入学祝いを渡す時期はいつ頃がベスト?金額の相場はいくら

寒さも和らいで春が近づくと、入学シーズンが訪れます。

私の周りでも入学準備を忙しく行っているお母さんが沢山います。

身内や親せきに学校へ入学する子がいれば、入学祝いを用意しなくてはいけない時期にもなりました。

初めて身内に入学祝いを渡すとき、渡す時期や金額に悩みますよね

しかも、自分の時はいくらもらっていたかなんて覚えてもいないと思います。

入学式が近づいて焦らないためにも、入学祝いを渡す時期と渡す際のマナーを少し考えてみましょう。


スポンサーリンク

入学祝いを渡す時期は?

基本的には3月初旬から中旬にかけて渡すと先方も困らないと思います。

卒業式と重なる場合がありますが、卒業祝いと入学祝い両方を渡しても相手が困るだけなので、門出を祝うという意味も含めて入学祝いを渡しましょう。

受験を控えている子供へのお祝いは入学式が決まってから渡すのがマナーです

試験に合格したからと言って進学するとは限らないので、焦らず報告を待ちましょう。

出来れば、入学式の1週間前までには渡したいものです。

もし、入学式が過ぎてしまって入学祝いを渡しそびれても「遅くなって申し訳ございません。」と一言伝えれば、問題ないと思います。

それでもできればゴールデンウイーク前までには用意してあげてくださいね。

あまり遅すぎると入学祝いの意味が薄れてしまいます。

スポンサーリンク

入学祝いの金額の相場は?

入学祝いは身内のお祝い事なので、姪や甥、孫に渡すのが一般的ですが、仲の良い友達や会社の上司に自分の子供の時に入学祝いをもらった場合は必ずお返しをしてください

次の例はおじ、おばの場合の相場ですが、祖父母の場合はこれの2倍くらいが相場のようです。また、上司や友達の子供の場合は一律3000円から5000円くらいになるようです。

  • 小学校・・・3000円から5000円
  • 中学校・・・5000円から10000円
  • 高校 ・・・10000円から15000円
  • 大学 ・・・10000円から15000円

この金額はあくまでも目安です。

入学祝いはお返しがないので、あまり高額な金額を渡すと相手も困るので、それを考慮して渡してください。

余談ですが、私の身内では入学祝いを渡す金額を自分の兄弟親同士で決めていました。

小学校から大学へ入学しても一律10000円としていたので、小学校ではいくらあげたから中学校の時はいくらにすればいいかと悩まずに済みました。

兄弟姉妹も、上の子はいくらあげてたかなと考えることもなく、お互い素直に入学祝いを贈りあっています。

のし袋はどんなのがいい?遠くにいる身内に贈るには?

現金で入学祝を渡す際、のし袋に悩んでしまいます。

最近では、入学祝いと書いてある可愛らしいデザインののし袋も売られているので、お店で確認するのが一番だと思います。

参考に水引は蝶結びのが最適なので覚えておいてください。

また、高くても15000円位の現金を渡すなら、あまりにも豪華なのし袋だと不釣り合いなので水引が印刷されてあるのし袋で良いと思います。

のし袋のパッケージの裏に適正な金額が書いてあるので確認してみてくださいね。

また、年に1.2回しか会えない遠くの身内に入学祝いを贈る場合は、現金書留で贈るのが普通です。

私も何年か前に甥の小学校の入学祝いにのし袋に入れて現金書留で贈りました。

その時お礼の返事が来たのですが、いきなり私から現金書留が送られてきたので驚いたそうです。

もし、遠くの身内に贈るのなら、一度子供の親に入学祝いを贈ることを連絡しておいた方が良いかもしれません。

現金以外で入学祝いでおすすめは?

入学祝いを品物で渡したいときは、文房具がよいと考えると思います。

しかし、気を付けなければならないのは、学校指定の文房具があるかもしれません。

小学校や中学校なら、鉛筆は2B以上とか、ノートは○○のメーカーでなど、最近は何もかも学校からの指定という所もあります。

もし、どうしても現金以外で贈りたい場合は、渡す子供に何が良いか聞き出してみてはいかかでしょうか?

筆箱やカバンだとその子の好みもあるので、一緒に買いに行っても良いかもしれません。

遠くにいる身内なら電話で聞いたりして、自宅で使う鉛筆削り機や図鑑など自分で買うと高価だけど、贈り物として受け取ると嬉しい品物を選んであげてくださいね。

その他、図書カードやクオカードも子供の親にとっては扱いやすいので喜ばれるでしょう。

私の場合、友達や会社の上司は、現金を渡すと躊躇されると思い、3000円の図書カードを渡したら喜ばれたのを記憶しています。

まとめ

入学祝いはあくまでも入学する本人に対してのお祝いなので、金額はあまり関係ありません。

渡す子供にしっかり「入学おめでとう。」と言って渡してあげてください。

もし入学祝いを渡す身内と会う機会が少なく、お正月にしか会えない場合は、「少し早いけど入学のお祝い。」と言って渡すしても失礼にはならないと思います。

ただ、中学、高校、大学受験の場合は焦らず、決まった時点で郵送してあげましょう。

子供たちにとっては大事な節目の入学。

入学祝いを贈るコチラも少し気が引き締まりますね。

これからの未来の門出に心からお祝いしてあげましょう!!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ