給食で使うナフキンのサイズ!小学校と幼稚園では大きさが違う?

来年の春に入学、入園を控えている子供がいるお母さんは、今から準備をしている人もいるでしょう。

特に幼稚園は準備するものが多いですが、楽しく通ってもらうために通園バッグや袋類はお母さんが手作りする人も多いと思います。

小学校もエプロンや三角巾などと一緒に、給食に使うナフキンを手作りするかもしれません

そんな時、ふとナフキンのサイズって・・・と考えてしまいませんか?

指定サイズがあれば楽ですが、小学校は特に記載しないでしょう。

そこでまずは、ナフキンのサイズを把握し、おすすめの生地などをご紹介させて頂きます。


スポンサーリンク

小学校のナフキンサイズは?

小学校の机サイズは横幅が65cm、奥行きが45cmです。昔の机の規格の場合、横幅が60cm、奥行きが40cmと小さめです。

そう考えると、どちらの机にも対応するなら60cm×40cmになります

ただナフキンが大きすぎると、机をくっつけた時に隣のお友達のナフキンとくっついてしまったり、少しでもナフキンがずれてると横を通行中に引っ掛けてしまう可能性があります。

机いっぱいにナフキンは広げなくても給食の食器は十分収まるので、ひと回り小さい40cm×50cmが使いやすいかなと思います。

雲のランチョンマット40×50cm(L1) Made in Japan
by カエレバ

40cm×40cm →

https://store.shopping.yahoo.co.jp/coolmamu/c0b5cafdb7.html

小学校によってはトレイをそのまま机の上において食べる所もあるみたいなので、あまり大きすぎず作ったり買ったりするのがポイントです。

市販でも色々なサイズのナフキンが販売されていたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

幼稚園のナフキンサイズは?

初めての幼稚園生活。親元を離れてご飯を食べることは子供にとってとても大変なことです。

お母さんもそのことをわかっているので、幼稚園生活を楽しく送ってもらいたいと、バッグや着替え袋、ナフキンなどは子供の好きな柄で手作りしたくなります。

幼稚園のお弁当や給食は長テーブルに座ってみんなで食べることがあると思うので、あまり大きなナフキンだと隣のお友達と重なってしまいます。

幼稚園児のお弁当の大きさや給食の量などを考えて最適なサイズは25cm×35cmだと思います

一人一人机が割り当てられたとしても小学校で使うようなナフキンは大きすぎます。

もし、大きめのナフキンにするなら、40cm×60cmを半分に折って使えば問題なく収まるでしょう。

最近は市販のナフキンも幼稚園の準備グッズを販売しているので、小さめのナフキンを売っているお店もあります。

手作りなら、可愛いレースをつけたり、カッコイイキャラクターのアップリケがつけられるので挑戦してみてはいかかでしょうか?

25cm×35cm→

ランチョンマット ベイビーフェイス手作り子供服 ランチマット プレイスマット 給食 子供 キッズ 幼稚園 保育園 入学入園準備 小学校 男の子 女の子 オシャレ 入学入園グッズ 可愛い 手作り ハンドメイド 日本製 25cm 35cm 25×35
by カエレバ

柄や生地の選ぶポイントは?

最後に柄や生地ですが、幼稚園で使うナフキンは子供の要望に応えてあげるのが良いと思います。ナフキンは最低2枚以上必要ですし、最初のうちは汚して帰って来ることが多いと思います。

最近ではナフキンの作り方を教えてくれる動画サイトもあるので、入園準備で他の物を手作りするなら一緒に作ってあげてみても良いと思います。

小学校なら、あまりキャラクターのナフキンは見かけないので、6年間使えるような飽きの来ないデザインが良いでしょう

また、生地はオーソドックスなコットンが最適です。

ラミネート加工のナフキンも汚したときにすぐ拭けるので使い勝手がよさそうですが、汁ものをこぼした場合、最悪、机の下や洋服を汚す場合があるので小学校の高学年くらいなら使っても問題ないと思います。

まとめ

一概にナフキンといっても、小学校や幼稚園、サイズ、生地、柄など選ぶポイントはかなりありました。

通常、自宅で使うナフキンのサイズは約35cm×約45cmです。学校で使うサイズとは少し違っていたので気を付けてください。

そして、給食やお弁当の時間があまり好きではない子でも、もしかしてナフキンひとつでその時間が少し好きになるかもしれません。

お母さんの手間や努力は大変だと思いますが、子供に喜ばれるナフキンを買ったり作ったりしてあげて下さいね!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ