洗濯物を裏返しで洗うと効果はあるの?3つのメリットを紹介します

洗濯物を裏返して洗っている家はどのくらいあるのでしょうか?

正直、すべての洗濯物を裏返して洗濯している家は少ないと思います。

なぜならとても手間がかかるからです。

家族4人、小さい子供がいる家なら1日おきくらいに洗濯するので、洋服を裏返しになんてそれだけでも大変な仕事です

裏返しにするということは、干してたたむまでにまた表に返さなければいけません。

「そんなの大した手間じゃない。」と思っているお父さん!

実際やってみてください。洗濯する前に全部洋服を裏返して、干すときに全部表に返して・・・。それが毎回と考えると、私だったら面倒で嫌になります。

しかし、裏返しにすることで、効果があるとしたら?

今回はその効果についてまとめてみました。この記事を見たら、今までの洗濯方法を変えてみたくなるかもしれませんよ。


スポンサーリンク

いいことばかり!洋服を裏返してこんなに変わる!

実は洋服は裏返して洗濯する方が良いことばかりなんです。

料理もそうですが、ひと手間加えれば良いこと沢山起きるんです。

まずは、洗濯物を裏返すと出る効果をあげてみます。

毛玉ができにくくなる

洗濯機は中で回すことによって洋服同士摩擦が生じ、それによって汚れを落とします。

洋服には色々な繊維があるので、こすれることによって毛玉が発生してしまうのです。

普段でもよくこすれる部位は少しずつ毛玉が発生し、その部分の繊維が弱くなりさらに毛玉を発生しやすくなります。

それを裏返しにすることによって外側の毛玉はできにくくなるので、洋服を長く着続けられる効果がでるのです。

皮脂汚れが抜群に落ちる

汚れの原因はほこりなどの他に皮脂汚れが原因となります。人間の体からでる皮脂が洋服につくことにより、匂いや汚れが発生するのです。

皮脂が一番ついている場所と言えば、洋服の裏側です。

特にインナーシャツは皮脂汚れがつきやすいので、裏返すことによって嫌な臭いも一緒に落ちると思います。

大切な洋服の色落ちを防ぐ

最初に書いた通り、洗濯機は中で摩擦が生じます。

毛玉が出来ることの他に色も落ちてしまいます。洋服の生地の表面が傷むことによってだんだんと色落ちするのです

自分の大好きな洋服は出来るだけ長く着たいですが、色落ちしてしまうと一気に着るのが嫌になり、着る回数が減りますよね。

ネットにいれて洗濯する方法もありますが、きちんと汚れが落ちてないような気がするので、洋服を裏返しにして長持ちさせましょう。

スポンサーリンク

洗濯物を干すときも裏返しに

どうせ洋服を裏返しにして洗濯するなら、干すときもそのまま裏返しにして干しましょう。

これも裏返し効果が発揮されるのです。

効果としては

  • 日光による色あせを防ぐ
  • ポケットやパーカーの帽子がある洋服は早く乾きやすい

この2点です。

ジーンズは特に生地が厚く、裏側にポケットがついていて、あまり色落ちをさせたくないので、裏返しに洗濯するのが最適です

また、表に装飾がついている洋服やしわになりやすいレースなどがついている洋服は裏返しにしてネットで優しく洗濯すると、きれいなシルエットが保てると思います。

子供の洋服は要注意!

子供の洋服はわざわざ裏返しにしなくても良いと思います。

子供服の一番の汚れは表側につくほこりや汚れが大半だからです。

皮脂汚れをきれいにするよりは、表側の食べこぼしや外遊びで汚した洋服を洗濯することが目的なので、通常通り洗濯しましょう。

夏場の下着やインナーシャツは汗で皮脂汚れがついているので、その季節だけは裏返しで洗濯するのも手かもしれませんね。

まとめ

それでもやっぱり洋服を裏返して毎回洗濯するのは一苦労です。

色々な効果があるとしても、出来ればパパっと汚れた洋服を洗濯機に入れ、ピッとボタンを押して他の家事をしていたいと思います。

そういう時は、大切にしたい洋服、乾きにくいズボンだけを裏返しにする癖をつけてはどうでしょうか?

私の場合、昔は洗濯する洋服をそのまま洗濯機にいれ回してましたが、ポケットにティッシュが入っていたり、子供のズボンから石ころが出たりして二度手間三度手間になることが多々ありました。

なので、今はとりあえず一枚一枚ポケットなどを確認して洗濯機に入れるので、その際にジーパンは裏返し、子供のお出かけ用の服や自分のお気に入りの洋服などは裏返しにするようにしています。

その結果、ジーパンは前より乾きが早くなったし、自分の大切な洋服は色落ちしないという効果が出ています。

また、靴下などは丸めて入れられることが多いので、洋服よりは手間がかからないため全て裏返しにしています。

これからは逆の発想で、洋服が裏返しのまま洗濯物入れに入っているときは「ラッキー!」と考えてそのまま洗濯してしまいましょう。

たまにはパパさんや子供たちに洗濯物をたたむ仕事を協力してもらい、少しでも家事の負担を抑えましょう。

ぜひ、裏返し効果を実践して、洋服を長持ちさせて家計の負担も和らげてくださいね!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ