バレンタインで彼氏にチョコ以外に喜んでもらえるプレゼント

2月に入ると、世の中の男性がソワソワする季節がやってきます。

そう、2月14日のバレンタインデーがやってくるのです。

彼女がいる男性は、もらえると安心していると思いますが、逆に女性の方がどんなチョコにしようかとプレッシャーになりますよね。

手作りチョコがよいのか、有名な高級店のチョコがよいのか、他に何かプレゼントを添えた方が良いのか・・・。

職場の男性にも義理チョコをあげなければいけないし、友チョコも考えないといけない、そんな忙しい女性のため、彼氏にあげるバレンタインのお悩みを少しアドバイスさせて頂きます

彼氏にチョコだけでいいの?と不安に思っている女性は、ぜひ参考にしてください。


スポンサーリンク

チョコレート以外で彼氏に喜ばれるものとは?

バレンタインは日本の男性にとって特別な日なのは確かです。もらえないと、やっぱりがっかりすると思います。

しかし、同時にホワイトデーのお返しを考えるのも彼氏の気持ちの中にあると思います。

なぜか日本の風潮で、「バレンタインデーにチョコをもらったら、ホワイトデーは3倍返し。」なんて言われています。

男性にとっては迷惑な話ですよね。

多分彼氏は、チョコをもらうのは嬉しいけど、お返しするのは少し面倒くさいと思っているのではないでしょうか?

それでも、彼女にしてみれば、気持ちのこもったチョコやプレゼントを渡したいものです。

そこで、チョコだけではなく他のプレゼントを添えたい女性のために、もらって迷惑にならないプレゼントをご紹介します

職場や学校で使う小物や文房具

無難なのは、社会人ならネクタイや名刺入れ、キーケース、学生なら靴下や文房具が良いと思います。

大体1000円から3000円前後が理想ですね。付き合いが長い彼氏なら下着なども喜ばれると思います。

彼氏と言っても好みがあると思うので、できるだけ自分の好みに近すぎず、シンプルな柄やデザインが最適です。

靴下や下着ならあまり外から見えないので、インパクトのあるデザインにして笑いをとっても良いかもしれません。

チョコなどの甘いものが苦手な人は飲み物で

どんなにバレンタインにチョコが欲しくても甘いものが苦手な男性はいます。

そういう時は、飲み物でカバーしましょう。

成人の男性なら、ワインやビール、焼酎など、いつも飲まない特別なお酒を用意してはどうですか?

未成年の場合は、スポーツドリンクやコーヒーでも良いと思います。

また、最近では有名コーヒーショップでコーヒーチケットなども販売しているので、プレゼントとして贈ったり、一緒に飲んでも喜ばれると思います。

付き合いが長いなら手作り料理で!

プレゼントより記憶に残るものが欲しい時は、手作り料理をもてなしてはいかがですか?

手作り料理はあまりうまく作れなくても、自分のために作ってくれたという気持ちがこもっているので、彼氏は喜んでくれるはずです。

また、チョコと一緒にお弁当を作ってあげるのも、サプライズ感がありますね。

しかし、あまり付き合いの短い彼氏だと、少し引かれるかもしれません。

普段の付き合い方や彼氏の反応を見て、手作り料理をするかどうか判断してくださいね。

スポンサーリンク

案外嬉しい手紙のプレゼント

実は、バレンタインは普段の気持ちを伝えるのにもってこいの日なんです。

付き合っていると、改めて彼氏の気持ちを聞いたり、自分の気持ちを打ち明けたりするのは、恥ずかしくて出来ないのが正直な気持ちです。

そこで、バレンタインのチョコと一緒に手紙を添えてみましょう

最近はLINEやメールなどで簡単に連絡はとれますが、彼女の字で書いた手紙は、彼氏の気持ちにぐっと突き刺さると思います。

自分の気持ちだけを書いて、押しつけがましい文章にならないように気を付けて、日ごろの感謝の気持ちと自分の思い、これからもよろしくと言う気持ちを簡単でもよいので、ひと言手紙を書いてみてください。

プレゼントをあげるよりも、彼氏の心に近づけるかもしれません。

まとめ

私が若い頃は、彼氏と一緒にバレンタインのプレゼントを買いに行った思い出があります。

クリスマスやお正月でお金を散々使っていたので、高価なプレゼントは出来ませんでしたが、一緒に買いに行ったので、彼氏の欲しいものをあげることができました。

バレンタインは高価なチョコを贈ったりプレゼントを渡すというより、楽しい時間を過ごしたり、良い思い出を作る日として考えるのが良いと思います。

結婚記念日をバレンタインデーにする人が多いのも納得します。

バレンタインにチョコだけ渡すのは全く悪いことではありません。

どうしても何かプレゼントも一緒にあげたいと思うなら、普段の行動や言動を注意してみていると、彼氏の欲しいものがわかるかもしれません

そして、ちょっとしたプレゼントを企画してみましょう。

できればバレンタインのプレゼントを渡すときに、手紙を書かなくても自分の気持ちを一言でも伝えると、彼氏も喜んでくれると思います。

いつもは仕事や学校で忙しいかもしれませんが、2月14日だけは彼氏と特別な時間を過ごしてくださいね。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ