけたりできますが、冬休みはそうはいきません。

クリスマス、年末年始を考えると、何もなく普通に過ごせる時間はだいたい1週間前後だと思います。

学校からの宿題は夏休みほど出ないけれど、毎日のドリルや書初め、読書感想文など短時間でできる宿題は出されるのではないでしょうか?

だからと言って怠けてると、痛い目を見ること間違いなしです。

そんなことにならないためには、まず冬休み中の勉強と遊びの計画を子供と相談しましょう

クリスマス会がある日や年末の大掃除を手伝ってもらうなど、予定が入っている日は「勉強休みの日」と決めて、子供が勉強しなくても大目に見てあげてください。

年始も親戚が集まったり、初詣や餅つき大会に行ったりすると思うので、そういう日は家族でゆっくり過ごすのも良いと思います。

帰省する家族は、帰省先で冬にしかできない遊びを外で思いっきり遊ばせるのも思い出になりますね。

このように「勉強休みの日」をはっきりさせておくと、子供は遊ぶときに遊ばなくてはいけないと考え、一日中遊んでくれると思います。

逆にその日以外は、必ず勉強や宿題をやらせましょう。

多分、全く勉強してない日を作ると、子供も焦りや勉強していないという後悔が気持ちに表れ、お母さんが強く言わなくても宿題をすると思いますよ。

スポンサーリンク

親は子供の勉強に関心を持とう

冬休みの利点として、夏休みより両親が休みになることが多いと思います。年末年始にかけては、家族皆で過ごす時間が多くなると思います。

年末の大掃除やお正月の準備、親戚の集まりや帰省など忙しい毎日になるかもしれませんが、
意外とポッカリ何もしない時間が発生するのではないでしょうか?

お父さんは特に出かけることがなければ、テレビを見ているだけの時間があるでしょう。

そんな時、子供の勉強を見てもらってはどうですか?

机に向かわなくてもリビングで談笑しながらでも、お布団の中で読書をしても良いと思います。書初めをお父さんと一緒にしても楽しいですね。

毎日の勉強というよりは、お父さんと宿題をこなすという方が達成感があるかもしれません。子供たちはいつもと違う雰囲気で勉強するので、新鮮で楽しいと感じると思います。お父さんやお母さんも子供の勉強ぶりを観察できるので、良い機会だと思います。

冬休みは勉強、勉強と難しく考えずに両親と一緒に宿題をしたという思い出の一つとして過ごすのも良いのではないでしょうか?

私の子供はまだ小さいので宿題はないですが、冬休みにお父さんと一緒にひらがなの練習をしたり朝早く起きて布団の中でもぐりながら本を読んだりしていました。

冬休みの思い出は沢山あるのですが、子供と主人が一緒に机に向かってひらがなの練習する姿が実は一番良い思い出になっていると感じます。

また、普段見れない子供の勉強してる姿をお父さんが冬休みに一緒に勉強することによって子供の成長が垣間見れると思います。

年末年始に帰省する予定が入っていても宿題を少し持って行って、おじいちゃんおばあちゃんに見てもらうのも良いかもしれませんね。

まとめ

このように冬休みというのは家族にとっても濃い時間を過ごせると思います。

冬休みは寒いので暖かい部屋で過ごしてしまいがちですが、遊ぶ日=外で遊ぶ日と考え、ウインタースポーツをしたり公園で遊んだりして冬にしかできないことをしましょう。

その方が遊んだという達成感や満足感が得られ、勉強スイッチにすぐ切り替えられると思います。

勉強も工夫一つですぐ終わらせられるので、遊ぶ日は勉強をしなくていいよと子供たちに宣言すれば子供のモチベーションも上がると思いますよ。

冬休みの過ごし方は、メリハリをつけて計画を立てることによって、勉強や宿題も夏休み以上に頭に入る良い時期だと思います。

楽しい思い出を冬休み中に沢山作って、家族みんなで新しい春を迎えましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ