PTA活動の問題点とは?良い点悪い点を知って子供のために活かそう

子供が小学校へ入学すると必ずついてまわるのがPTA活動です

幼稚園でも「父母の会」などの呼び名を変えて、保護者が運動会やお祭りのイベントのお手伝いをしています。

最近は共働きの家族も多いので、仕事をしているお母さんもPTA活動に参加していることがあると思います。

仕事を持っているお母さんはPTAのイベントや会合のために時間を作って参加するので、負担が大きくなります。それどころか、PTAのために有休を使うこともあったりして、不公平感があります。

一方で、小さい子供を持つお母さんは子育ての合間を縫ってPTAのために時間を作るので、こちらも負担増や不公平感があります。

だから、「面倒くさい」とか「PTAに参加したくない」と考える保護者が少なくありません。

そんな不満を持ちつつも、お母さん方は学年の最初にクラスでの委員決めの話し合いには参加すると思います。

しかし、そもそもPTA活動というのは何をしているものなのか良くわからず参加していることが多いのではないでしょうか?

何となく面倒くさそう……というイメージだけで判断していませんか?

まずは、PTA活動はどんなことをしているのか、PTA活動をして良かったこと、悪かったことを理解して、PTAに参加しましょう。


スポンサーリンク

PTAは子供たちのための組織

昨今、PTAはなくても良いのではないかという議論があります。実際、PTA活動を廃止した学校もあるほどです。

しかし、PTA活動というのは学校によって活動内容が全然違います。

もちろん、運動会や文化祭のようにどこの学校でも行う活動はありますが、その学校独自の活動というのもあります。もしかすると、その学校独自の活動は皆さんのお住まいの地域にとって必要なことかもしれません。

なので、一概にPTAはなくても良いとは言えません。毛嫌いする前に、PTA活動にはどんなことがあるのかを知るようにしましょう。学年の最初にクラスでの委員決めの際に、年間を通じてどんな活動があるのか先生から説明を受けるでしょう。

PTAの目的は、子供たちが安心して学校生活を送れるように、先生たちが忙しくて手がまわらないような仕事などの手伝いをすることです。すべては子供たちのためにあるのです。

運動会やお祭り、通学路の見回りなどは先生だけでやろうと思っても難しいことがあります。

そのような時にPTAが中心になって運営を手伝い、こどもたちの学校生活を支えます。

そこで、大まかにはなりますが、PTA活動の内容で改善を望む点、良い点をまとめてみました。

スポンサーリンク

PTA活動で改善を望む点

次のような良くない点があるため、PTA活動を面倒くさいとか参加したくないという意見があります。もし、このような状況に遭遇したら、勇気を持って意見を言ってみると改善に向けて動くかもしれません。

一部のPTA役員の意見が有利に通っている

兄弟がいる保護者だと、かなりの長い間、PTAの役職に就いている人もいると思います。

積極的にPTA役員に立候補する人もいないため、どうしても同一の保護者が長い間役員になる流れになりがちです。

そのような保護者は先生たちとも仲良くなるので、色々な議題を通すときは、口利きが出来る役員を頼ることもあると思います。

そうなると、どうしても一部の役員の意見が通りやすく、有利になってしまいます。

また、なれ合いになっているので、新規で役員になるにはどうも勇気がいる雰囲気になってしまうのです。

そうなると、昔の風潮から抜け出せず、結局今まで通りの活動内容でPTA自体が全く改善されなくなります。PTAにネガティブなイメージを持つ保護者が減りません

過剰な回数の食事会

親睦を深めるためにランチ会を開催するクラスは多々あると思います。

ただ、ランチ会は基本的に日中開催されるため、仕事をもつ保護者は殆ど参加できません。そのため、出席する保護者は決まってくると思います。

それなのに、同じメンバーで年に何回もランチ会をするのはあまり意味がありません

どんなに親睦を深める目的があったとしても、回数が多いのはただの座談会になってしまいますよね。

PTA会費の不透明な使い道

PTAに参加するとPTA会費が徴収されると思います。

その会費で学校に必要な備品などを購入すると思いますが、役員の研修旅行や研修会に充てられる時があります。

役員の方は、中心になってPTAを運営をしているので、慰安旅行として会費から出費するのは理解できますが、これも妥当な金額や回数があると思います。

収支報告で異常な出費があった場合はきちんと意見を述べて改善すべきだと思います。

PTA活動の良い点

一方で、PTAがあるからこそ得られるメリットというのがあります。

子供の学校での生活がわかる

PTAに参加すると、会議やお手伝いなどで学校へ訪れることが多くなります。

そうすると、やはり子供の学校生活が気になるので、少し教室をのぞいてみたりしますよね。

普段、あまり学校のことを話さない子供なら、こういう機会に友達との付き合いや授業の様子などを知ることが出来るので、余計な心配をしなくて済みます。

子供の見守りが出来る

子供の安全を守るのは学校側だけではできないことが多いので、PTAが補うことが多いです。

登下校時の交通安全の旗振りもそのひとつで、子供に安心して学校生活を送ってもらうためには、実はPTA活動は不可欠です。

その活動によって、「○○ちゃんのお母さん」と顔を覚えてもらえるので、自分の子供の安全も自然と守ることが出来ると思います。

学年を飛び越えて保護者達との交流が出来る

PTAは沢山の保護者と交流を深め、PTA活動以外でも色々な話題ができる良い機会です

もしかして、子育てや家のことなど相談できるママ友を作れるかもしれません。

もちろん、PTAはママ友を作る場所ではありませんが、定期的に顔を合わせ、色んな意見をぶつけ合い、一緒に達成感を味わうことによって信頼や友情が芽生えることもあるでしょう。

まとめ

私の母は、私が小学校の頃はずっとPTAの役員をしていました。

パートの仕事はしていましたが、学校の会議や運動会の手伝い、見守りのボランティアなど様々な手伝いをしていたので、学校ではちょっとした有名人でした。

そのため、私も保護者や先生たちに声をかけられることが多く、公園で遊んでいても「○○さんちの○○ちゃん。」と違う学年のお母さんにも声をかけられたことがあります。

今考えると、顔や名前を覚えられたことによって、何かあってもすぐ対応をしてもらえるような立場だったんだなと思いました。

PTAの話し合いでは、子供が通っている学校がよくなるように考えている保護者が多いので、たまに意見が合わなかったりして衝突することもあると思います。

しかし、学校を良くいしたいという思いは同じです。

PTAの活動を通じて学校全体の環境を整えていきたいと考えるなら、PTA活動に積極的に参加して、活動内容をどんどん改善していきましょう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ