小学校の林間学校で使うリュックの大きさ!日数を目安で考える

小学校高学年になると、林間学校や修学旅行など、泊りがけのイベントが増えていきます。

その際、リュックやボストンバッグなど、荷物を入れる物が必要になってきます。

しかし、いざリュックを購入しようと思っても、持ち物がどのくらいあって、どのくらいの大きさなら入るか見当もつきません。

自宅にあるバッグを探して使用しても良いと思いますが、これから何かと必要になってくるので、新しいリュックを購入しても損はしないと思います。

記事では子供のリュックとして必要な大きさの目安を紹介します。それを参考に子供と一緒にリュックを選んでみましょう。


スポンサーリンク

リュックの大きさは1日分を10Lと考える

小学校4年生頃になると、1泊2日の林間学校などの野外活動が始まると思います。ロッジやバンガローに泊まり、みんなで自炊してレクリエーションを楽しむと思います。

小学校5~6年生だと修学旅行があります。学校や地区にもよりますが、1泊2日か2泊3日の予定で、飛行機や新幹線に乗って色々な土地を探索するでしょう。

これらどの場面でも、子供は自分たちで荷物をもって歩いたり移動しなければいけません

もしかして、急にリュックから筆記用具などを取り出すこともあると思います。そんな時、ギュウギュウにつまったリュックを持って歩くより、リュックの中身が少し余裕があるくらいの大きさの方が使い勝手が良いです。

また、前日にお母さんと一緒に荷物をリュックにつめるので、初日はきちんと整理して入ってますが、2日目以降になるとリュックの中身がぐちゃぐちゃになります。

リュックの見た目が大きくても、8割程度の容量で荷物がリュックに入っている位が丁度良いと思います。

目安としては1日10Lです1泊2日の場合20Lに加えて5L~10L大きめのリュックが良いでしょう。3泊4日の場合は、40L~50Lのリュックが最適です

このふたつを比較すると、1泊の時に必要なリュックの大きさと3泊する時に必要なリュックの大きさにかなり違いが出てきますが、大きさの調節が出来るリュックも販売されているので、チェックしてみてください。

ポケットがついたリュックがおすすめ

次に、林間学校の基本的な持ち物を考えてみます。(2泊3日を想定)

  • 2泊分の着替えや下着
  • 洗面道具や歯ブラシ、タオル
  • 林間学校のしおりや筆記用具
  • 防寒着、懐中電灯や腕時計、雨具(かっぱや傘)
  • ハンカチ、ティッシュ、ゴミ袋、軍手など

小学校によってはまだまだ持ち物が増えて変わるかもしれません。種類別に考えても上記のように5種類は最低でも分けることが出来ます。

これらを袋などにわけてリュックに入れても問題はないですが、リュックを開けてから袋もあけて取り出すのは面倒くさいし、最終的に袋にも入れずそのままリュックに突っ込んでしまうと思います。

そういうことがないように、リュックは出来るだけポケットなどの機能があった方が、袋などの余計な荷物を持たなくて済みます。

ただ、何かあった時のためにビニール袋や買い物袋を余計に1~2個リュックに入れておくと、お土産などを買って荷物が多くなった時に便利です。

もう一つリュック選びで肝心なのは、ショルダーベルトです。

子供の肩幅が狭いと、ショルダーがずれ落ちたり、重い荷物を持つと、肩にショルダーが食い込んで歩きづらくなる可能性があります。

最近では、胸の部分にハーネスがついていたり、ショルダーにパッドがついていて食い込みを防いだりしてくれる機能がついたリュックもあります。

スポンサーリンク

事前に必ずリュックに荷物をつめてみよう

いざ、林間学校に行くという時、前日荷物をリュックに詰めてみると、持ち物が全部入らないので手荷物が1個増えた・・・ということになってしまうとがっかりです。

もし、自宅に同じくらいの大きさのリュックがあるなら、一度シミュレーションをしてみましょう。思ったより荷物が多くて驚くかもしれません。

リュックを先に購入しているなら、前日ではなく、それより前に荷物をリュックに詰めてみてください。

そこで、余計な荷物も出てくると思うので、事前に省くことによって身軽になり、リュックの重さも軽減されるので、歩く時や移動の時は子供も負担になりません。

持ち物の中でも、着替えやタオルが一番かさばるので、最小限の枚数を入れることを念頭に置くのが良いと思います。

事前に子供と一緒に荷物準備のシミュレーションをすることで、林間学校前日の準備は、子供一人で行えるのも利点だと思います。

まとめ

自分の子供の体型などもふまえてリュックを購入することを心がけましょう。

また、ネット通販はリュックの種類が多く、子供の好みのリュックを選ぶことが出来ますが、実際に背負うことが出来ないのが弱点です。

ネットである程度リュックの大きさを決めたら、近くのショッピングセンターで同じ大きさのリュックを子供に試着させてみるのが良いと思います。

子供たちが楽しく林間学校を行うためにも、子供に合った大きさのリュックを選び、長く使用できるものを選んでくださいね!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ