子供が習い事を辞めたいと言ったら?親子で話をするたった一つのこと

子供の時は色々なことを経験させたいと両親は思います。

習い事も一緒で、子供が「やりたい!」と言えば、とりあえずやらせてみるのが親心でしょう。

しかし、子供は飽きっぽいものです。

習い事に何回か通わせたら、「行きたくない。」とすぐ言ってしまう子供もいると思います。

両親はその習い事はその子にとって合わなかったんだなと考えて、辞めさせるかもしれません。

もし、そんなことが何回も続いたらどうでしょう

親は「一度やると決めたことはきちんとやりなさい。」と怒ってしまいます。

子供はしぶしぶ習い事に通いますが、楽しそうではありません。

そうなると親も可愛そうだと思い、習い事を辞めさせるのではないでしょうか?

そして、子供がまた「やりたい。」と言えば通わせてしまいます。

これはあまり好ましくない傾向だと思います。

そのための解決方法は「約束」です

子供が習い事をしたいと言い始めたら、まずは「約束」を決めましょう。


スポンサーリンク

最終目標を決めることによって続ける意欲が沸く

私が一番オススメするのは、習い事をする前に最終目標を子供と一緒に決めることです

子供がすぐ辞める原因は様々あると思いますが、目標を立てずにダラダラ通うこともすぐ辞める原因だと思います。

もし、子供が水泳を習いたいと言ったら、習わせる前に水泳を習ってどうしたいか話しあいましょう。

実際、私の子どもは水泳教室に通いたいと言い出しました。

その時、子供のやりたい気持ちを優先させたかったので、習わせようとすぐ思いましたが、その前に子供と真剣に話し合いました。

私は子供に「水泳教室に通いたいのはなぜ?」と尋ねました。

そうしたら子供は「泳げるようになりたい。」と言ったのです。

当時、水に顔すらつけることも出来なく、レジャープールに行っても浮き輪で浮かんでるのが精一杯でした。

その子が泳げるようになりたいと自分の意志で語ったので、そのことを尊重し「じゃあ、泳げるようになるまで頑張ろうね。」と約束しました。

それから水泳教室に習い始め、みるみる上達し自ら顔をつけられるくらいになったのです。

今の所、辞めたい気持ちはないようですが、泳げるようになったら次の目標を子供と話し合って決めようと思っています。

スポンサーリンク

親がやらせたい習い事は押しつけないで

子供がやりたいことと、両親がやらせたい習い事は違う時もあります

「子供が少し運動が苦手なので体操教室に通わせたい。」や「女の子だからピアノはならってほしい。」など、どうしても親の欲求で習い事に通わせてしまうかもしれません。

子供が小さい時は色々な可能性を秘めているので、なんでも習い事をさせたい気持ちはわかります。

沢山習い事をすれば、もしかして何かの素質を見いだせるかもしれません。

小さい頃ならまだ自分が何をしたいか選ぶことができないので、親が習い事を決める人もいるでしょう。

でも子供は興味が持てず、習い事の日になるとお腹が痛くなったり、不機嫌になり辞めたいと言い出すと思います。

そんな時はすぐ辞めさせず、途中からでもよいので約束を決めてみてはどうでしょうか?

「○○が出来るまで続けてみようか。」や「あと何回行ったら辞めようか。」など区切りをつけさせてください。

そうすると、子供にも少し余裕が出てきて上手く行けば楽しく通ってくれるかもしれません。

辞めたいイコールすぐ辞めるという図式は作らず、一度立ち止まってゆっくり考える時間を子供に与えましょう

まとめ

「習い事をすぐ辞めるとやめ癖がついてしまう。」という言葉を時々聞きます。

「子供のころから習い事をしてもすぐ辞めると、大人になってもすぐ会社辞めるような人間になるよ。」という考えの人もいると思います。

確かに習い事をしてもすぐに辞められるという習慣が身につくと、子供は途端に辞めたい、行きたくないというかもしれません。

しかし、大人になって色んなことを聞いたり見たりして社会に出たら、果たしてすぐ辞められると思うでしょうか?

私はそうは思いません。

子供のうちはしたいこと、やりたいことをすぐ口に出します。

出来なくてもやりたいと言い張ります。

それを親がフォローし上手くいいくるめ、約束という決めごとを作って子供を成長させるのです。

すぐ辞めることは悪いことではなくて、すぐ辞める環境をつくってしまうのが問題なのだと思います。

辞めることを前提に習い事をさせるのはおかしいので、習い事を始める前にきちんと「約束」を決めてそれに向かって努力する環境を作りましょう。

そうすると、子供のころから達成感を味わうことができるので、大人になったらやりたいことに向かって努力することを苦痛に感じないと思います。

習い事を続ける一番の秘訣は楽しんで通うこと

これに尽きません。

大変かもしれませんが、両親はそのためのサポートをしっかりとして、子供の可能性を見つけてあげてください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ