初午の意味は?お稲荷様へのお供えはコレ!

伏見稲荷

鬼を追い払って福を呼び込む節分と前後してやってくるのが初午(はつうま)です。「午」は十干十二支でいうところの「うま」ですよね。2月最初の「午」の日が初午で、2017年は2月12日になります

お稲荷様を祀る神社が近くにあれば、参拝する機会があるでしょうし、稲荷信仰のある家庭では、初午の日は家族のイベントになっているでしょうね。

さて、結婚するとお互いに親戚が増えますよね。相手方の家族がどんな習慣を持っているかを知っておきたいものです。旦那さん側は初午を祝う習慣があるのに、自分の家族はその習慣がなかったら……。ここで、旦那さんの親と同居する場合、

初午の準備(お供え)をするように!

…とお義母さんから言われたら、どうしますか???

「ごめんなさい。うちでは初午の習慣はありませんでした」で済めば、それは寛大なお義母さんですが、大人のたしなみとして初午とはどんな行事なのかを予習しておくのがスマートです。

初午の意味とお稲荷さんとの関係について調べましたので、どうぞお付き合いください。


スポンサーリンク

初午の由来

初午の由来は、711年に京都の伏見稲荷の神様が、初午の日、つまり2月最初の「午」の日に降りてきたことが始まりです。祭神は宇迦之御魂(ウカノミタマ)の神で、五穀をつかさどる農業神でした。

そして、初午は豊作(五穀豊穣)を祈る農村のお祭りとなり、商家では商売繁盛を祈願するお祭りになりました。なので、農村部のみならず、街中においても商人の家では商売繁盛を願って稲荷信仰をするケースがあります。

2月最初の午の日と言いましたが、本来これは旧暦で見るべきです。今ではほぼ新暦で見ていますので、真冬の行事になっています。旧暦なら約1箇月後にズレますから、初午は農作業を始める目安でもありました。

スポンサーリンク

お稲荷様の祀り方

お稲荷様と言えばキツネですね。

ここで疑問が起こらないでしょうか? 「ウマ」の日なのに、なんで「キツネ」なんでしょうか?後にも書きますが、管理人は子供の頃、初午は馬のお祭りだと思っていました(゚Д゚;)

これは、キツネが稲荷神の使いとされているためです。上にも書きましたように、十干十二支の「午」の日に伏見稲荷の神様が降りてきたのであって、キツネと馬は関係ありません。十干十二支は日数や年数を、60を一周として数える方法(60進法の一種)で、現代風には「○月○日に△△が起こった」と言っていることに近いです。

お稲荷様を祀る神棚には、以下のものをお供えします。

  • 御神酒
  • 油揚げ
  • 初午団子
  • しもつかれ (北関東のケース。初午の行事食)
  • 他、野菜など

油揚げに寿司飯を入れた寿司をいなり寿司と呼ぶのは、これが由来です。

初午団子を作ってお供えをすることもあります。初午はカイコの神様の祭でもあり、養蚕が盛んな地域では、この団子をカイコの繭に見立てて、カイコの成長を祈願します。

そして、調べてみると、鹿児島県のある地域では、初午が馬のお祭りになっているそうです。これは稲荷信仰の初午とは関係ありませんが、この地ならではの初午のいわれがあるそうです。

ところで、管理人が子供の頃に初午と思っていたのは、稲荷信仰ではなく、次に紹介する松阪の岡寺山の初午大祭のことでした。

岡寺山の初午

三重県松阪市の岡寺山継松寺では、毎年3月の初午の日に初午大祭が行われます。このお寺は743年に、奈良の東大寺の大仏殿建立の指揮を執った行基により建てられました。寺院なので、稲荷信仰とは関係なく、厄除けで多くの人が訪れます。

管理人は小学生の頃に何度か行きました。干支の「午」は知っていましたが、「はつうま」が何のことなのかはわからず、馬のお祭りだと思っていました。しかし、馬なんて全然出てこなかった記憶があります(^_^;)

厄年を迎えたとき、岡寺山で授与された厄除けのお札と、「厄をはじく」といわれる猿はじき(写真)を実家から送ってもらいました。このお札と猿はじきは自宅のある場所に飾ってあります。
猿はじき

まとめ

初午の意味と由来、お稲荷様との関係についてまとめました。

稲荷信仰と結びついて、五穀豊穣、商売繁盛の祈願。
旧暦では3月初旬だったことから、農作業を始める目安。
地域によってはカイコや馬のお祭りだったり、
仏教では厄払いだったり……

最初に書きましたように、お義母さんから初午の準備をするように言われたときに何をするか振り返っておきましょう。稲荷信仰の神棚があるご家庭では、油揚げ、御神酒、団子を基本としてお供えすれば、神様を迎え入れる準備ができたことになります。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ