北九州市のアドベンチャープールで夏を涼しく過ごそう!

もうすぐ夏休みも終わり9月になりますが、まだまだ暑い日が続きますね。
海に行きたくても、お盆を過ぎると台風などが近づいて海が荒れたり、クラゲが出たりと難しいことが多いです。でもプールなら心配ご無用!
なかでもカップルにも家族連れにもおススメなのが、福岡県北九州市にあるアドベンチャープールです!
アドベンチャープールで、まだまだ暑い時期を気持ちよく乗り切りましょう。


スポンサード リンク

料金がなんといっても安い!割引で2回以上行く場合もお得に!

アドベンチャープール1

入場料は一般400円、小・中学生200円、幼児50円と何ともリーズナブル!さらに波のプールは一般300円増し、小・中学生150円増し、幼児50円増しで使用できます。

入場料+波のプール使用料がセットになったフリーパスが一般1,200円、小・中学生800円なので、2回以上行く予定があるならぜひ購入しましょう。
このフリーパスはセブンイレブンやJTBチケットでも購入することができるので便利ですね!

スポンサード リンク

スライダーや川下りでもっと楽しもう!

アドベンチャープール2

さらに120cm以上の方は1回100円でスライダーや川下りも楽しむことができます。また小学生までは1回3分300円でアドベンチャーロールという遊具でも遊べます。

なお、お子さん用の足入れ浮き輪は事故を起こさないため使用禁止なので注意しましょう。

バリエーション豊かなプールで一日中いても楽しい!

アドベンチャープール3

アドベンチャープールにはさまざまな種類のプールがあります。

まず小さなお子さんにも安心なせせらぎプールは水深20~30cmなので、1歳くらいの赤ちゃんでもハイハイしたりお座りしたりして遊ぶことができます。
かば、白鳥、コアラなどの動物のオブジェがあるので、お子さんも大喜びです。

少し大きくなると20cm、30cm、40cmの3つの円形プールが連なった幼児プールでも遊べます。ここでは赤・黄色・青の3色すべり台や噴水、大きな水鉄砲が人気です。

そして子供から大人まで楽しめるのが流水プールです。
これは1周250m、水深70cmの長いコースのプールです。
途中で4mの高さから幅10mの滝が流れ込み、岩で覆われた洞窟も通るので、わくわくすること間違いなしです!
幅が5mもあるので、泳いだり、浮き輪に乗ったりと自由に遊べます。

アドベンチャープール4

波のプールは水深0~1.8mの扇形のプールで大小さまざまな波が30分間隔で出てくるので、本当の海のような気分を味わえます。
波は平行波、ちどり波、斜波、うねりの4種類で、大きさも20~60cmとさまざまです。
水深0mのところは砂浜のようになっているので、小さなお子さんでも安心して使用できます。

スライダープールは3種類コースがあり、高さ14mのスライダーが2基、11.5mのスライダーが1基です。こちらは身長120cm以上の方のみが対象となります。

川下りプールは全長70mで高低差5mを浮き輪に乗って滑走するプールです。こちらも身長120cm以上の方のみが対象となります。

小倉駅からモノレールやJRで楽々アクセス

アドベンチャープールにはA~Dまでの4つの駐車場があり、バスで送迎をしてくれます。駐車料金は終日500円です。
混雑時には駐車場の待ち時間が4時間となることもあるので、モノレールを使う「パークアンドモノライド」もおススメです。

アドベンチャープール5

モノレールを使うならセット券がお得です。セット券はプール入場券が20%引き+モノレール往復乗車券が30%引きとなります。
最寄り駅は企救丘駅でアドベンチャープールまで徒歩3分です。
小倉駅から乗車すると、終点企救丘駅まで19分でおよそ10分おきに運行しています。

JRを使う場合はプール入場券が20%引きとなります。最寄り駅は志井公園駅でアドベンチャープールまで徒歩1分です。
小倉駅からJR日田彦山線に乗車すると、志井公園駅まで約20分です。
下関駅から小倉までは山陽本線に乗車すると約20分で着きます。

アドベンチャープールは駅から大変近いため、疲れて帰る時もあまり歩かずに済むのがうれしいですね。

まとめ

  • 2回以上行くならフリーパスがお得
  • 3種類のプールと波のプールで一日中遊べる
  • 追加料金でスライダーや川下りもできる
  • 車の他にモノレール、JRも便利
  • 足入れ浮き輪は使用禁止

アドベンチャープールの営業時間は9:00~18:30です。9/4までお休みなしで営業しているので、夏の最後まで遊びつくしましょう!


スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。